今日は今回の実験の方法を説明します。

狙う距離は1.5mで、狙う方向は1カップ左と右。1カップの定義は以下の図の通りです。


実際のカップの中心から縁までの距離は108mmの半分の54mm。そこからさらに1カップなので、プラスカップの直径の108mmになるので、1カップ左までの距離は162mmになります。

最初はカップの左縁、右縁でやって見たのですが、狙う方向がわかりやすいのでデータに有意差があまり見られませんでした。ですので実際のラウンドでよくある仮想カップを狙った時の状況を作ってやってみることにしました。

また同じ方向を続けて打つと徐々にうまく打ててしまうので、1カップ左、1カップ右を交互に10球ずつ打ちます。これで各方向10球のデータを得られますので得られたデータを分析します。

出てくるデータでまず一番比較してみたいのが打ち出し方向です。これの10球分のデータを見て、さらに平均値とばらつきを見てみます。

ここで有意差が出ると自分の弱点がわかります。

それ以外にもアドレスでどこを向いているか?、ローテーションの状態がどうなっているか?、インパクト時のヘッド軌道がどうなっているかなども興味があるところです。

これは結構面白いデータが得られるかもしれませんね。そのデータも徐々に紹介していきます。

  • コメント: 2

関連記事

  1. 左足(前足)の開き具合をどうするか?

    2018.08.16

    左足(前足)の開き具合をどうするか?

    これまでたくさんの人のアドレスを見てきました。今回のお話の足の置き方は人それぞれかなり違います。これ…

    左足(前足)の開き具合をどうするか?
  2. 打ち方と打点で転がる距離が変わる

    2019.08.9

    打ち方と打点で転がる距離が変わる

    先日のラウンドの時にすごく打っている感じなのになかなかカップに届かない人がいました。使って…

    打ち方と打点で転がる距離が変わる
  3. サイトライン無しのパターは貴重

    2019.09.5

    サイトライン無しのパターは貴重

    最近はピン型のヘッドでサイトラインが無いモデルを作っているメーカーが少なくなりました。世の…

    サイトライン無しのパターは貴重
  4. フェースミーリングと打感の関係

    2018.08.2

    フェースミーリングと打感の関係

    よくゴルフクラブは打感がどうと言う話が出てきますね。その中でもパターに関しては好きな打感というのが存…

    フェースミーリングと打感の関係
  5. ストローク中に右膝を動かさない

    2019.04.1

    ストローク中に右膝を動かさない

    パターの調子が悪くなってくると、この右膝の動きを注意しています。パッティングストローク分析…

    ストローク中に右膝を動かさない
  6. アドレスの手の位置とパターのすわり

    2018.10.9

    アドレスの手の位置とパターのすわり

    パッティングにおけるヘッドを置く位置と、手の位置の関係は本当に人それぞれになります。例えばハ…

    アドレスの手の位置とパターのすわり
  7. STABILITY Shaft 実験4

    2019.06.24

    STABILITY Shaft 実験4

    今回は STABILITY Shaft が入ったパターと、いつものエースの TrueTemper …

    STABILITY Shaft 実験4
  8. こんなになる前に交換!

    2019.09.17

    こんなになる前に交換!

    先日のラウンドでは新しいシャフトを入れたパターを持って帰るのを忘れてしまい、家にあるパターをとりあ…

    こんなになる前に交換!
  9. 普通のパットとショートパットの打ち方

    2019.01.10

    普通のパットとショートパットの打ち方

    私の場合ですが、普通のパットの打ち方と、絶対に入れたいパットの打ち方は違う打ち方です。打つ時の意識だ…

    普通のパットとショートパットの打ち方

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP