今日は今回の実験の方法を説明します。

狙う距離は1.5mで、狙う方向は1カップ左と右。1カップの定義は以下の図の通りです。


実際のカップの中心から縁までの距離は108mmの半分の54mm。そこからさらに1カップなので、プラスカップの直径の108mmになるので、1カップ左までの距離は162mmになります。

最初はカップの左縁、右縁でやって見たのですが、狙う方向がわかりやすいのでデータに有意差があまり見られませんでした。ですので実際のラウンドでよくある仮想カップを狙った時の状況を作ってやってみることにしました。

また同じ方向を続けて打つと徐々にうまく打ててしまうので、1カップ左、1カップ右を交互に10球ずつ打ちます。これで各方向10球のデータを得られますので得られたデータを分析します。

出てくるデータでまず一番比較してみたいのが打ち出し方向です。これの10球分のデータを見て、さらに平均値とばらつきを見てみます。

ここで有意差が出ると自分の弱点がわかります。

それ以外にもアドレスでどこを向いているか?、ローテーションの状態がどうなっているか?、インパクト時のヘッド軌道がどうなっているかなども興味があるところです。

これは結構面白いデータが得られるかもしれませんね。そのデータも徐々に紹介していきます。

  • コメント: 0

関連記事

  1. 右サイドを動かさない意識

    2018.08.23

    右サイドを動かさない意識

    パッティングに限らず右サイドを動かさない意識を常に持っています。特にパッティングでは右サイド…

    右サイドを動かさない意識
  2. パッティングストローク分析をしていて感じること

    2018.05.27

    パッティングストローク分析をしていて感じること

    これまでたくさんのアマチュアゴルファー、プロゴルファーのパッティングストローク分析をしてきました。…

    パッティングストローク分析をしていて感じること
  3. アドレス時の前後の体重のかけ方

    2018.08.15

    アドレス時の前後の体重のかけ方

    アドレスしている時の重心がどこにあるか意識したことはありますか?これはつま先よりになり過ぎてもだめで…

    アドレス時の前後の体重のかけ方
  4. ミドルパット vs ショートパット 1/2

    2018.05.30

    ミドルパット vs ショートパット 1/2

    短いパットを外すっていやですよね...。せっかく250 Yardを飛ばしても、50cmを外してしまう…

    ミドルパット vs ショートパット 1/2
  5. フェース向きのコントロールの練習 2

    2018.08.7

    フェース向きのコントロールの練習 2

    今日はスクエアインパクトを練習する簡単な方法を紹介します。使うのはこれです。名刺が入…

    フェース向きのコントロールの練習 2
  6. グリップエンドの動きに注目

    2018.08.22

    グリップエンドの動きに注目

    パッティングのストローク中のグリップエンドに注目してみてください。上の動画のようにシ…

    グリップエンドの動きに注目
  7. 細いグリップが合う人

    2018.08.31

    細いグリップが合う人

    先日は太いパターグリップが合う人について話しました。今回は逆に細いグリップが合う人の話です。…

    細いグリップが合う人
  8. 初めまして、パッティングラボの遠藤です

    2018.05.22

    初めまして、パッティングラボの遠藤です

    2018年5月22日、新しいサイト「The Putting Laboratory(パッティングラボ)…

    初めまして、パッティングラボの遠藤です
  9. ショルダーストロークを正しく理解する練習グッズ1

    2018.07.27

    ショルダーストロークを正しく理解する練習グッズ1

    ショルダーストロークを正しく理解できている人がどれだけいるでしょうか?もちろん自分もつい最近まで理解…

    ショルダーストロークを正しく理解する練習グッズ1

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP