これは永遠のテーマな感じがします。

しばらく外さないでいると徐々に自信も出てきて、良いストロークができるのですが、たった一度のミスがそこまでの自信を簡単にリセットしてしまいます。パットだけではなくショットでも同じことが言えますね。ですのでいつもお客さんには言っているのですが、少し図々しい人がゴルフには向いている気がします。

どういうことかと言うと、本来たまたま出たミスを本当にたまたま出ただけだと思ってリセットできれば次に引きずらずに進めます。ですがほとんどの場合次に引きずってしまいます。パットが悪かったのに次のティショットも急にうまくいかなくなるなんて言うことは結構ありますよね。パットは特にそう言うことがあるように感じます。

でもそのミスのメカニズムがわかっていれば、慌てずに何が原因かを瞬時に整理することができます。このメカニズムを知るために何かできないかを考えました。

自分の場合短めのパットを外すときはだいたいがフックラインです。フックラインの時に何が起こっているのか?ちょっと実験してみようと思っています。

今回の実験は距離は1.5mくらいがいいですかね。カップを狙うのではなく、仮想のカップの方向を狙ってみて右と左に同じくらいの外す幅で打ってみて、データに傾向が出ると何かわかりそうな気がします。苦手なフックラインの時に何が起きているのか?わかると自分の癖をうまく味方にしてパッティングできるかもしれません。来週はずっとこの話題になりそうです(笑)。お楽しみに!

パッティングストローク分析ではまだまだ色々なことができます。こんなことができないか?というご相談も遠慮なくコメントに書いてみてください!コメント欄は下の方にあります。

  • コメント: 8

関連記事

  1. パッティングで大事なこと

    2019.11.8

    パッティングで大事なこと

    パッティングで大事なことを考えてみました。私が思うにパッティングで大事なのは前のミスを引き…

    パッティングで大事なこと
  2. 腹圧を上げて右膝をロック

    2020.04.6

    腹圧を上げて右膝をロック

    手打ちにならないために意識するところを色々考えているのですが、表題のイメージが意外とわかりやすい…

    腹圧を上げて右膝をロック
  3. 今月は15本のロフト/ライ調整

    2019.08.28

    今月は15本のロフト/ライ調整

    8月はストローク分析のキャンペーン価格もあって、パターのライ角、ロフト角の調整を15本やりました。…

    今月は15本のロフト/ライ調整
  4. 難しいパターは何が難しい?

    2020.03.31

    難しいパターは何が難しい?

    先日から難しいとか簡単とかいう話が続いていますが、今日が最後になります。みなさんが難しい…

    難しいパターは何が難しい?
  5. ほとんどの人が動いている右膝

    2018.11.28

    ほとんどの人が動いている右膝

    パッティングストロークの分析をしていると、ほとんどの方が下半身(膝)が動いてしまっています。…

    ほとんどの人が動いている右膝
  6. ショットとストロークの連動

    2020.03.5

    ショットとストロークの連動

    パッティングストロークの分析をしていると、結構な確率で起こる現象があります。これまでの打…

    ショットとストロークの連動
  7. 理想のストロークのイメージが強すぎてもいけない

    2018.12.13

    理想のストロークのイメージが強すぎてもいけない

    ストローク分析を受ける方のほとんどは、自分がどうしたいと思っているかが結構明確です。ですがま…

    理想のストロークのイメージが強すぎてもいけない
  8. 速いグリーンでのラインの読み

    2019.11.25

    速いグリーンでのラインの読み

    最近そこそこ速いグリーンでやっていてグリーンの読み方がちょっと変わった感じがします。転がり…

    速いグリーンでのラインの読み
  9. 曲がるラインを入れるルートは強さで変わる

    2018.07.23

    曲がるラインを入れるルートは強さで変わる

    このブログを見てらっしゃる方はほとんどの方がわかっていることだとは思いますが、念のため書いておきます…

    曲がるラインを入れるルートは強さで変わる

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP