良いストロークをしようと強く思っている人ほど、ぎこちないストロークになってしまうことがあります。

いくつかチェックポイントがあって、それぞれをやろうとすると連続した動きができなくなる場合など最悪です。

例えばテークバックでインに入り過ぎるので、インに入らないように意識する。フォローでは左に引っ張り過ぎていたので引っ張らない意識にする。

これを意識するとアウトサイドアウトの軌道のイメージになってしまいます。やろうとすることは連続の動作にはなかなかしにくい動きになってしまっているので、変な動きになるわけです。

それを本番でやろうとしたら緊張しているので余計にぎこちない動きになってしまいます。

ですので、本番ではいくつものことを同時にやろうとしないことですね。本番ではボールをカップに入れることに集中して色々気にしないことをお勧めします。

気にし過ぎると、今のミスを自分のどんな悪い動きの原因だと考えてしまうので、次にはもtt考えながらストロークしなければならなくなります。そうするともうミスの連鎖が始まってしまいます。

  • コメント: 0

関連記事

  1. フェースローテーションでパターを選ぶ?

    2018.09.27

    フェースローテーションでパターを選ぶ?

    色々なメーカーでパターの種類を選ぶためにフェースローテーションの度合いや、ストローク軌道で選ぶという…

    フェースローテーションでパターを選ぶ?
  2. 打ち方が格段に良くなった!

    2020.09.4

    打ち方が格段に良くなった!

    しばしのスランプの時期を乗り越えて様々な治療のおかげでパッティングが復調しました。「テーク…

    打ち方が格段に良くなった!
  3. インサイドからはアッパー

    2019.06.11

    インサイドからはアッパー

    昨日はアウトサイドインの軌道がダウンブローになりやすいという話をしましたが、今日はその逆の話です。…

    インサイドからはアッパー
  4. ボールをフェースに乗せて運ぶ その1

    2019.01.7

    ボールをフェースに乗せて運ぶ その1

    パッティングで良い当たりをした時の感触をこんな風に表現することがあります。適正なロフトで適正…

    ボールをフェースに乗せて運ぶ その1
  5. グリップの握り方を再考

    2021.02.3

    グリップの握り方を再考

    パターのグリップってそういえば色々考えて決めたわけじゃないな...って最近あらためて思いました。…

    グリップの握り方を再考
  6. ショートパットのミスを知る実験 フェースの向き編

    2018.07.4

    ショートパットのミスを知る実験 フェースの向き編

    今日はフェースの向きに注目してみました。フェースの向きにはアドレス時の向きとインパクト時の向きがあり…

    ショートパットのミスを知る実験 フェースの向き編
  7. パッティングで大事なこと

    2019.11.8

    パッティングで大事なこと

    パッティングで大事なことを考えてみました。私が思うにパッティングで大事なのは前のミスを引き…

    パッティングで大事なこと
  8. ショルダーストロークを正しく理解する練習グッズ1

    2018.07.27

    ショルダーストロークを正しく理解する練習グッズ1

    ショルダーストロークを正しく理解できている人がどれだけいるでしょうか?もちろん自分もつい最近まで理解…

    ショルダーストロークを正しく理解する練習グッズ1
  9. 右サイドを動かさない意識

    2018.08.23

    右サイドを動かさない意識

    パッティングに限らず右サイドを動かさない意識を常に持っています。特にパッティングでは右サイド…

    右サイドを動かさない意識

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP