パター用のシャフトに色々種類があるのはご存知でしょうか?

ウッドやアイアンはシャフト交換という話がすぐに思い浮かびますが、パターのシャフト交換はそれほど頭にはないかもしれません。元々すごく振るものでもありませんし、シャフトのしなりなどは感じないのが普通です。

そうするとなぜシャフトを変えようと思うのか?

それは重さを考えてのものがほとんどのような気がします。自分の場合シャフトによって打感や打音が変わる気がするので、いつも決まったシャフトを入れています。長さを短くした時にバランスが出なくなってしまって何か方法がないか?ということでシャフト重量を上げることを提案することがあります。

パターにバランスの考え方を持ち込むにはどうかと思いますが、比較する時の数値としてだけをみると…

例えばC8だったバランスがシャフトカットしてC2になってしまったと言うと、かなりヘッドがきかなくなっているのは事実なのでなんとか前にバランスに近づけたいと思いますよね。ただこのバランスを埋めるためにはかなりの量の鉛を貼らないと戻せません。

でもヘッドにはそんなに沢山鉛を貼りたくないという人がほとんどです。そうするとどうしたらいいか?そこで今回のシャフトを重くするという方法が出てきます。ただシャフトを重くしたからといってバランスが重くなるわけではありません。どちらかというと全体重量が重くなったのでバランスが出ているように感じるというだけです。

もちろんシャフトバランスが重いものがありますのでその場合は同じ長さでもバランスアップできる場合もあります。上の画像は日本シャフトのパター用のシャフトです。重いものは140gくらいあります。通常のパター用シャフトは100gを若干超えたくらいのものが多いです。

全体が重くなるだけで感じが良くなる場合もあるので、やってみる価値があるチューンです。

  • コメント: 0

関連記事

  1. 利き手の手の平なのか?反対の手の甲なのか?

    2018.09.3

    利き手の手の平なのか?反対の手の甲なのか?

    フェースを真っ直ぐに向けるイメージは人によって作り方が異なります。自分の場合は間違いなく利き…

    利き手の手の平なのか?反対の手の甲なのか?
  2. パンチは本当にダメなのか?

    2018.11.7

    パンチは本当にダメなのか?

    結構「パンチが入っちゃうんだよね」という人がいらっしゃいます。パンチが入ってダメなのは、ある…

    パンチは本当にダメなのか?
  3. パッティングでのグリップの持ち方を考える

    2018.08.14

    パッティングでのグリップの持ち方を考える

    パッティングでのグリップの持ち方は人それぞれで正解はありません。ですが、自分のやろうとしていることや…

    パッティングでのグリップの持ち方を考える
  4. ショートパットで考えること

    2019.01.22

    ショートパットで考えること

    ショートパットはこれまでのロングパット、ミドルパットと違って入れたいという意識が強くなりますし、考え…

    ショートパットで考えること
  5. 左目の下にボール

    2018.12.21

    左目の下にボール

    パッティングストロークの分析にいらしてくださった方からどんなことを気をつけてストロークしていますか?…

    左目の下にボール
  6. ウェイトの交換で重心は動くのか?

    2019.02.5

    ウェイトの交換で重心は動くのか?

    Scotty Cameron のパターに使えるウェイトを以前購入してあったのでちょっと面白い実験を…

    ウェイトの交換で重心は動くのか?
  7. 自分に合った長さを見つけるには? 2/2

    2018.06.8

    自分に合った長さを見つけるには? 2/2

    前回は長いこと、短いことによるデメリットについてお話ししました。ではそうならないために自分に合った長…

    自分に合った長さを見つけるには? 2/2
  8. 自分に合っているパターとは?

    2018.06.1

    自分に合っているパターとは?

    この質問はパッティングストロークの分析をしていてよく聞かれる質問です。一般的にはフェースロー…

    自分に合っているパターとは?
  9. ロフト調整で変わるインパクト音

    2019.01.31

    ロフト調整で変わるインパクト音

    パッティングストローク分析をして最適なロフトに調整する方が30%くらいの確率でいらっしゃいます。…

    ロフト調整で変わるインパクト音

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP