最近体がぶれないためにどこを動かさない意識でやるのが良いか色々考えています。

ただ止めてしまったのが原因でスムーズなストロークができなくなってしまうのは困ります。

今考えているのは上半身と下半身で考えているのですが、下半身の部分が難しく、下半身は腰を止めていれば動かないということがなんとなくわかってきました。

膝が動けば腰が動いて肩が動いてしまう連鎖が起きます。これは体が開く原因にもなります。ということは肩と膝の間の腰の位置を動かさない意識でできれば良さそうです。

そして上半身はどこを意識するかを考えてみたのですが、これはどうやら体の前の首の付け根部分のイメージが一番良さそうです。

首の付け根を動かさずに両側の腰を動かさない。この状態でテークバックでは左の脇を縮めて、フォワードストロークの時には右の脇を縮める動きをすると良い動きになれそうです。

なかなか難しい表現かもしれませんが、この3点を動かさない意識で左右均等に動ければ、パターのスペックに合わせたストロークが意識せず自然にできる動きができるのではないかと考えています。

何かわかりやすい説明方法が無いか考えていますので、見つかったらまたここでお見せしたいと思っています。

  • コメント: 0

関連記事

  1. 太くて軽いグリップに注意

    2019.10.11

    太くて軽いグリップに注意

    最近太いのに重量が軽いパター用グリップが流行っていますね。SuperStroke はその代…

    太くて軽いグリップに注意
  2. 打感とボールの硬さ/柔らかさ

    2019.03.15

    打感とボールの硬さ/柔らかさ

    パッティングで打感という話が結構出てきます。少し前までは柔らかい打感が良くて硬い打感はダメ…

    打感とボールの硬さ/柔らかさ
  3. アドレス時のフェース向き

    2018.11.12

    アドレス時のフェース向き

    パッティングストローク分析をしていただくと、一番最初に出てくるのがアドレス時のフェースの向きです。…

    アドレス時のフェース向き
  4. パッティングで変えられないこと

    2019.10.30

    パッティングで変えられないこと

    パッティングで人それぞれ変えられないところが存在すると思っています。その変えられないところ…

    パッティングで変えられないこと
  5. 速いグリーンのラウンド前の練習

    2019.12.24

    速いグリーンのラウンド前の練習

    先日行ったゴルフ場のグリーンがめっちゃ速かったんです。数字的には 10.5ft でそれほどでもない…

    速いグリーンのラウンド前の練習
  6. ラウンド前のパター練習

    2018.11.14

    ラウンド前のパター練習

    みなさんラウンド前にショットの練習はしなくてもパットの練習はしている方が多いと思います。今日は私がど…

    ラウンド前のパター練習
  7. 打感の柔らかいパターのロフト設定

    2019.10.2

    打感の柔らかいパターのロフト設定

    パターの調整をされる方で ODYSSEY のように樹脂の柔らかいインサートが入ったパターを調整され…

    打感の柔らかいパターのロフト設定
  8. パターの形状とローテーション

    2019.11.29

    パターの形状とローテーション

    パターの形状とローテーションの度合いを絡めて話されることが多いですが、これは正しいショルダーストロ…

    パターの形状とローテーション
  9. PING型はカッコイイけど難しい?

    2019.11.19

    PING型はカッコイイけど難しい?

    パッティングストロークの分析にいらして「本当はカッコイイPING型を使いたいんですけど難しい感じが…

    PING型はカッコイイけど難しい?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP