世の中にはたくさんの練習グッズがあり、それぞれ開発者の意図する使い方があります。ですがそれをきちんと理解して練習しないとダメなものが結構多いです。あとはそれで練習できることを理解して、一つ進んだ使い方をするなんて言うこともできます。

もしかしたらこの「一つ進んだ使い方」が本来の練習なのではないか?と思うことすらあります。今回の練習グッズは上の画像のこれらです。

どちらもボールの位置から10cm程のところに障害物が置かれていて、それに当たらないようにボールを打ちだす練習をするものです。

これで一生懸命そのゲートに当たらないように練習している人がいますが、自分はそれはちょっと違うのかな?と思っています。というのは、自分の場合近くにあるスパットを狙って打出方向を決めているわけではなく、カップの縁からどのくらいのところを狙うかで方向を決めているからです。

スパットを決めて打っている人であれば、ゲートを通す練習も練習になるかもしれませんが、自分はそうではないので練習方法を変えています。

ショートパットの時に打ち出したい方向に打つために使いたいので、まずは左カップ縁に方向を向けて置いて、ゲートは意識せずカップ縁に打つ感覚で打った時に ”結果としてゲートに当たらない” が正しい練習になると思います。上の画像はセッティング時の物ですが、レーザーを使って狙いたい方向がしっかりあっているようにしています。

この角度だと見やすいかもしれません。こんな感じで同じ練習グッズでも使い手によって使い方を考える必要があるということは覚えておいてください。

  • コメント: 5

関連記事

  1. パターはライ角を変えても球のつかまりは…

    2018.09.28

    パターはライ角を変えても球のつかまりは…

    パッティングでボールがつかまらないで右に行ってしまうとか、逆に引っかけてしまうということが結構あるの…

    パターはライ角を変えても球のつかまりは…
  2. ラウンド中に打ち方を変える

    2019.01.9

    ラウンド中に打ち方を変える

    パッティングが調子悪くて普段やらないことを急にやるのは難しいです。ですが普段から練習していてその打ち…

    ラウンド中に打ち方を変える
  3. 軽シャフト/重グリップ/重ヘッド 実験結果3

    2019.05.17

    軽シャフト/重グリップ/重ヘッド 実験結果3

    今日も実験結果の検証をしてみました。 今回は上から見たときのストローク軌道を見てみました。…

    軽シャフト/重グリップ/重ヘッド 実験結果3
  4. セットアップ時のライ角

    2019.03.6

    セットアップ時のライ角

    何度か話題にしたことがありますが、アドレス時にライ角が適正かどうかは、フェースの向きを合わせる動き…

    セットアップ時のライ角
  5. できあがった実験用パター

    2019.04.8

    できあがった実験用パター

    実験用のパターができあがりました。使うパーツとしては、ヘッドが「Scotty Camero…

    できあがった実験用パター
  6. アドレスの手の位置とパターのすわり

    2018.10.9

    アドレスの手の位置とパターのすわり

    パッティングにおけるヘッドを置く位置と、手の位置の関係は本当に人それぞれになります。例えばハ…

    アドレスの手の位置とパターのすわり
  7. Customized Scotty Cameron Putters

    2018.05.3

    Customized Scotty Cameron Putters

    ここではパッティングラボでカスタマイズした Scotty Cameron のパターを紹介します。…

    Customized Scotty Cameron Putters
  8. インサイドからはアッパー

    2019.06.11

    インサイドからはアッパー

    昨日はアウトサイドインの軌道がダウンブローになりやすいという話をしましたが、今日はその逆の話です。…

    インサイドからはアッパー
  9. 傾斜を足で感じるために真っ直ぐ立つ

    2019.06.19

    傾斜を足で感じるために真っ直ぐ立つ

    パッティングをする際につま先側に傾きを感じたり、かかと側に傾きを感じたりすることが結構あります。…

    傾斜を足で感じるために真っ直ぐ立つ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP