PING型というと、ANSER や ANSER 2 が代表的なモデルですが、それらのデザインを踏襲したパターは様々なメーカーから出ています。

私がデザインした TRUECoG シリーズもその形状を取り入れてさらに性能アップさせたモデルとなっています。

PING型は難しいから使えないと思っているという話をストローク分析に来た方からよく聞きます。

なぜPING型が難しいと思われているのか?数値的にいうとやはり勝手にボールを飛ばしてくれる大型マレットのような大きい慣性モーメントはありません。

ですのでしっかり打つということができないと使いこなせないイメージになってしまうのかもしれません。

ただ最近のPING型も TRUECoG CUPRUM もそうですが、360g以上のヘッド重量を持つパターがかなりたくさんあります。

ヘッド重量が重ければヘッドの大きな動きが無くてもボールを飛ばせるようになります。昔の PING ANSER などは320g以下の物もある位ヘッドが軽い物がほとんどでした。

軽ければ打たないとボールを飛ばすことができないので、ヘッドの動きが必要になります。こうなると打つということに関して上手い下手が顕著に出てきてしまいます。

ですがヘッド重量が重ければその必要もなくなるので今どきのPING型はずいぶん簡単になっています。

特に TRUECoG シリーズは通常のパターよりも重心が低くできていますので、マレット型を使うようなイメージで使えるPING型になります。

是非難しいと思わずPING型をどんどん使ってみてください。

  • コメント: 0

関連記事

  1. 「無意識のパッティング」 その4

    2020.04.16

    「無意識のパッティング」 その4

    今日で最後の「無意識のパッティング」の話です。今日は自分自身も少し考え方に影響を受けた重要な話で…

    「無意識のパッティング」 その4
  2. 効果的な練習をするためには

    2020.05.25

    効果的な練習をするためには

    自宅でやる練習はなかなか短時間で効果的に行うのが難しいです。自宅の練習を効果的に行うために…

    効果的な練習をするためには
  3. STABILITY Shaft 実験5

    2019.06.26

    STABILITY Shaft 実験5

    STABILITY Shaft 装着のパターと、通常のシャフトを装着したパターの比較を SAM P…

    STABILITY Shaft 実験5
  4. ボールにライン 応用編

    2020.04.2

    ボールにライン 応用編

    ストローク分析にいらした方で、ボールに線を入れているという方にはお話ししている内容です。…

    ボールにライン 応用編
  5. パター用シャフト色々

    2018.07.19

    パター用シャフト色々

    今把握している比較的簡単に手に入るパター用のシャフトを特長を交えて紹介します。●島田…

    パター用シャフト色々
  6. アッパー軌道で打つには

    2019.10.3

    アッパー軌道で打つには

    アッパー軌道、ハンドファースト、フェースの下目で打つ。これがボールの転がりを良くする条件で…

    アッパー軌道で打つには
  7. フェース向きのコントロールの練習 1

    2018.08.6

    フェース向きのコントロールの練習 1

    ストロークの軌道は良いのにフェースがスクエアに戻ってこなくてまっすぐにボールが打ち出せない人がたまに…

    フェース向きのコントロールの練習 1
  8. EVEN さんで Rocker Sole Remake を紹介していただきました

    2020.01.24

    EVEN さんで Rocker Sole Remake を紹介していた…

    今日はちょっと告知です。発売になって少し時間がたちましたが、HILLCREST …

    EVEN さんで Rocker Sole Remake を紹介していただきました
  9. ショートパットを確実に入れるために その2

    2019.11.6

    ショートパットを確実に入れるために その2

    昨日はショートパットを打つ時に起こるミスの中でテークバックで起こりやすいことに関してお話ししました…

    ショートパットを確実に入れるために その2

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP