まずは簡単に違いがわかるところから見ていきましょう。

1カップ左、および右の角度は先日のタンジェント表を見ると約6.15度になります。この方向に対してそれぞれ打った10球がどんな角度で飛んでいるかをみてみると…


これが左に打った10球。すべてのボールが6.15度よりも内側に入っています。また一番左に行ってしまった球で6度、一番確度が少なかったものでも5.14度になっています。標準偏差は0.27ですので、ほとんどばらつきなく打てています。


これが右に打った10球のデータです。こっちはかなりひどいです。一番右に打ってしまったのが7.18度。一番内側は4.56度です。標準偏差は0.67もあります。かなりのばらつきです。6.15度を超えているのが10球中7球もあり、平均値でも6.442度となってしまっていて6.15度を超えてしまっています。

これを見てわかる通り明らかに右1カップを狙った時に右に外しているということになります。というわけで、やはり自分にとって右方向(フックライン)が不安定になっていることは実証されました。

パッティングストローク分析ではこんな計測もできます。分析に若干時間がかかりますが、とても有意義な情報が得られると思います!次回はこれ以外のデータも見てみます。お楽しみに!

パッティングストローク分析に関する詳しい情報は…
https://www.puttinglabo.com/?product=stroke-analysis

  • コメント: 0

関連記事

  1. フェース素材の違いによるロフト調整

    2018.09.25

    フェース素材の違いによるロフト調整

    パターのロフト調整をする際に考慮していることがあります。ロフトはボールをつかまえるために必要です。ボ…

    フェース素材の違いによるロフト調整
  2. フェースの下目で打つイメージを作る練習

    2018.06.25

    フェースの下目で打つイメージを作る練習

    パッティングストローク分析をしていると、ヘッドの縦方向の動きがわかります。ダウンブローに当たっている…

    フェースの下目で打つイメージを作る練習
  3. パッティングで大事なこと

    2018.09.21

    パッティングで大事なこと

    パッティングだけに限らないのですが、ゴルフで大事だと思っていることがあります。これは持論でも…

    パッティングで大事なこと
  4. SUS303 Rocker Sole Remake を作る 1 「ヘッド選択」

    2018.09.6

    SUS303 Rocker Sole Remake を作る 1 「ヘッ…

    自分用に SUS303 素材の Rocker Sole Remake を作ってみようと思います。これ…

    SUS303 Rocker Sole Remake を作る 1 「ヘッド選択」
  5. ミドルパット vs ショートパット 1/2

    2018.05.30

    ミドルパット vs ショートパット 1/2

    短いパットを外すっていやですよね...。せっかく250 Yardを飛ばしても、50cmを外してしまう…

    ミドルパット vs ショートパット 1/2
  6. 自分がどう動かそうとしているかの確認

    2018.10.24

    自分がどう動かそうとしているかの確認

    パッティングストロークの分析を受けに来ていただいた方には、必ず最初に打っていただきながらどんなイメー…

    自分がどう動かそうとしているかの確認
  7. パッティングストローク分析で

    2018.11.6

    パッティングストローク分析で

    最近パッティングストロークの分析をしていて、似たようなパターンの方が何人かいらっしゃったので、その時…

    パッティングストローク分析で
  8. 細いグリップが合う人

    2018.08.31

    細いグリップが合う人

    先日は太いパターグリップが合う人について話しました。今回は逆に細いグリップが合う人の話です。…

    細いグリップが合う人
  9. 初めまして、パッティングラボの遠藤です

    2018.05.22

    初めまして、パッティングラボの遠藤です

    2018年5月22日、新しいサイト「The Putting Laboratory(パッティングラボ)…

    初めまして、パッティングラボの遠藤です

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP