TRUECoG シリーズには3種類のヘッド素材があってそのそれぞれが全て同じ設計になっています。ヘッドの中心に重心があって、重心も低くなっています。

ですがそんな設計思想が同じパターでもヘッド素材が違うだけで全く感触が変わります。最高峰のダマスカスはしっかり打ち込んだことはないので何とも言えないのですが、いつも使っているエースの CUPRUM は独特の良い感触です。

CUPRUM は銅のヘッドなのですが、柔らかすぎずボールがフェースに乗る感覚を実感できるパターです。このパターを使う前は主にステンレス素材のヘッドのパターを使っていたのですが、すっかりこの独特な良い感触に慣れてしまいました。

TRUECoG には銅ヘッドのほかにSUS303のヘッドもありますが、これもたまに使うことがあります。ですが同じ設計なのに違うパターに感じるほどです。

それは多分ステンレスを使い慣れている人には感じない感覚だと思うのですが、銅ヘッドの CUPRUM よりも明らかに弾きがあるように感じています。そしてヘッドも CUPRUM よりも軽め(一般的な350g)なので、比較的遅いグリーンで打たなければならないときにこの SUS303 を使っています。

どちらの感覚も人によって感じ方は色々です。ですので、興味がある方はパッティングストロークの分析をしに来てくださった時に是非打ってみてください。

遠方で来られない方には貸し出しもいたしますので、ご相談ください。

HILLCREST TRUECoG CUPRUM に関する詳しい情報は…
https://www.puttinglabo.com/?product=hillcrest-truecog-cuprum

HILLCREST TRUECoG SUS303 に関する詳しい情報は…
https://www.puttinglabo.com/?product=hillcrest-truecog-sus303

  • コメント: 5

関連記事

  1. 距離感が合わない原因

    2018.11.9

    距離感が合わない原因

    パッティングストロークには大きく分けて2種類のタイプがあると思っています。一つはストローク中…

    距離感が合わない原因
  2. ミドルパット vs ショートパット 2/2

    2018.05.31

    ミドルパット vs ショートパット 2/2

    前回は3mのパットの時と、1mのパットの時のデータを比較してみましたが特にミスが出そうな数値は見出せ…

    ミドルパット vs ショートパット 2/2
  3. 近過ぎるボールとの距離

    2019.03.11

    近過ぎるボールとの距離

    ストローク分析をする際に最初にフリーで打っていただいて色々観察させていただくのですが、ボールとの距…

    近過ぎるボールとの距離
  4. ライ角調整と打ち出し方向

    2019.05.28

    ライ角調整と打ち出し方向

    パッティングストローク分析にいらした方に最適なライ角についてお話しすると、ほとんどの方が納得してい…

    ライ角調整と打ち出し方向
  5. STRAIGHT TRAX で練習

    2019.01.24

    STRAIGHT TRAX で練習

    先日購入してみたレッドベターの練習グッズの「STRAIGHT TRAX」で練習してみました。…

    STRAIGHT TRAX で練習
  6. フェースローテーションはするものではありません 1/2

    2018.07.17

    フェースローテーションはするものではありません 1/2

    パッティングストロークの分析をしに来ていたいた時に皆さんに聞くことがあります。最初にフリーで…

    フェースローテーションはするものではありません 1/2
  7. 旗竿を抜かずにプレーする

    2019.02.26

    旗竿を抜かずにプレーする

    旗をさしたままプレーするときにこんな風にしたら良さそうだという話しをちょっとします。まず、旗竿に当…

    旗竿を抜かずにプレーする
  8. できあがった実験用パター

    2019.04.8

    できあがった実験用パター

    実験用のパターができあがりました。使うパーツとしては、ヘッドが「Scotty Camero…

    できあがった実験用パター
  9. 多方面からラインを見る

    2018.11.26

    多方面からラインを見る

    先日のラウンドではこれまでよりも入念にラインを読むことを心掛けました。ラインを読むことも他の…

    多方面からラインを見る

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP