世の中には色々なコンセプトのパターが存在します。

Edel トルクバランスパター、ODYSSEY Toe Up パター、ODYSSEY バックストライク、Heavy パター、Happy Putter、Bobby Grace Ass Kicker などまだまだあります。長尺や中尺パターもそうですね。

自分もパッティングに悩み、そんなパターを使った時期もありました。

自分がそういうパターを使った理由はストロークを矯正したかったからです。ですので、使う期間は限定していました。

しばらく使った ODYSSEY 2-Ball は真っ直ぐに引けないとすごく気になる形状で、インサイドにテークバックし過ぎる自分にとっては良い矯正パターでした。

BACKSTRYKE も Bobby Grace F18 Ass Kicker も真っ直ぐに引きやすいパターでした。これを3ヶ月くらい使っていると、もしかしたら ANSER型でもできる自信がついてきます。

そこで本来使いたいパターにスイッチしても良いイメージでストロークできるようになっています。

こんな限定的な使い方を自分はしています。でも使いたいパターって人それぞれあると思います。パターは嗜好品だと思うので自分がその気になれるパターを使うのが良いと思います。

  • コメント: 2

関連記事

  1. ストローク中にフェースの向きをどこで意識するか?

    2020.03.24

    ストローク中にフェースの向きをどこで意識するか?

    ストローク中にフェースの向きをどう意識したらいいかという話によくなります。それは右手の手…

    ストローク中にフェースの向きをどこで意識するか?
  2. しっかり芯でヒットする

    2019.08.22

    しっかり芯でヒットする

    ここ何ラウンドかでこの「芯でヒットする」ことの重要性について感じています。直近のラウンドが…

    しっかり芯でヒットする
  3. 距離感が変わる原因

    2019.12.20

    距離感が変わる原因

    先日ストローク分析をした方で距離感がなかなか合わないという方がいらっしゃいました。何が悪く…

    距離感が変わる原因
  4. フェースローテーションはするものではありません 1/2

    2018.07.17

    フェースローテーションはするものではありません 1/2

    パッティングストロークの分析をしに来ていたいた時に皆さんに聞くことがあります。最初にフリーで…

    フェースローテーションはするものではありません 1/2
  5. ソールに鉛を貼ってフェースアングルを調整

    2019.02.6

    ソールに鉛を貼ってフェースアングルを調整

    ソールに鉛を貼るときには注意が必要という話しをしました。ということは、貼り方次第で色々な調…

    ソールに鉛を貼ってフェースアングルを調整
  6. パターのライ角調整で激変

    2019.04.9

    パターのライ角調整で激変

    先日来てくださった方があまりに思い通りの結果になったのでちょっと報告です。その方はパッティ…

    パターのライ角調整で激変
  7. できあがった実験用パター

    2019.04.8

    できあがった実験用パター

    実験用のパターができあがりました。使うパーツとしては、ヘッドが「Scotty Camero…

    できあがった実験用パター
  8. フォローを必要以上に出さないために その2

    2020.01.23

    フォローを必要以上に出さないために その2

    今回も昨日に続いてフォローを必要以上に出さないための方法を...。今日のやり方の方が効き目がある…

    フォローを必要以上に出さないために その2
  9. ショルダーストローク=インサイドイン

    2019.09.11

    ショルダーストローク=インサイドイン

    私が理想のストロークと思っているのはショルダーストロークです。ですがいつも言っているように…

    ショルダーストローク=インサイドイン

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP