昨日までお話しした通り、理想の動きをすれば自然にそのパターに合った動きになるというのは何となく理解いただけたと思います。

ただほとんどの人は色々な癖が染みついているのと、なんとなく入るような調整はしています。

アウトにヘッドが上がっている人はフェースオープンで当たっている人がほとんど。逆にフェースが閉じて当たっている人はインサイドアウトに打っている人がほとんどです。

狙った方向に打ち出せない(打ち出す方向は合っていても角度が違う)原因は、知らない人がほとんどです。

パッティングストロークの分析をすることは、色々な意味があります。

  自分の動きの癖を知ってうまくいかないことの原因を知る
  自分のやろうとしている動きはどのくらいの意識でできるのかを知る
  今の打ち方は変えられないことを知る

などです。最後の今の打ち方は変えられないということを受け入れるというのは大変なことですが、いくらやろうと思ってもできないことは必ずあります。

それをやろうとして5回に1回はできるようになっても、それは毎回できる自然な動きではありません。自分が自然にできる動きはどんな動き化を知って、再現性高くできるストロークを探すお手伝いをするのが、パッティングカウンセリング/ストローク分析です。

パッティングカウンセリング/ストローク分析に関する詳しい情報は…
https://www.puttinglabo.com/?product=stroke-analysis

  • コメント: 0

関連記事

  1. Spider X が悪いわけでは無い…

    2020.02.26

    Spider X が悪いわけでは無い…

    前回使った Spider X が何で結果が悪かったかを考えてみました。いつもと違う点はイ…

    Spider X が悪いわけでは無い…
  2. 直さなくてもいい事もある

    2020.03.3

    直さなくてもいい事もある

    ストローク分析をしていて、ここは修正した方が良いと思う点と、ここはそのままでいいと思う点がありま…

    直さなくてもいい事もある
  3. 「無意識のパッティング」 その3

    2020.04.15

    「無意識のパッティング」 その3

    今日も無意識のパッティングの話です。こんな言葉がありました。「メカニズムについて考えなが…

    「無意識のパッティング」 その3
  4. 旗竿を抜かずにプレーする

    2019.02.26

    旗竿を抜かずにプレーする

    旗をさしたままプレーするときにこんな風にしたら良さそうだという話しをちょっとします。まず、旗竿に当…

    旗竿を抜かずにプレーする
  5. TaylorMade TRUSS パターの調整

    2020.07.2

    TaylorMade TRUSS パターの調整

    先日パターのロフトライ調整にいらしていただいたお客様が翌日にも来ていただきました。今回の調…

    TaylorMade TRUSS パターの調整
  6. コースで打つ方が打感が良い

    2019.06.25

    コースで打つ方が打感が良い

    自宅のパッティングマットで打っている時と、グリーン上で打っている時の感覚が違うということが結構あり…

    コースで打つ方が打感が良い
  7. 距離感を狂わす要因

    2019.05.29

    距離感を狂わす要因

    パッティングで距離感が合わなくなる要因はかなりたくさんあります。一番多いのは前に打った人が…

    距離感を狂わす要因
  8. ボールの位置を少し変えるだけで

    2019.10.18

    ボールの位置を少し変えるだけで

    先日のストローク分析での話。フェースは右向きなので、ストローク軌道はアウトサイドインになっ…

    ボールの位置を少し変えるだけで
  9. ボールをフェースに乗せて運ぶ その2

    2019.01.8

    ボールをフェースに乗せて運ぶ その2

    理想は少しハンドファーストでアッパー軌道で当たるのが動き的には良い動きになります。そして左右…

    ボールをフェースに乗せて運ぶ その2

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP