最近はカーボンシャフトや、カーボンとスチールの複合シャフトなどスチールだけではなくなってきたパター用のシャフト。

それぞれに狙いがあって打った時の感触をどうしたいかによって、選び方が変わってきます。

私が感じる感覚では、硬いシャフトほどヘッド素材の感触を感じやすくなり、柔らかい物は少し感じにくくなるような気がします。

今まで愛用していていたのは TrueTemper の STP-38 というステップレスのシャフトです。これは自分にとっては少しシャフトの柔らかさを感じるシャフトです。ですので、打感の柔らかいヘッドに入れて使っていました。

打感が少し硬く感じていたシャフトには最近流行の STABILITY Shaft を入れて本来の柔らかさを感じやすくして使っています。

また、カーボン素材が使われているシャフトは、手に伝わる振動が和らげられるのでマイルドな感触になります。

ストローク分析にいらしていただくと色々なパター用シャフトを試していただけるようになっていますので、是非やってみてください。こんなに変わるのか!と思うと思います。

  • コメント: 0

関連記事

  1. 下りのパットは思ったより曲がらない

    2019.07.29

    下りのパットは思ったより曲がらない

    ご存知の方も多いかと思いますが、知らない方もいらっしゃると思いますので書いておきます。ファ…

    下りのパットは思ったより曲がらない
  2. PING のグリップを握りやすく 2

    2020.11.30

    PING のグリップを握りやすく 2

    今回のテーマは左手部分の持ちやすさアップです。左手部分はクロスハンドでない限りグリップの上…

    PING のグリップを握りやすく 2
  3. 近過ぎるボールとの距離

    2019.03.11

    近過ぎるボールとの距離

    ストローク分析をする際に最初にフリーで打っていただいて色々観察させていただくのですが、ボールとの距…

    近過ぎるボールとの距離
  4. パターの重心角

    2020.08.25

    パターの重心角

    昨日の話の中で大事な要素の一つの重心角の話です。パターには重心角があります。ドライバーでよ…

    パターの重心角
  5. バーディパットが入る人、入らない人

    2018.12.5

    バーディパットが入る人、入らない人

    色々な人とラウンドしていて感じる事なのですが、バーディチャンスをモノにできる人と、そうではない人に差…

    バーディパットが入る人、入らない人
  6. 自宅でのパター練習で気をつけること

    2018.09.4

    自宅でのパター練習で気をつけること

    自宅でパター練習をしているという方は結構いらっしゃいますが、どんな練習をしているか聞いてみると、意外…

    自宅でのパター練習で気をつけること
  7. TRUECoG CUPRUM に UST Mamiya FF Shaft

    2019.09.24

    TRUECoG CUPRUM に UST Mamiya FF Shaf…

    以前 STABILITY Shaft を入れてバランスが重くなり過ぎてしまった HILLCREST…

    TRUECoG CUPRUM に UST Mamiya FF Shaft
  8. 期待しすぎないパッティング

    2018.11.20

    期待しすぎないパッティング

    私自身も含めてパッティングの結果を期待し過ぎている方が多いと思います。期待が大きければ大きい…

    期待しすぎないパッティング
  9. PING のグリップをさらに握りやすく 1

    2020.11.27

    PING のグリップをさらに握りやすく 1

    知らない方も多いと思いますが、1960年代の PING のパターには変わった物が多いです。…

    PING のグリップをさらに握りやすく 1

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP