パッティングストロークについて

  1. パッティングには自分に合ったストロークがある

    2019.07.18

    パッティングには自分に合ったストロークがある

    ショットと違い大きな力を入れる必要が無いパッティング。カップまで転がす方法はかなりたくさん…

    パッティングには自分に合ったストロークがある
  2. アドレスでフェースが真っ直ぐ向かない

    2019.07.17

    アドレスでフェースが真っ直ぐ向かない

    アドレスで真っ直ぐに構えられない(フェースを向けられない)人が結構います。そこだけを部分的…

    アドレスでフェースが真っ直ぐ向かない
  3. フォローの動きの意識

    2019.07.16

    フォローの動きの意識

    昨日はテークバックで左脇が縮む意識すると良いという話をしました。今日はフォロースルーでの動…

    フォローの動きの意識
  4. テークバックの時の意識

    2019.07.12

    テークバックの時の意識

    パッティングでテークバックのイメージについて聞かれることがあります。その時に答えるのは右利…

    テークバックの時の意識
  5. 綺麗なストロークが入るわけではない

    2019.07.11

    綺麗なストロークが入るわけではない

    パッティングストロークン分析をしてみると、ほとんどの方が自分の理想とはかけ離れていてがっかりしてい…

    綺麗なストロークが入るわけではない
  6. 自分にどんなパターが合っているか?

    2019.07.10

    自分にどんなパターが合っているか?

    このお題は何回かやっていますが、これにはなかなか明確な答えがありません。ラウンド中30回以…

    自分にどんなパターが合っているか?
  7. アドレスで脇をしめる感じ

    2019.07.9

    アドレスで脇をしめる感じ

    アドレスした時の脇の感じはどんなイメージでやっているでしょう?皆さんに言うのは脇はしまって…

    アドレスで脇をしめる感じ
  8. 重いヘッドが本当にいいのか?

    2019.07.4

    重いヘッドが本当にいいのか?

    最近はヘッド重量が360gオーバーというパターが増えてきました。最初はマレットタイプだけだ…

    重いヘッドが本当にいいのか?
  9. フェースの上の方で打たない意識

    2019.07.2

    フェースの上の方で打たない意識

    パッティングストローク分析に来ていただき、フェース面のどのあたりで打っているかを見ていただくと色々…

    フェースの上の方で打たない意識
  10. クローグリップは球が転がる

    2019.07.1

    クローグリップは球が転がる

    自分だけなのかもしれませんが、どうしても打てなくなってショートしがちになった時はクローグリップに切…

    クローグリップは球が転がる
PAGE TOP