Practice Goods

パッティングラボではみなさんの悪い癖を矯正するために効率よく練習できる練習グッズの販売をしています。ご購入に関してはメールにてお問い合わせください。

オリジナル練習グッズ第一弾:7’N4(セブンアンドフォー)

コンセプト:この練習グッズのコンセプトは「簡単に効率よく転がりの良いボールを打つための練習ができる」です。

Putting Labo. で転がりの良いボールを打つための条件として考えているのはフェースの下の方で、アッパー軌道で打つことです。

この練習グッズを使うことで、「フェースの下に当てる」と「アッパー軌道で打つ」の両方が実現できます。この練習グッズには様々な工夫が施されていますので、しっかり理解してお使いいただければと思います。

使用方法
1. ボールを下の図のように置いてください。

2. 方向の水準器を確認して置いている面が平らなことを確認して下さい。

平らになっていないと目の位置の確認に使えません。

この状態でいつものようにアドレスしてみてください。ついている二つの鏡は目の位置を確認するためのもので、どちらの鏡にも目が写らないようにスタンスの位置を決めてください。どちらの鏡にも写らなければ鏡と鏡の間に目がきている事を確認できます。

次に実際にストロークをするのですが、ボールをヒットする時にヘッドが地面から7mm浮いていないとこの練習器具に当たってしまうような作りになっています。

当たっても大事なパターに傷が付かないようにゴムシートが貼ってありますのでご安心ください。

ただ注意していただきたいのはアドレス時にヘッドを浮かせて構えないことです。必ずアドレスではソールした状態で始めてください。浮かせた状態でスタートしてしまうと練習の意味がなくなってしまいます。

さらにその7mmの高さをクリアすると次は4度の傾斜が待っています。この傾斜は4度以上のアッパー軌道で打てればクリアできます。

ボールの転がりを良くする条件はハンドファーストでフェースの下目でアッパー軌道で振ることです。この練習機を使うことで理想の転がりを得られます。

レフティの方にも同様に使っていただけます。

発売元:The Putting Laboratory
素材/製法:植物由来プラスチック/3Dプリンタ
定価:3,000円(税別)
色:白 および 黒

購入に関するお問い合わせは info@puttinglabo.com までご連絡ください。

PAGE TOP