世の中には色々なコンセプトのパターが存在します。

Edel トルクバランスパター、ODYSSEY Toe Up パター、ODYSSEY バックストライク、Heavy パター、Happy Putter、Bobby Grace Ass Kicker などまだまだあります。長尺や中尺パターもそうですね。

自分もパッティングに悩み、そんなパターを使った時期もありました。

自分がそういうパターを使った理由はストロークを矯正したかったからです。ですので、使う期間は限定していました。

しばらく使った ODYSSEY 2-Ball は真っ直ぐに引けないとすごく気になる形状で、インサイドにテークバックし過ぎる自分にとっては良い矯正パターでした。

BACKSTRYKE も Bobby Grace F18 Ass Kicker も真っ直ぐに引きやすいパターでした。これを3ヶ月くらい使っていると、もしかしたら ANSER型でもできる自信がついてきます。

そこで本来使いたいパターにスイッチしても良いイメージでストロークできるようになっています。

こんな限定的な使い方を自分はしています。でも使いたいパターって人それぞれあると思います。パターは嗜好品だと思うので自分がその気になれるパターを使うのが良いと思います。

  • コメント: 6

関連記事

  1. フォローを真っ直ぐに出す?

    2019.03.14

    フォローを真っ直ぐに出す?

    フォローを出していくイメージをヘッドを真っ直ぐに出すイメージという方が結構いらっしゃいます。…

    フォローを真っ直ぐに出す?
  2. 曲がるラインを入れるルートは強さで変わる

    2018.07.23

    曲がるラインを入れるルートは強さで変わる

    このブログを見てらっしゃる方はほとんどの方がわかっていることだとは思いますが、念のため書いておきます…

    曲がるラインを入れるルートは強さで変わる
  3. ロフト調整で変わる打音

    2019.05.30

    ロフト調整で変わる打音

    インパクト時のハンドファーストもしくはハンドレイトの度合いによってインパクトロフトが変わります。…

    ロフト調整で変わる打音
  4. パターはライ角を変えても球のつかまりは…

    2018.09.28

    パターはライ角を変えても球のつかまりは…

    パッティングでボールがつかまらないで右に行ってしまうとか、逆に引っかけてしまうということが結構あるの…

    パターはライ角を変えても球のつかまりは…
  5. フェースローテーションはするものではありません 1/2

    2018.07.17

    フェースローテーションはするものではありません 1/2

    パッティングストロークの分析をしに来ていたいた時に皆さんに聞くことがあります。最初にフリーで…

    フェースローテーションはするものではありません 1/2
  6. 肘は伸ばすのか曲げるのか?

    2018.12.18

    肘は伸ばすのか曲げるのか?

    パッティングのアドレスで肘を伸ばした方がいいのか、曲げた方がいいのかをよく聞かれます。私の答…

    肘は伸ばすのか曲げるのか?
  7. 2本の TRUECoG パター(CUPRUM/SUS303)の使い分け

    2018.07.5

    2本の TRUECoG パター(CUPRUM/SUS303)の使い分け…

    TRUECoG シリーズには3種類のヘッド素材があってそのそれぞれが全て同じ設計になっています。ヘッ…

    2本の TRUECoG パター(CUPRUM/SUS303)の使い分け
  8. 自分の基準になるストロークを作る

    2019.04.17

    自分の基準になるストロークを作る

    よくその日のグリーンのスピードをどう考えるんですか?と聞かれることがあります。そんな時にお…

    自分の基準になるストロークを作る
  9. 下半身を動かさない意識

    2018.10.17

    下半身を動かさない意識

    パッティングストロークをするときに、下半身を絶対に動かさない意識で打とうと思うと、自然にショルダース…

    下半身を動かさない意識

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP