ここではパッティングラボでカスタマイズした Scotty Cameron のパターを紹介します。
気に入ったカスタマイズが見つかり興味がありましたら下記までお問い合わせください。
TEL 03-5829-9083 もしくは info@puttinglabo.com まで!

  • コメント: 2

関連記事

  1. 実験用グリップは「TOUR SNSR」

    2019.04.4

    実験用グリップは「TOUR SNSR」

    昨日の実験用シャフトに続いて実験に使うグリップはこれに決めました。Golf Pride T…

    実験用グリップは「TOUR SNSR」
  2. 安定している動きを優先する

    2019.03.5

    安定している動きを優先する

    パッティングストロークの分析では、色々なパラーメーターにおける再現性を点数にして表示されます。…

    安定している動きを優先する
  3. 届かないは入らないをどうするか?

    2019.04.12

    届かないは入らないをどうするか?

    私も経験がありますが、自分では一生懸命届かせようと思って打っているのに、カップまで届かずアマサイド…

    届かないは入らないをどうするか?
  4. 納得できるミスにするために

    2020.02.7

    納得できるミスにするために

    ミスを納得するって変な話ですが、「今のはこういう事が起きてミスが出たんだ」と納得して次のパットに…

    納得できるミスにするために
  5. フェースが開いている/閉じている感じの正体

    2020.07.20

    フェースが開いている/閉じている感じの正体

    先日いらした方がフェースが開いてしまっていて構えにくいとおっしゃっていました。フェースが開…

    フェースが開いている/閉じている感じの正体
  6. プロのように打つことが良いわけではない

    2020.02.14

    プロのように打つことが良いわけではない

    プロのような打ち方を目指して一生懸命練習する人がいますが、なかなかうまくいかないことが多いです。…

    プロのように打つことが良いわけではない
  7. サイトラインの場所が重心のパター

    2020.08.6

    サイトラインの場所が重心のパター

    サイトラインは本来方向を確認するだけでなく、そこで打つイメージで打っている方が多いと思います。…

    サイトラインの場所が重心のパター
  8. たまに性質の違うパターを使ってみる

    2020.05.27

    たまに性質の違うパターを使ってみる

    ここのところ ANSER型 ばかり使っていますが、たまにマレット型を使ってみたりするとボコボコ入っ…

    たまに性質の違うパターを使ってみる
  9. 良いストロークをするには?

    2018.10.3

    良いストロークをするには?

    良いストロークをするためには色々重要なことがあります。もちろん良いストロークをすることも必要なのです…

    良いストロークをするには?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP