以前は1mくらいのパットを外すことがたまにありました。プッシュしたりひっかけたり…

ですが最近ではほとんど外すことが無くなった気がしています。これはショートパットの意識を変えたことによる物だと思っています。

どんなことを気をつけているのかというと、こんな感じです。

1mくらいの距離はそこそこ角度が違っても入ってくれる距離です。フェースの向きがあっていれば軌道が少しずれたくらいでは外れないはずです。

外れるときは打ち出し方向に対して2つの条件が悪い方に重なった時にカップを外れることになります。

「インサイドアウト+フェースオープン」もしくは「アウトサイドイン+フェースクローズ」の場合がそれにあたります。

この2つのパターンが出ないように気をつけることだけで、外す確率が大きく減らせます。この動きにならない意識はどんな意識かは人に違うのですが、自分に合った意識の仕方は結構簡単に見つけられます。

パッティングストローク分析ではこんなこともやったりしています。是非自分の癖をつかんで、ショートパット時の意識を見つけてください。

  • コメント: 0

関連記事

  1. ボールをフェースに乗せて運ぶ その2

    2019.01.8

    ボールをフェースに乗せて運ぶ その2

    理想は少しハンドファーストでアッパー軌道で当たるのが動き的には良い動きになります。そして左右…

    ボールをフェースに乗せて運ぶ その2
  2. 近くのスパットか?打っていく方向か?

    2018.08.29

    近くのスパットか?打っていく方向か?

    人によってターゲット方向のイメージの仕方は異なります。表題のように近くのスパットに対してフェ…

    近くのスパットか?打っていく方向か?
  3. 肩甲骨を開くか?閉じるか?

    2019.06.28

    肩甲骨を開くか?閉じるか?

    パッティングのアドレスで肩甲骨の話をすることがよくあります。アドレスの時に肩甲骨を開いて肩…

    肩甲骨を開くか?閉じるか?
  4. テークバックの始動

    2019.03.8

    テークバックの始動

    テークバックのきっかけはどうしているのか聞かれることがよくあります。パッティングストロークは…

    テークバックの始動
  5. 良いストロークをしようと思いすぎると…

    2018.11.2

    良いストロークをしようと思いすぎると…

    パッティングで自分の思う理想のストロークをしようと思うと、いくつも気をつけなくてはならない場合があり…

    良いストロークをしようと思いすぎると…
  6. 軽シャフト/重グリップ/重ヘッド 実験結果3

    2019.05.17

    軽シャフト/重グリップ/重ヘッド 実験結果3

    今日も実験結果の検証をしてみました。 今回は上から見たときのストローク軌道を見てみました。…

    軽シャフト/重グリップ/重ヘッド 実験結果3
  7. 打ち方と打点で転がる距離が変わる

    2019.08.9

    打ち方と打点で転がる距離が変わる

    先日のラウンドの時にすごく打っている感じなのになかなかカップに届かない人がいました。使って…

    打ち方と打点で転がる距離が変わる
  8. パターのライ角調整で激変

    2019.04.9

    パターのライ角調整で激変

    先日来てくださった方があまりに思い通りの結果になったのでちょっと報告です。その方はパッティ…

    パターのライ角調整で激変
  9. フォローでの左肘

    2019.03.18

    フォローでの左肘

    フォローで左の肘を抜いてしまう人が結構います。肘を抜くというのは、肘が体から離れていってし…

    フォローでの左肘

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP