パッティング練習

  1. アドレスで膝をどのくらい曲げるのか?

    2022.01.21

    アドレスで膝をどのくらい曲げるのか?

    先日いらしていただいた方のアドレスがちょっと変わっていました。膝をピンと伸ばして全く曲げな…

    アドレスで膝をどのくらい曲げるのか?
  2. パッティングに悩んだら気分転換も必要です

    2022.01.20

    パッティングに悩んだら気分転換も必要です

    パッティングの調子が悪くなってくるとどこかで吹っ切れないとどんだけ調子が悪くなるんだっていうくらい…

    パッティングに悩んだら気分転換も必要です
  3. アドレス時のスタンス幅はどうしたらいいか?

    2022.01.17

    アドレス時のスタンス幅はどうしたらいいか?

    パッティングカウンセリングにいらしていただいた方によく聞かれるスタンス幅についての話です。…

    アドレス時のスタンス幅はどうしたらいいか?
  4. パッティングはいきなり上手くできないとだめ

    2022.01.14

    パッティングはいきなり上手くできないとだめ

    パッティングカウンセリングにいらしてくださった方には必ずお話しすることがあります。それがパ…

    パッティングはいきなり上手くできないとだめ
  5. 癖のあるストロークにはメリットもある

    2022.01.12

    癖のあるストロークにはメリットもある

    誰が見ても変わった打ち方に見える人の方が、優れている部分が多いことがあります。変わった打ち…

    癖のあるストロークにはメリットもある
  6. Cobra KING VINTAGE NOVA をラウンドで使ってみました

    2022.01.7

    Cobra KING VINTAGE NOVA をラウンドで使ってみま…

    少し練習グリーンで使ってみた状態でいきなりラウンドで使ってみました。使ったのは数ホ…

    Cobra KING VINTAGE NOVA をラウンドで使ってみました
  7. グリッププレッシャーがゆるゆるは絶対ダメ

    2021.12.23

    グリッププレッシャーがゆるゆるは絶対ダメ

    グリッププレッシャーの話も結構何回もしていますが、先日もカウンセリングに来てくださった方に聞かれま…

    グリッププレッシャーがゆるゆるは絶対ダメ
  8. 軽いヘッドをゆっくり動かすのは難しい

    2021.12.15

    軽いヘッドをゆっくり動かすのは難しい

    マレットタイプが何故易しいのか?その理由の一つにヘッドが重めだということがあります。もちろ…

    軽いヘッドをゆっくり動かすのは難しい
  9. 右膝、左肘の位置を変えなければフォローで理想の軌道になる

    2021.12.14

    右膝、左肘の位置を変えなければフォローで理想の軌道になる

    パッティングストロークのフォローサイドを理想の軌道にするための条件を考えてみました。ストロ…

    右膝、左肘の位置を変えなければフォローで理想の軌道になる
  10. 手首を動かさない(固定する)ためにしっかり握る

    2021.12.8

    手首を動かさない(固定する)ためにしっかり握る

    この話題も何度も定期的にお話ししていると思います。グリップはどのくらいの強さで握っています…

    手首を動かさない(固定する)ためにしっかり握る
  11. ショルダーストロークをするためには肩を上下する

    2021.12.7

    ショルダーストロークをするためには肩を上下する

    肩を上下するショルダーストロークは完全に肩から先をロックする必要があります。アドレスで構え…

    ショルダーストロークをするためには肩を上下する
  12. テークバックっていう表現がいかにもヘッドを後ろに動かすイメージになってしまっている

    2021.12.6

    テークバックっていう表現がいかにもヘッドを後ろに動かすイメージになって…

    アドレスの位置からヘッドを後方に動かすことをテークバックとかバックストロークとかいうことがあります…

    テークバックっていう表現がいかにもヘッドを後ろに動かすイメージになってしまっている
PAGE TOP