練習をあまりしない方が良いという言い方をしたくはないのですが、明らかに練習をし過ぎで悪い方向に行ってしまっている方が結構いらっしゃいます。

上達するためには練習は必要なのですが、その練習が正しいのか?を確認しながら練習することが一番重要です。

そのために手近にあるものをうまく使うことをお勧めします。

これをやらないと練習をたくさん一生懸命やる人ほど徐々に直すはずが反対方向に行ってしまうことがあります。

その時は真っ直ぐに引いていたと思っていたテークバックの軌道が実はインサイドに引いていた。これをストレートにするためにどんな意識をしたらいいかを色々試してみたら、少しアウトにあげるイメージだった。

少しアウトにあげるイメージで最初のうちは真っ直ぐに行くのですが、ずっとそのままの意識でやっていると本当にアウトに上がっていく場合が多いです。

ですのでそれを防ぐためにアウトにあげるとなにかにぶつかるとかいう工夫をしてやると良いと思います。

ストロークの修正は直す部分をしっかり理解して複数個所をいっぺんに直すのはやめた方が良いです。同時に2ヵ所以上意識することは手を動かなくさせる原因にもなります。

  • コメント: 0

関連記事

  1. CAPTO 検証5 トウアップ/ヒールアップ

    2020.05.1

    CAPTO 検証5 トウアップ/ヒールアップ

    今日はトウアップ、ヒールアップ時のデータを比較してみました。このアドレス(インパクト)で…

    CAPTO 検証5 トウアップ/ヒールアップ
  2. ストロークを分析するメリット

    2020.01.10

    ストロークを分析するメリット

    パッティングストロークには理想の動きはあると思っています。やはり手の意識を無にして体で動ければ、…

    ストロークを分析するメリット
  3. ショルダーストローク=インサイドイン

    2019.09.11

    ショルダーストローク=インサイドイン

    私が理想のストロークと思っているのはショルダーストロークです。ですがいつも言っているように…

    ショルダーストローク=インサイドイン
  4. CAPTO でデータチェック

    2020.04.20

    CAPTO でデータチェック

    自粛で時間がある間に CAPTO で色々な打ち方のデータを取ってみる予定です。今考えている…

    CAPTO でデータチェック
  5. 「無意識のパッティング」 その4

    2020.04.16

    「無意識のパッティング」 その4

    今日で最後の「無意識のパッティング」の話です。今日は自分自身も少し考え方に影響を受けた重要な話で…

    「無意識のパッティング」 その4
  6. ボールを置く位置が左過ぎないか?

    2018.10.12

    ボールを置く位置が左過ぎないか?

    みなさんボールを置く位置はある程度一定になっている方が多いです。ですが、そこに置いているからいつも同…

    ボールを置く位置が左過ぎないか?
  7. 久しぶりの手詰りな状況

    2020.02.25

    久しぶりの手詰りな状況

    先日のラウンドでは予期せぬことがたくさん起こりました。3パットをすることはあまりないので…

    久しぶりの手詰りな状況
  8. 理想のストロークが入るわけではない

    2020.01.8

    理想のストロークが入るわけではない

    この手の話は何度もしていますが、やはりみなさん綺麗な打ち方で打ちたいという願望が大きいせいか、ど…

    理想のストロークが入るわけではない
  9. 下半身を動かさない意識

    2018.10.17

    下半身を動かさない意識

    パッティングストロークをするときに、下半身を絶対に動かさない意識で打とうと思うと、自然にショルダース…

    下半身を動かさない意識

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP