最近体がぶれないためにどこを動かさない意識でやるのが良いか色々考えています。

ただ止めてしまったのが原因でスムーズなストロークができなくなってしまうのは困ります。

今考えているのは上半身と下半身で考えているのですが、下半身の部分が難しく、下半身は腰を止めていれば動かないということがなんとなくわかってきました。

膝が動けば腰が動いて肩が動いてしまう連鎖が起きます。これは体が開く原因にもなります。ということは肩と膝の間の腰の位置を動かさない意識でできれば良さそうです。

そして上半身はどこを意識するかを考えてみたのですが、これはどうやら体の前の首の付け根部分のイメージが一番良さそうです。

首の付け根を動かさずに両側の腰を動かさない。この状態でテークバックでは左の脇を縮めて、フォワードストロークの時には右の脇を縮める動きをすると良い動きになれそうです。

なかなか難しい表現かもしれませんが、この3点を動かさない意識で左右均等に動ければ、パターのスペックに合わせたストロークが意識せず自然にできる動きができるのではないかと考えています。

何かわかりやすい説明方法が無いか考えていますので、見つかったらまたここでお見せしたいと思っています。

  • コメント: 0

関連記事

  1. 高麗グリーンで気をつけること

    2018.12.10

    高麗グリーンで気をつけること

    先日久しぶりに高麗グリーンでプレーしてきました。高麗グリーンはベントグリーンと違いパッティン…

    高麗グリーンで気をつけること
  2. フェースローテーションでパターを選ぶ?

    2018.09.27

    フェースローテーションでパターを選ぶ?

    色々なメーカーでパターの種類を選ぶためにフェースローテーションの度合いや、ストローク軌道で選ぶという…

    フェースローテーションでパターを選ぶ?
  3. パターの形状とローテーション

    2019.11.29

    パターの形状とローテーション

    パターの形状とローテーションの度合いを絡めて話されることが多いですが、これは正しいショルダーストロ…

    パターの形状とローテーション
  4. セットアップ時のライ角

    2019.03.6

    セットアップ時のライ角

    何度か話題にしたことがありますが、アドレス時にライ角が適正かどうかは、フェースの向きを合わせる動き…

    セットアップ時のライ角
  5. 綺麗なストロークが入るわけではない

    2019.07.11

    綺麗なストロークが入るわけではない

    パッティングストロークン分析をしてみると、ほとんどの方が自分の理想とはかけ離れていてがっかりしてい…

    綺麗なストロークが入るわけではない
  6. 実験の条件を検討中

    2019.04.5

    実験の条件を検討中

    ヘッドはウェイトが変えられる Scotty Cameron NEWPORT、シャフトは ATTAS…

    実験の条件を検討中
  7. パターのライ角調整で激変

    2019.04.9

    パターのライ角調整で激変

    先日来てくださった方があまりに思い通りの結果になったのでちょっと報告です。その方はパッティ…

    パターのライ角調整で激変
  8. クローグリップは球が転がる

    2019.07.1

    クローグリップは球が転がる

    自分だけなのかもしれませんが、どうしても打てなくなってショートしがちになった時はクローグリップに切…

    クローグリップは球が転がる
  9. 太いグリップが合う人

    2018.08.30

    太いグリップが合う人

    パター用のグリップは本当にたくさんの種類があります。色々な素材、色々な色、そして色々な形状.…

    太いグリップが合う人

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP