前回は長いこと、短いことによるデメリットについてお話ししました。ではそうならないために自分に合った長さを見つける方法を今回はお話しいたします。


上の画像のように少し長めの棒を持って、棒の先端部分をミラーに映った目と目の間くらいに来るように構えます。もちろんこれは実際にお持ちのパターでも良いのですが、なるべく想定する長さよりも長いものが良いです。

アドレス時の体重はつま先でもかかとでもなく、足裏全体で立っていることが重要です。この状態で左右の脇はしっかり締まっていて、脇から肘までの間の半分くらいが体に密着するくらいの感覚で握れる場所を探します。

前傾の角度は無理のない姿勢で良いと思います。手の位置は体に近すぎず遠すぎず、肩の位置の真下くらいに来るのが良いでしょう。この時にヘッドのトウが浮いたり、ヒールが浮いたりは気にしないでください。優先するのは自分が置きたい手の位置です。

この位置に合わせて今度はパターのライ角を調整するということになります。私は結構前傾がある方で、猫背で、さらに手の位置が低いです。これに合わせるとライ角もフラットになりますので、だいたいのパターは68~69度に調整して使っています。

なかなか自分一人ではやりにくいかもしれませんが、パターに合わせて手の位置を決めたり、前傾の角度を決めたりすることはお勧めできません。パッティングストローク分析でもこの最適な長さやライ角を決定することができます。

パッティングストローク分析に関する詳しい情報は…
https://www.puttinglabo.com/?product=stroke-analysis

  • コメント: 0

関連記事

  1. ショートパットのミスを知る実験 打ち出し方向編

    2018.07.3

    ショートパットのミスを知る実験 打ち出し方向編

    まずは簡単に違いがわかるところから見ていきましょう。1カップ左、および右の角度は先日のタンジ…

    ショートパットのミスを知る実験 打ち出し方向編
  2. 利き手の手の平なのか?反対の手の甲なのか?

    2018.09.3

    利き手の手の平なのか?反対の手の甲なのか?

    フェースを真っ直ぐに向けるイメージは人によって作り方が異なります。自分の場合は間違いなく利き…

    利き手の手の平なのか?反対の手の甲なのか?
  3. アドレス時の前後の体重のかけ方

    2018.08.15

    アドレス時の前後の体重のかけ方

    アドレスしている時の重心がどこにあるか意識したことはありますか?これはつま先よりになり過ぎてもだめで…

    アドレス時の前後の体重のかけ方
  4. 初めまして、パッティングラボの遠藤です

    2018.05.22

    初めまして、パッティングラボの遠藤です

    2018年5月22日、新しいサイト「The Putting Laboratory(パッティングラボ)…

    初めまして、パッティングラボの遠藤です
  5. フォワードプレスの勧め

    2018.08.21

    フォワードプレスの勧め

    フォワードプレスという言葉を聞いた事がある方は結構いると思います。自分も微妙にですがこれをしてい…

    フォワードプレスの勧め
  6. BORON BLACK に BLACK の色入れ

    2018.08.28

    BORON BLACK に BLACK の色入れ

    先日パターヘッドのカスタムの依頼を受けました。パターは2本。どちらもツヤ無しのボロンブラック…

    BORON BLACK に BLACK の色入れ
  7. 自分に合っているパターとは?

    2018.06.1

    自分に合っているパターとは?

    この質問はパッティングストロークの分析をしていてよく聞かれる質問です。一般的にはフェースロー…

    自分に合っているパターとは?
  8. SUS303 Rocker Sole Remake を作る 5 「表面処理/打刻/色入れ」

    2018.09.13

    SUS303 Rocker Sole Remake を作る 5 「表面…

    今回の Rocker Sole Remake はバックフェースの彫刻がある SUS303 素材のモデ…

    SUS303 Rocker Sole Remake を作る 5 「表面処理/打刻/色入れ」
  9. フェース向きのコントロールの練習 2

    2018.08.7

    フェース向きのコントロールの練習 2

    今日はスクエアインパクトを練習する簡単な方法を紹介します。使うのはこれです。名刺が入…

    フェース向きのコントロールの練習 2

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP