世の中にはたくさんの練習グッズがあり、それぞれ開発者の意図する使い方があります。ですがそれをきちんと理解して練習しないとダメなものが結構多いです。あとはそれで練習できることを理解して、一つ進んだ使い方をするなんて言うこともできます。

もしかしたらこの「一つ進んだ使い方」が本来の練習なのではないか?と思うことすらあります。今回の練習グッズは上の画像のこれらです。

どちらもボールの位置から10cm程のところに障害物が置かれていて、それに当たらないようにボールを打ちだす練習をするものです。

これで一生懸命そのゲートに当たらないように練習している人がいますが、自分はそれはちょっと違うのかな?と思っています。というのは、自分の場合近くにあるスパットを狙って打出方向を決めているわけではなく、カップの縁からどのくらいのところを狙うかで方向を決めているからです。

スパットを決めて打っている人であれば、ゲートを通す練習も練習になるかもしれませんが、自分はそうではないので練習方法を変えています。

ショートパットの時に打ち出したい方向に打つために使いたいので、まずは左カップ縁に方向を向けて置いて、ゲートは意識せずカップ縁に打つ感覚で打った時に ”結果としてゲートに当たらない” が正しい練習になると思います。上の画像はセッティング時の物ですが、レーザーを使って狙いたい方向がしっかりあっているようにしています。

この角度だと見やすいかもしれません。こんな感じで同じ練習グッズでも使い手によって使い方を考える必要があるということは覚えておいてください。

  • コメント: 5

関連記事

  1. ストロークを安定させるには

    2019.03.29

    ストロークを安定させるには

    パッティングストロークの分析をしていると、ストロークの安定感に問題がある人が結構います。安…

    ストロークを安定させるには
  2. CAPTO 検証5 トウアップ/ヒールアップ

    2020.05.1

    CAPTO 検証5 トウアップ/ヒールアップ

    今日はトウアップ、ヒールアップ時のデータを比較してみました。このアドレス(インパクト)で…

    CAPTO 検証5 トウアップ/ヒールアップ
  3. ミーリングが深いパターが少なくなった

    2019.07.3

    ミーリングが深いパターが少なくなった

    最近ミーリングが深いパターを見かけなくなりました。これには理由があると考えています。どんな…

    ミーリングが深いパターが少なくなった
  4. Anserタイプの重心位置

    2018.10.18

    Anserタイプの重心位置

    Anserタイプのパターの重心位置をご存知でしょうか?私も Anserタイプのパターを使って…

    Anserタイプの重心位置
  5. 家でパター練習は退屈ですが…

    2020.04.23

    家でパター練習は退屈ですが…

    「STAY HOME」の状況が続いているので、家でパター練習をしてみたのですが、効率の良い練習と…

    家でパター練習は退屈ですが…
  6. 長尺パター復活1 グリップ装着

    2020.07.9

    長尺パター復活1 グリップ装着

    長尺パターネタが続きますが、おつきあいください。長尺パターのグリップを入れるのはちょっと神…

    長尺パター復活1 グリップ装着
  7. マレット型とピン型の違い

    2020.07.30

    マレット型とピン型の違い

    普段ピン型を使っている私ですが、ANSERFREAK の方でレポートした通り、エースのピン型に悪い…

    マレット型とピン型の違い
  8. また長尺パターに興味が…

    2020.06.18

    また長尺パターに興味が…

    先日ラウンドしたプロが長尺パターを使っていました。2~3mのパーパットやバーディーパットは…

    また長尺パターに興味が…
  9. 距離感を狂わす要因

    2019.05.29

    距離感を狂わす要因

    パッティングで距離感が合わなくなる要因はかなりたくさんあります。一番多いのは前に打った人が…

    距離感を狂わす要因

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP