これは永遠のテーマな感じがします。

しばらく外さないでいると徐々に自信も出てきて、良いストロークができるのですが、たった一度のミスがそこまでの自信を簡単にリセットしてしまいます。パットだけではなくショットでも同じことが言えますね。ですのでいつもお客さんには言っているのですが、少し図々しい人がゴルフには向いている気がします。

どういうことかと言うと、本来たまたま出たミスを本当にたまたま出ただけだと思ってリセットできれば次に引きずらずに進めます。ですがほとんどの場合次に引きずってしまいます。パットが悪かったのに次のティショットも急にうまくいかなくなるなんて言うことは結構ありますよね。パットは特にそう言うことがあるように感じます。

でもそのミスのメカニズムがわかっていれば、慌てずに何が原因かを瞬時に整理することができます。このメカニズムを知るために何かできないかを考えました。

自分の場合短めのパットを外すときはだいたいがフックラインです。フックラインの時に何が起こっているのか?ちょっと実験してみようと思っています。

今回の実験は距離は1.5mくらいがいいですかね。カップを狙うのではなく、仮想のカップの方向を狙ってみて右と左に同じくらいの外す幅で打ってみて、データに傾向が出ると何かわかりそうな気がします。苦手なフックラインの時に何が起きているのか?わかると自分の癖をうまく味方にしてパッティングできるかもしれません。来週はずっとこの話題になりそうです(笑)。お楽しみに!

パッティングストローク分析ではまだまだ色々なことができます。こんなことができないか?というご相談も遠慮なくコメントに書いてみてください!コメント欄は下の方にあります。

  • コメント: 8

関連記事

  1. ロフト調整で変わる打音

    2019.05.30

    ロフト調整で変わる打音

    インパクト時のハンドファーストもしくはハンドレイトの度合いによってインパクトロフトが変わります。…

    ロフト調整で変わる打音
  2. ゴルフ用サングラスは本当に芝目が見えやすいのか?

    2018.07.24

    ゴルフ用サングラスは本当に芝目が見えやすいのか?

    ANSERFREAK をご覧いただいている方にはレポートしましたが、最近新しいサングラスを買いました…

    ゴルフ用サングラスは本当に芝目が見えやすいのか?
  3. 細いグリップが合う人

    2018.08.31

    細いグリップが合う人

    先日は太いパターグリップが合う人について話しました。今回は逆に細いグリップが合う人の話です。…

    細いグリップが合う人
  4. ショートパットを左に外しやすい

    2019.03.22

    ショートパットを左に外しやすい

    ショートパットを左に外す人は結構多いです。そのミスのよくある原因をお話しします。思い当たる…

    ショートパットを左に外しやすい
  5. ストロークを安定させるには

    2019.03.29

    ストロークを安定させるには

    パッティングストロークの分析をしていると、ストロークの安定感に問題がある人が結構います。安…

    ストロークを安定させるには
  6. パターのライ角を合わせることの重要性

    2018.06.26

    パターのライ角を合わせることの重要性

    パッティングストロークの分析をしていてライ角が合っていない人の数は全体の2/5くらいいるような気がし…

    パターのライ角を合わせることの重要性
  7. 数値を見る際の注意

    2019.07.23

    数値を見る際の注意

    パッティングストロークの分析をすると様々な数値が出てきます。今までわからなかった自分の動き…

    数値を見る際の注意
  8. パターの芯で打つべきなのか?

    2019.08.29

    パターの芯で打つべきなのか?

    パターの芯で当たっているかをすごく気にしている方がたまにいます。パターの重心位置(芯)で打…

    パターの芯で打つべきなのか?
  9. グリップエンドの動きに注目

    2018.08.22

    グリップエンドの動きに注目

    パッティングのストローク中のグリップエンドに注目してみてください。上の動画のようにシ…

    グリップエンドの動きに注目

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP