以前は1mくらいのパットを外すことがたまにありました。プッシュしたりひっかけたり…

ですが最近ではほとんど外すことが無くなった気がしています。これはショートパットの意識を変えたことによる物だと思っています。

どんなことを気をつけているのかというと、こんな感じです。

1mくらいの距離はそこそこ角度が違っても入ってくれる距離です。フェースの向きがあっていれば軌道が少しずれたくらいでは外れないはずです。

外れるときは打ち出し方向に対して2つの条件が悪い方に重なった時にカップを外れることになります。

「インサイドアウト+フェースオープン」もしくは「アウトサイドイン+フェースクローズ」の場合がそれにあたります。

この2つのパターンが出ないように気をつけることだけで、外す確率が大きく減らせます。この動きにならない意識はどんな意識かは人に違うのですが、自分に合った意識の仕方は結構簡単に見つけられます。

パッティングストローク分析ではこんなこともやったりしています。是非自分の癖をつかんで、ショートパット時の意識を見つけてください。

  • コメント: 0

関連記事

  1. 真っ直ぐ引いて真っすぐ出すは自然な動きではない

    2020.03.16

    真っ直ぐ引いて真っすぐ出すは自然な動きではない

    フェースバランスのパターを持って、ヘッドを打ちたい方向に対して真っ直ぐに引いて真っ直ぐに出すイメ…

    真っ直ぐ引いて真っすぐ出すは自然な動きではない
  2. 打点の意識と縦の軌道

    2018.11.19

    打点の意識と縦の軌道

    少し前にボールの横に電池を置いて、フェースの下の方で打つ感覚を養う練習について話しました。そ…

    打点の意識と縦の軌道
  3. 重いヘッドがもてはやされていますが…

    2019.08.30

    重いヘッドがもてはやされていますが…

    最近はヘッド重量が重いパターが多いですよね。中には PING のように重いヘッドにもしても…

    重いヘッドがもてはやされていますが…
  4. アドレスの時の顎の位置を考える

    2019.08.6

    アドレスの時の顎の位置を考える

    パッティングのアドレスの時の体重のかけ方については何回かに分けてお話ししましたが、今日は顎の位置に…

    アドレスの時の顎の位置を考える
  5. ストロークを安定させるには

    2019.03.29

    ストロークを安定させるには

    パッティングストロークの分析をしていると、ストロークの安定感に問題がある人が結構います。安…

    ストロークを安定させるには
  6. パターを打つ時に気をつけていること

    2020.11.16

    パターを打つ時に気をつけていること

    先日研修会で新しく入会した若者とラウンド後にパッティングの練習をしました。その練習をしなが…

    パターを打つ時に気をつけていること
  7. 練習グリーンでショートパット その1

    2020.10.5

    練習グリーンでショートパット その1

    今日から何回かに分けてCAPTO をアウトドアに持っていってショートパットのデータを取ったときの実…

    練習グリーンでショートパット その1
  8. 課題は一つずつ解決していく

    2019.08.20

    課題は一つずつ解決していく

    先日はあれこれ考えないという話をしましたが、それに通ずる話があります。それはパッティング練…

    課題は一つずつ解決していく
  9. 伸び盛りのジュニアへのアドバイス

    2020.11.12

    伸び盛りのジュニアへのアドバイス

    これまで数十人のジュニアのストローク分析をしてきましたが、ジュニアへのアドバイスは難しいしすごく慎…

    伸び盛りのジュニアへのアドバイス

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP