たまに来てくださるお客さんが新しい SuperStroke のグリップを入れて、それに合わせてロフト調整をしたいとのことでいらしていただきました。

アームロックや、リストロックにするとかなりハンドファーストになるので、ロフトを大きくしないとロフトがマイナスロフトになってしまいます。

ということで徐々に曲げながらロフトを10度にしたところでしっくりくる位置になりました。

そして今回持ち込まれたグリップはリストロックグリップでこんな形です。

グリップを握って手首に角度ができたところにこのでっぱりを密着させる感じです。

これだとデシャンボーや、マットクーチャーの脳に長くする必要がなく、1~2インチほど長ければこのグリップにするだけでリストをロックすることができます。

なかなか面白いですね。インパクトにかけてリストアクションを使ってしまう人にはこういう改造はなかなか良さそうです。

ちょっとやってみたくなってきました。でもPING型にはちょっと合わないのでマレットでやってみる感じですかね…。

  • コメント: 0

関連記事

  1. コースで打つ方が打感が良い

    2019.06.25

    コースで打つ方が打感が良い

    自宅のパッティングマットで打っている時と、グリーン上で打っている時の感覚が違うということが結構あり…

    コースで打つ方が打感が良い
  2. SUS303 Rocker Sole Remake を作る 3 「ロフト角/ライ角」

    2018.09.10

    SUS303 Rocker Sole Remake を作る 3 「ロフ…

    今回はロフト角とライ角の決定です。ここは転がりに影響する一番重要なところです。このスペックの…

    SUS303 Rocker Sole Remake を作る 3 「ロフト角/ライ角」
  3. 左目の下にボールは絶対か?

    2019.12.2

    左目の下にボールは絶対か?

    アドレスで左目の下にボールがあると良いということを知っている方は結構いらっしゃいます。ただ…

    左目の下にボールは絶対か?
  4. ストローク軌道が作るフェースの向き

    2019.10.17

    ストローク軌道が作るフェースの向き

    昨日のパターンとは逆でストローク軌道が先に決まってそれに合わせてフェースの向きができている人もいま…

    ストローク軌道が作るフェースの向き
  5. シャットにテークバックする意識

    2019.09.13

    シャットにテークバックする意識

    ストローク分析にこられた方にはよく言うのが、「シャットにあげる意識」です。シャットにあげよ…

    シャットにテークバックする意識
  6. 肩のラインがどこを向いているか?

    2019.05.9

    肩のラインがどこを向いているか?

    昨日のスタンスの向きに続いて、肩のラインがどこを向いているかも、テークバックのしやすさにかなり影響…

    肩のラインがどこを向いているか?
  7. 速いグリーンでのラインの読み

    2019.11.25

    速いグリーンでのラインの読み

    最近そこそこ速いグリーンでやっていてグリーンの読み方がちょっと変わった感じがします。転がり…

    速いグリーンでのラインの読み
  8. 自分のスタイルを変えたくない

    2020.05.20

    自分のスタイルを変えたくない

    パッティングに関する相談を受けたときに、ほとんどの方は今の打ち方を変えても良いと言っていらっしゃい…

    自分のスタイルを変えたくない
  9. アマラインに外れてませんか?

    2019.03.28

    アマラインに外れてませんか?

    先日のラウンドで思ったことなのですが、アマラインにばかり外れる人がいました。アマラインとい…

    アマラインに外れてませんか?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP