まずは簡単に違いがわかるところから見ていきましょう。

1カップ左、および右の角度は先日のタンジェント表を見ると約6.15度になります。この方向に対してそれぞれ打った10球がどんな角度で飛んでいるかをみてみると…


これが左に打った10球。すべてのボールが6.15度よりも内側に入っています。また一番左に行ってしまった球で6度、一番確度が少なかったものでも5.14度になっています。標準偏差は0.27ですので、ほとんどばらつきなく打てています。


これが右に打った10球のデータです。こっちはかなりひどいです。一番右に打ってしまったのが7.18度。一番内側は4.56度です。標準偏差は0.67もあります。かなりのばらつきです。6.15度を超えているのが10球中7球もあり、平均値でも6.442度となってしまっていて6.15度を超えてしまっています。

これを見てわかる通り明らかに右1カップを狙った時に右に外しているということになります。というわけで、やはり自分にとって右方向(フックライン)が不安定になっていることは実証されました。

パッティングストローク分析ではこんな計測もできます。分析に若干時間がかかりますが、とても有意義な情報が得られると思います!次回はこれ以外のデータも見てみます。お楽しみに!

パッティングストローク分析に関する詳しい情報は…
https://www.puttinglabo.com/?product=stroke-analysis

  • コメント: 5

関連記事

  1. どうも構えづらいという人が多いです

    2019.07.8

    どうも構えづらいという人が多いです

    ここのところ数名の方が連続で買ったままの状態のパターが構えづらいという相談でいらっしゃいました。…

    どうも構えづらいという人が多いです
  2. パット=ショットの縮図

    2020.08.3

    パット=ショットの縮図

    パッティングストロークがショットで取り組んでいるイメージに近くなってくるという話はすごくよくありま…

    パット=ショットの縮図
  3. 打ち方と打点で転がる距離が変わる

    2019.08.9

    打ち方と打点で転がる距離が変わる

    先日のラウンドの時にすごく打っている感じなのになかなかカップに届かない人がいました。使って…

    打ち方と打点で転がる距離が変わる
  4. イップスが起こりやすい環境

    2020.05.12

    イップスが起こりやすい環境

    先日読んだ本に出ていたことです。イップスはどんな時に起こりやすいか?がその本には書かれていました。…

    イップスが起こりやすい環境
  5. パッティングでのふところ

    2018.08.17

    パッティングでのふところ

    アドレスの時にボールの距離があっていない人が結構いらっしゃいます。今回はこのボールとの距離についてお…

    パッティングでのふところ
  6. SUS303 Rocker Sole Remake を作る 3 「ロフト角/ライ角」

    2018.09.10

    SUS303 Rocker Sole Remake を作る 3 「ロフ…

    今回はロフト角とライ角の決定です。ここは転がりに影響する一番重要なところです。このスペックの…

    SUS303 Rocker Sole Remake を作る 3 「ロフト角/ライ角」
  7. 旗竿を抜かずにプレーする

    2019.02.26

    旗竿を抜かずにプレーする

    旗をさしたままプレーするときにこんな風にしたら良さそうだという話しをちょっとします。まず、旗竿に当…

    旗竿を抜かずにプレーする
  8. パターのバランスについて

    2019.11.27

    パターのバランスについて

    ゴルフクラブにバランス(スイングバランス)という概念が定着しています。このバランスという概…

    パターのバランスについて
  9. パッティングで変えられないこと

    2019.10.30

    パッティングで変えられないこと

    パッティングで人それぞれ変えられないところが存在すると思っています。その変えられないところ…

    パッティングで変えられないこと

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP