よく左目の下にボールを置くと良いと言われていますが、これに関しては特に根拠はありません。

真っすぐに構えられていて右目と左目のラインが打ちたい方向のラインに重なるという意味では、なんとなくそこにあると良いような気がします。ですが左目の下にボールがあるから入る確率が上がるということは全ての人に言えることでもありません。

Scotty Cameron さんにお会いした時に Cameron さんはボールは眉毛の下と言っていました。左目の下よりちょっと遠めの位置になります。

いつも言いますが、自分が狙ったラインに打ち出す確率が高いボールの位置がその人に合ったボールの位置になります。

ですので私のパッティングストロークの分析ではあまりにもかけ離れていない限り、無理に目の下にボールを置くことを推奨していません。

ただボールが近かったり遠かったりすることによってストロークに悪い影響が出ていれば、ボールの位置を確認してもらっています。

パッティングストロークに答えはありません。色々な状況を考えてその人にベストなストロークを考えるのがパッティングストローク分析の最終目的になります。

パッティングストローク分析に関する詳しい情報はこちらから…
https://www.puttinglabo.com/?product=stroke-analysis

  • コメント: 9

関連記事

  1. ショートパットのミスの規則性

    2019.11.20

    ショートパットのミスの規則性

    ショートパットのミスには必ず規則性があると考えています。私も以前は右に外すことがほとんどで…

    ショートパットのミスの規則性
  2. フェース向きのコントロールの練習 1

    2018.08.6

    フェース向きのコントロールの練習 1

    ストロークの軌道は良いのにフェースがスクエアに戻ってこなくてまっすぐにボールが打ち出せない人がたまに…

    フェース向きのコントロールの練習 1
  3. イップスになったことはありませんが…

    2019.07.26

    イップスになったことはありませんが…

    先日イップスの話を聞く機会がありました。諸説あると思いますが、なるほどなと思ったことがあったのでち…

    イップスになったことはありませんが…
  4. ショルダーストロークの確認方法

    2019.06.12

    ショルダーストロークの確認方法

    ショルダーストロークができているかどうかの確認は色々なやり方がありますが、今回は比較的簡単にできる…

    ショルダーストロークの確認方法
  5. STABILITY Shaft 実験3

    2019.06.20

    STABILITY Shaft 実験3

    先日作った TRUECoG CUPRUM が少しヘッドがききすぎてしまった印象があったので、ヘッド…

    STABILITY Shaft 実験3
  6. 手首を使わないために

    2018.12.19

    手首を使わないために

    ストローク中に手首を使わないためにどうしたらいいか?そんなことを結構聞かれることがあります。…

    手首を使わないために
  7. アドレスの姿勢の話

    2019.09.12

    アドレスの姿勢の話

    ショットでもそうですが、パッティングのアドレスの姿勢は大事です。姿勢を良くしようと思ってか…

    アドレスの姿勢の話
  8. パター練習グッズ「PUTTMON」で練習

    2019.12.3

    パター練習グッズ「PUTTMON」で練習

    レポートする場所があちこちになってしまいましたが、先日 ANSERFREAK の方でレポートした「…

    パター練習グッズ「PUTTMON」で練習
  9. ウェイトの交換で重心は動くのか?

    2019.02.5

    ウェイトの交換で重心は動くのか?

    Scotty Cameron のパターに使えるウェイトを以前購入してあったのでちょっと面白い実験を…

    ウェイトの交換で重心は動くのか?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP