ストロークを始めるまでに時間がかかってしまう人が結構います。

原因は色々ありますが、その一つにパターのすわりが自分のポジションに来ていない人がかなりの割合でいます。

パターがすわりたい場所と、それによって決まるグリップの場所が自分の置きたい手の位置と一致していないとなんだか気持ちが悪くてムズムズしてしまいます。

ですのでパターの調整はこの部分も念頭に置いて調整します。置きたい手の位置、グリップするときの手首の角度を考えながら調整することになります。

それともう一つピタッと決まらない原因の一つとしては色々ストロークをする際のチェックポイントがあり過ぎて、それを考えてしまうがゆえに長くなってしまうパターンです。

どちらにしてもアドレスまでに時間がかかったり、アドレスしてから動き出すのに時間がかかってしまうと、同伴プレーヤーはちょっと気になるものです。

いつも回る人であれば見ないようにするとか、その間自分でできることを淡々と進めたりします。

同伴プレーヤーのリズムで自分のリズムが崩されるのはつまらない話なので、なるべくそういう時間はただそれを見ているのではなく、その間にできることをするようにしています。

心当たりのある方はパターの調整をするとすんなりストロークに入れるようになるかもしれませんので、是非ご相談ください。

  • コメント: 0

関連記事

  1. 本当にパッティングが悪かったのか?

    2020.01.17

    本当にパッティングが悪かったのか?

    パッティングの結果は結構ラウンドでひきずることがあります。でもそれってもしかしたらパッテ…

    本当にパッティングが悪かったのか?
  2. フェースの上の方で打たない意識

    2019.07.2

    フェースの上の方で打たない意識

    パッティングストローク分析に来ていただき、フェース面のどのあたりで打っているかを見ていただくと色々…

    フェースの上の方で打たない意識
  3. ルーティーンのどこで距離感を作るか?

    2020.02.20

    ルーティーンのどこで距離感を作るか?

    距離感を作るには目標地点(カップ)まで届かせるイメージを持ちながら素振りなどをする場合が多いです…

    ルーティーンのどこで距離感を作るか?
  4. 実験用に懐かしいパターを

    2020.09.23

    実験用に懐かしいパターを

    ラウンドの帰りに家からそう遠くないところにできた二木ゴルフの中古ショップに行って珍しいものを発見。…

    実験用に懐かしいパターを
  5. テークバックを小さくは禁物です

    2020.08.4

    テークバックを小さくは禁物です

    先日テークバックが小さい方がいらっしゃいました。小さいテークバックなのでボールに力が伝わりづらく、…

    テークバックを小さくは禁物です
  6. ショートパットで何を気をつける?

    2019.08.16

    ショートパットで何を気をつける?

    以前は1mくらいのパットを外すことがたまにありました。プッシュしたりひっかけたり...です…

    ショートパットで何を気をつける?
  7. いつも通り打つ

    2019.10.1

    いつも通り打つ

    この「いつも通り」というのがゴルフでは結構難しいことです。いつも通りできないと言うことは、…

    いつも通り打つ
  8. コースで打つ方が打感が良い

    2019.06.25

    コースで打つ方が打感が良い

    自宅のパッティングマットで打っている時と、グリーン上で打っている時の感覚が違うということが結構あり…

    コースで打つ方が打感が良い
  9. 打点の意識と縦の軌道

    2018.11.19

    打点の意識と縦の軌道

    少し前にボールの横に電池を置いて、フェースの下の方で打つ感覚を養う練習について話しました。そ…

    打点の意識と縦の軌道

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP