昨日お話しした体が浮く問題についてもう少し考えてみました。

どうして体が浮くんですかね?精神的な部分と体の部分と両方に原因があると思っています。

まず精神的な部分としては、早くボールの行方を見たいという気持ちから体を起こしてボールを見に行く動作がそうさせています。

自分の場合も少なからずそういうことがある傾向にあります。以前アドレス時の画像と、インパクト時の画像を並べてみたことがありますのでご覧ください。
https://www.puttinglabo.com/?p=2253

これもインパクト時に微妙に起きていますよね。起きると自分の場合フェースは閉じることはなく開いていってしまいます。

そしてもう一つ体の部分で起きる原因があります。それはしっかり腹圧を上げていない状態だと起き上がりやすくなります。

しっかり丹田に力を入れてストロークできていれば起き上がりにくくなることは先日の練習でも明らかでした。

とにかく打った後にすぐにボールを見に行くために頭を上げない、そしてしっかり腹圧を上げて打つということがミスを少なくしてくれそうです。

  • コメント: 0

関連記事

  1. 左目の下にボール

    2018.12.21

    左目の下にボール

    パッティングストロークの分析にいらしてくださった方からどんなことを気をつけてストロークしていますか?…

    左目の下にボール
  2. パッティングに関する色々な分布 1 Consistency

    2018.09.14

    パッティングに関する色々な分布 1 Consistency

    今日は パッティングストローク分析を受けてくれた方のデータを紹介します(数年前のデータですが...)…

    パッティングに関する色々な分布 1 Consistency
  3. パッティングで大事なことは…

    2019.09.30

    パッティングで大事なことは…

    最近ラウンドしていてパッティングに大事なことは「決めること」だなとつくづく思っています。決…

    パッティングで大事なことは…
  4. ロフト調整で変わる打音

    2019.05.30

    ロフト調整で変わる打音

    インパクト時のハンドファーストもしくはハンドレイトの度合いによってインパクトロフトが変わります。…

    ロフト調整で変わる打音
  5. パターの重心で打つこと

    2019.06.5

    パターの重心で打つこと

    パターの重心がどこにあるか意識したことがありますか?パターにはサイトラインやサイトドットが…

    パターの重心で打つこと
  6. Super Stroke Traxion Claw Grip

    2020.09.8

    Super Stroke Traxion Claw Grip

    先日の Wrist Lock グリップに引き続き、今日はクローグリップ用のグリップの紹介です。…

    Super Stroke Traxion Claw Grip
  7. テークバックでソールが引っかかる

    2020.06.3

    テークバックでソールが引っかかる

    こんな悩みを持った方は結構いるかもしれませんね。テークバックで地面に引っかかってしまうと、…

    テークバックでソールが引っかかる
  8. 身体を動かさないとできないショルダーストローク

    2018.10.23

    身体を動かさないとできないショルダーストローク

    ショルダーストロークのイメージを伝えるのは結構大変なので、いつもは練習グッズを使って体感してもらって…

    身体を動かさないとできないショルダーストローク
  9. パターの長さと身長

    2019.04.11

    パターの長さと身長

    パターの長さを身長で決めている方が多いです。身長が180cmだから35インチとか、身長が1…

    パターの長さと身長

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP