良いストロークをしようと強く思っている人ほど、ぎこちないストロークになってしまうことがあります。

いくつかチェックポイントがあって、それぞれをやろうとすると連続した動きができなくなる場合など最悪です。

例えばテークバックでインに入り過ぎるので、インに入らないように意識する。フォローでは左に引っ張り過ぎていたので引っ張らない意識にする。

これを意識するとアウトサイドアウトの軌道のイメージになってしまいます。やろうとすることは連続の動作にはなかなかしにくい動きになってしまっているので、変な動きになるわけです。

それを本番でやろうとしたら緊張しているので余計にぎこちない動きになってしまいます。

ですので、本番ではいくつものことを同時にやろうとしないことですね。本番ではボールをカップに入れることに集中して色々気にしないことをお勧めします。

気にし過ぎると、今のミスを自分のどんな悪い動きの原因だと考えてしまうので、次にはもtt考えながらストロークしなければならなくなります。そうするともうミスの連鎖が始まってしまいます。

  • コメント: 0

関連記事

  1. グリップエンドの動きに注目

    2018.08.22

    グリップエンドの動きに注目

    パッティングのストローク中のグリップエンドに注目してみてください。上の動画のようにシ…

    グリップエンドの動きに注目
  2. 練習グリーンでの動画を撮ってみて

    2019.04.26

    練習グリーンでの動画を撮ってみて

    久しぶりに自分のパッティング練習の様子を動画で撮ってみました。お客さんのストロークはかなり…

    練習グリーンでの動画を撮ってみて
  3. パターのライ角について

    2019.10.7

    パターのライ角について

    これまで色々なパターのライ角を計測してきたのですが、カタログ値と違うことがあります。これは…

    パターのライ角について
  4. 真っ直ぐに打とうという意識が…

    2019.10.28

    真っ直ぐに打とうという意識が…

    最近ストローク分析をしていて感じることです。自分もそうだったのですが、インパクトでフェース…

    真っ直ぐに打とうという意識が…
  5. パンチは本当にダメなのか?

    2018.11.7

    パンチは本当にダメなのか?

    結構「パンチが入っちゃうんだよね」という人がいらっしゃいます。パンチが入ってダメなのは、ある…

    パンチは本当にダメなのか?
  6. 軟鉄素材とステンレス素材の違い

    2018.12.11

    軟鉄素材とステンレス素材の違い

    先日久しぶりに軟鉄ヘッドに銅メッキを施した duckbill golf Rocker Sole Re…

    軟鉄素材とステンレス素材の違い
  7. ライ角調整ができないパター

    2019.11.12

    ライ角調整ができないパター

    先日ライ角調整を依頼されたパターで頑張っても1度くらいしか曲がらないパターがありました。ラ…

    ライ角調整ができないパター
  8. 障害物を置いて練習

    2019.01.25

    障害物を置いて練習

    自分がどんな軌道でストロークをしているのか?パッティングストローク分析をするとそれが手に取る…

    障害物を置いて練習
  9. 再現性を上げるには?

    2020.02.5

    再現性を上げるには?

    パッティングストローク分析で重要視している項目は再現性(Consistency)です。こ…

    再現性を上げるには?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP