先日のラウンドで気が付いたことがありますのでちょっとお話しします。

少し速めのグリーンだったので、ショートパットを何度か外してしまいました。こういう時はだいたいスコアが良くないですね。

入らないとその後のパットに引きずって自信を持って打てなくなってきます。そうすると悪いスパイラルに入って行ってしまいますよね。

今回右に外すことが多くてラウンド後に色々試してみました。ラインは結構曲がるラインで1.5~2mくらいの距離を練習しました。

カップ1つくらい曲がるスライスラインは開いたらどんどん右に切れていきます。しっかり思った方向に打ち出すことが目的の練習でした。

で、気付いたのは状態が起きるタイミングが早いことでした。そこで少し前傾をキープする意識を長くするようにしたら、ショルダーストロークをしていさえすれば思った方向に打ち出す確率がかなりアップしました。

体が起きるとボールは右に飛びやすくなりますね。しっかりボールをつかまえて打てれば芝目や傾斜の影響は受けにくくなることも確認できました。

次回のラウンドはこのあたりを注意しながらやってみようと思います。皆さんもちょっと意識してやってみてください。

  • コメント: 0

関連記事

  1. どうやって打つか考えない?

    2019.12.19

    どうやって打つか考えない?

    ストローク分析で最初に打ちながらお話しをしているときに、どんなことを意識しながら打っているかを必ず…

    どうやって打つか考えない?
  2. 修正が難しいパターンに遭遇

    2019.09.4

    修正が難しいパターンに遭遇

    先日ストローク分析に来ていただいた方で、その方がしたいと思うストロークにするためのイメージづくりが…

    修正が難しいパターンに遭遇
  3. パターのロフト調整は…

    2018.10.2

    パターのロフト調整は…

    パッティングストロークの分析を受けていただくと、インパクト時のハンドファーストの度合いや上下のストロ…

    パターのロフト調整は…
  4. 真っ直ぐ引いて真っ直ぐ出す?

    2019.07.22

    真っ直ぐ引いて真っ直ぐ出す?

    よく自分のストロークをこう表現する方がいらっしゃいます。イメージとしてはフェースの向きが変…

    真っ直ぐ引いて真っ直ぐ出す?
  5. 期待しすぎないパッティング

    2018.11.20

    期待しすぎないパッティング

    私自身も含めてパッティングの結果を期待し過ぎている方が多いと思います。期待が大きければ大きい…

    期待しすぎないパッティング
  6. 今年も一年ありがとうございました

    2018.12.28

    今年も一年ありがとうございました

    2018年の更新は今日で最後となります。今日はご挨拶のみとなります。パターやパッティングに関…

    今年も一年ありがとうございました
  7. 自分の基準になるストロークを作る

    2019.04.17

    自分の基準になるストロークを作る

    よくその日のグリーンのスピードをどう考えるんですか?と聞かれることがあります。そんな時にお…

    自分の基準になるストロークを作る
  8. なぜショートパットを外すのか?

    2018.06.29

    なぜショートパットを外すのか?

    これは永遠のテーマな感じがします。しばらく外さないでいると徐々に自信も出てきて、良いストロー…

    なぜショートパットを外すのか?
  9. パターのライ角を合わせることの重要性

    2018.06.26

    パターのライ角を合わせることの重要性

    パッティングストロークの分析をしていてライ角が合っていない人の数は全体の2/5くらいいるような気がし…

    パターのライ角を合わせることの重要性

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP