今日は少しやってみていただきたいことがあります。

まずパターを普段通りに構えて見てください。この状態から腕の形を崩さずに起き上がって、パターヘッドが顔の高さになるようにしてください。体は真っ直ぐに立っていて大丈夫です。

この状態でトウは上を向いています。このパターをテークバックの方向に動かそうとするとフェースが開きたがっているのがわかると思います。

この開きたがる度合いが昨日お話しした重心角によって変わってくるんです。

L字マレットのように重心角が大きいパターはすごく開きたがるということになります。フェースが開かないと思っている方が多いフェースバランスのパターも開きたがるのがわかるはずです。

フェースバランスのパターもトウが上を向いていれば90度開く方向がフェースバランスになりますので、これも真っ直ぐには動きません。

そして更に感じていただきたいのが、開きたがる重心角の大きいパターほどインサイドに入りたがるということです。

これはバランスの影響もあって、重いパターはインサイドに入ってくる感覚が強くなります。

これを感じていただくと手は何もしなくてもフェースは開くし、インサイドに入ってくる軌道になることがわかっていただけると思います。

  • コメント: 0

関連記事

  1. 下半身を動かさない意識

    2018.10.17

    下半身を動かさない意識

    パッティングストロークをするときに、下半身を絶対に動かさない意識で打とうと思うと、自然にショルダース…

    下半身を動かさない意識
  2. 「無意識のパッティング」 その1

    2020.04.13

    「無意識のパッティング」 その1

    緊急事態宣言にともない、営業を自粛しているので時間がたくさんできました。その間に読んでみたい本や…

    「無意識のパッティング」 その1
  3. 不安定な動きには原因がある

    2019.03.7

    不安定な動きには原因がある

    パッティングストロークにおいて不安定になっている要素にはそれぞれ原因があります。例えばイン…

    不安定な動きには原因がある
  4. フォローを必要以上に出さないために その1

    2020.01.22

    フォローを必要以上に出さないために その1

    先日パッティングストロークの分析をしていて小さいテークバックから、かなり大きなフォローを出す人が…

    フォローを必要以上に出さないために その1
  5. しっかり届かせようと思っているのに届かない

    2019.10.25

    しっかり届かせようと思っているのに届かない

    しっかり打ってカップまで届かせようと思っているのにどうしても届かないってときありますよね。…

    しっかり届かせようと思っているのに届かない
  6. パターヘッドの重量・バランスを考える 1/2

    2018.06.12

    パターヘッドの重量・バランスを考える 1/2

    パターヘッドの重量は色々なものがあります。通常の34インチ前後の長さのパターにおいて軽い物は320g…

    パターヘッドの重量・バランスを考える 1/2
  7. 転がりの良いボールを打つには

    2019.04.10

    転がりの良いボールを打つには

    ボールの転がりの評価は、クラブの縦の軌道と当たるときのインパクトロフトです。その組み合わせ…

    転がりの良いボールを打つには
  8. STABILITY Shaft 実験5

    2019.06.26

    STABILITY Shaft 実験5

    STABILITY Shaft 装着のパターと、通常のシャフトを装着したパターの比較を SAM P…

    STABILITY Shaft 実験5
  9. インパクト後の余計な動き

    2018.11.8

    インパクト後の余計な動き

    結構このインパクト後の余計な動きをされる方が多いです。この余計な動きが自分が行きたくない方向…

    インパクト後の余計な動き

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP