TRUECoG シリーズには3種類のヘッド素材があってそのそれぞれが全て同じ設計になっています。ヘッドの中心に重心があって、重心も低くなっています。

ですがそんな設計思想が同じパターでもヘッド素材が違うだけで全く感触が変わります。最高峰のダマスカスはしっかり打ち込んだことはないので何とも言えないのですが、いつも使っているエースの CUPRUM は独特の良い感触です。

CUPRUM は銅のヘッドなのですが、柔らかすぎずボールがフェースに乗る感覚を実感できるパターです。このパターを使う前は主にステンレス素材のヘッドのパターを使っていたのですが、すっかりこの独特な良い感触に慣れてしまいました。

TRUECoG には銅ヘッドのほかにSUS303のヘッドもありますが、これもたまに使うことがあります。ですが同じ設計なのに違うパターに感じるほどです。

それは多分ステンレスを使い慣れている人には感じない感覚だと思うのですが、銅ヘッドの CUPRUM よりも明らかに弾きがあるように感じています。そしてヘッドも CUPRUM よりも軽め(一般的な350g)なので、比較的遅いグリーンで打たなければならないときにこの SUS303 を使っています。

どちらの感覚も人によって感じ方は色々です。ですので、興味がある方はパッティングストロークの分析をしに来てくださった時に是非打ってみてください。

遠方で来られない方には貸し出しもいたしますので、ご相談ください。

HILLCREST TRUECoG CUPRUM に関する詳しい情報は…
https://www.puttinglabo.com/?product=hillcrest-truecog-cuprum

HILLCREST TRUECoG SUS303 に関する詳しい情報は…
https://www.puttinglabo.com/?product=hillcrest-truecog-sus303

  • コメント: 7

関連記事

  1. 自宅での効果的な練習 その1

    2019.01.17

    自宅での効果的な練習 その1

    自宅でパッティングも練習を効果的にする方法の一つ目です。自宅にパターマットがあるという方は結…

    自宅での効果的な練習 その1
  2. フェースが真っ直ぐに向く感覚

    2018.10.25

    フェースが真っ直ぐに向く感覚

    アドレス時のフェースの向きは絶対に真っ直ぐに向いていなければならないというとそうでもないのですが、や…

    フェースが真っ直ぐに向く感覚
  3. パット=ショットの縮図

    2020.08.3

    パット=ショットの縮図

    パッティングストロークがショットで取り組んでいるイメージに近くなってくるという話はすごくよくありま…

    パット=ショットの縮図
  4. 太いグリップが合う人

    2018.08.30

    太いグリップが合う人

    パター用のグリップは本当にたくさんの種類があります。色々な素材、色々な色、そして色々な形状.…

    太いグリップが合う人
  5. 打ち方と打点で転がる距離が変わる

    2019.08.9

    打ち方と打点で転がる距離が変わる

    先日のラウンドの時にすごく打っている感じなのになかなかカップに届かない人がいました。使って…

    打ち方と打点で転がる距離が変わる
  6. インパクトで大事なこと

    2018.11.13

    インパクトで大事なこと

    インパクトで思った方向に打ち出すために必要な条件は、フェース向きとクラブ軌道の条件があった時です。…

    インパクトで大事なこと
  7. ショートパットのミスを知る実験 実験方法編

    2018.07.2

    ショートパットのミスを知る実験 実験方法編

    今日は今回の実験の方法を説明します。狙う距離は1.5mで、狙う方向は1カップ左と右。1カップ…

    ショートパットのミスを知る実験 実験方法編
  8. しっかり届かせようと思っているのに届かない

    2019.10.25

    しっかり届かせようと思っているのに届かない

    しっかり打ってカップまで届かせようと思っているのにどうしても届かないってときありますよね。…

    しっかり届かせようと思っているのに届かない
  9. 小さいテークバックで良いことはありません

    2019.06.3

    小さいテークバックで良いことはありません

    パッティングストローク分析をするときに、フリーで打ってもらって色々な考えをお聞きします。そ…

    小さいテークバックで良いことはありません

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP