PING型というと、ANSER や ANSER 2 が代表的なモデルですが、それらのデザインを踏襲したパターは様々なメーカーから出ています。

私がデザインした TRUECoG シリーズもその形状を取り入れてさらに性能アップさせたモデルとなっています。

PING型は難しいから使えないと思っているという話をストローク分析に来た方からよく聞きます。

なぜPING型が難しいと思われているのか?数値的にいうとやはり勝手にボールを飛ばしてくれる大型マレットのような大きい慣性モーメントはありません。

ですのでしっかり打つということができないと使いこなせないイメージになってしまうのかもしれません。

ただ最近のPING型も TRUECoG CUPRUM もそうですが、360g以上のヘッド重量を持つパターがかなりたくさんあります。

ヘッド重量が重ければヘッドの大きな動きが無くてもボールを飛ばせるようになります。昔の PING ANSER などは320g以下の物もある位ヘッドが軽い物がほとんどでした。

軽ければ打たないとボールを飛ばすことができないので、ヘッドの動きが必要になります。こうなると打つということに関して上手い下手が顕著に出てきてしまいます。

ですがヘッド重量が重ければその必要もなくなるので今どきのPING型はずいぶん簡単になっています。

特に TRUECoG シリーズは通常のパターよりも重心が低くできていますので、マレット型を使うようなイメージで使えるPING型になります。

是非難しいと思わずPING型をどんどん使ってみてください。

  • コメント: 0

関連記事

  1. 自分の癖をつかむ

    2019.06.6

    自分の癖をつかむ

    パッティングストロークの分析をしていただいてよくわかるのは自分の癖です。癖はほとんどの場合…

    自分の癖をつかむ
  2. STABILITY Shaft 実験3

    2019.06.20

    STABILITY Shaft 実験3

    先日作った TRUECoG CUPRUM が少しヘッドがききすぎてしまった印象があったので、ヘッド…

    STABILITY Shaft 実験3
  3. 遠過ぎるボールとの距離

    2019.03.13

    遠過ぎるボールとの距離

    先日近すぎるボールとの距離についてお話ししましたが、今日はその逆の遠すぎるボール位置についてです。…

    遠過ぎるボールとの距離
  4. 多方面からラインを見る

    2018.11.26

    多方面からラインを見る

    先日のラウンドではこれまでよりも入念にラインを読むことを心掛けました。ラインを読むことも他の…

    多方面からラインを見る
  5. フェース向きのコントロールの練習 2

    2018.08.7

    フェース向きのコントロールの練習 2

    今日はスクエアインパクトを練習する簡単な方法を紹介します。使うのはこれです。名刺が入…

    フェース向きのコントロールの練習 2
  6. グリップが真っ直ぐに入っているか?

    2018.10.22

    グリップが真っ直ぐに入っているか?

    ストローク分析にいらした方のグリップを見てみると結構色々です。アドレスでどうしてもまっすぐに…

    グリップが真っ直ぐに入っているか?
  7. セットアップ時のライ角

    2019.03.6

    セットアップ時のライ角

    何度か話題にしたことがありますが、アドレス時にライ角が適正かどうかは、フェースの向きを合わせる動き…

    セットアップ時のライ角
  8. テークバックは手で引かない

    2019.05.24

    テークバックは手で引かない

    パッティングストロークの分析にいらした方の話を聞くと、テークバックをどう引いたらいいかということを…

    テークバックは手で引かない
  9. SUS303ヘッドにSTABILITYシャフトはベストマッチ

    2019.08.2

    SUS303ヘッドにSTABILITYシャフトはベストマッチ

    先日より TRUECoG SUS303 に STABILITY シャフトを入れて使っています。…

    SUS303ヘッドにSTABILITYシャフトはベストマッチ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP