昨日はパッティングストロークをする際に止めておきたい場所についてお話ししました。

今回は先日の3ヵ所を止めたうえで動かす場所についてお話しします。もしかしたら今回の表現は4スタンス理論で言うBタイプ的な表現かもしれませんので、色々な表現で書いておきます。

昨日は腰を止めるという表現をしましたが、感覚的には股関節を動かさない感じです。この表現が少しBタイプっぽいかもしれません。

もう一か所の動かしたくない場所は首の付け根です。これもちょっとそんな表現の感じがあるので、首の前側の意識が良い人もいますし、首の後ろ側の意識の方が良い人もいます。

この3ヵ所を動かさないで左脇、右わきを動かせるとショルダーストロークになります。

テークバックでは左脇を縮めて、フォワードストロークでは右わきを縮めるイメージです。

この縮めるという表現もBタイプっぽいので、こんな表現もできます。

テークバックでは右脇を伸ばして、フォワードストロークでは左脇を伸ばすイメージと同じになります。

止めるべき場所を止めて動かせる場所を動かす。これをやるためにはかなりの腹筋と背筋を使います。

正しいパッティングストロークは楽な動作ではありません。まずは腹筋に力を入れて腹圧を上げて、やるだけでもかなりストロークは安定すると思います。

それができるようになったら今回の止める場所、動かす場所を意識してやってみてください。

  • コメント: 0

関連記事

  1. CAPTO 検証2 打点の影響2

    2020.04.22

    CAPTO 検証2 打点の影響2

    今日の検証は上下の打点の違いによる影響をエネルギーロスに注目して検証してみました。このデー…

    CAPTO 検証2 打点の影響2
  2. 本当にパッティングが悪かったのか?

    2020.01.17

    本当にパッティングが悪かったのか?

    パッティングの結果は結構ラウンドでひきずることがあります。でもそれってもしかしたらパッテ…

    本当にパッティングが悪かったのか?
  3. フェースの向きが作るストローク軌道

    2019.10.16

    フェースの向きが作るストローク軌道

    インパクト時のフェースの向きはなかなか直すのが難しい部分です。インパクト時のフェースの向き…

    フェースの向きが作るストローク軌道
  4. パターのライ角調整します!

    2019.08.8

    パターのライ角調整します!

    パターのライ角調整をした方が良い人は結構いらっしゃいます。ですが調整をしてもらいたくてもできないと…

    パターのライ角調整します!
  5. なぜショートパットが難しいか? Part 2

    2020.05.8

    なぜショートパットが難しいか? Part 2

    先日読み始めた本に、確かにそういうこともあるかもしれないなという記述があったのでちょっと触れておき…

    なぜショートパットが難しいか? Part 2
  6. ロングパットで考えること

    2019.01.15

    ロングパットで考えること

    みなさんロングパットでどんなことを考えていますか?私はとにかく2パットで確実に行けるパットを…

    ロングパットで考えること
  7. パッティングは引きずらないこと

    2019.04.2

    パッティングは引きずらないこと

    パターがうまくいかない人の多くは一度のミスを次のパットに引きずってしまっています。普段通り…

    パッティングは引きずらないこと
  8. ロフト角/ライ角調整は想像以上の効果

    2019.11.26

    ロフト角/ライ角調整は想像以上の効果

    以前から自分に合ったロフト角、ライ角に合わせることの重要性について話してきましたが、もう一度お話し…

    ロフト角/ライ角調整は想像以上の効果
  9. 真っ直ぐ引いて真っ直ぐ出す?

    2019.07.22

    真っ直ぐ引いて真っ直ぐ出す?

    よく自分のストロークをこう表現する方がいらっしゃいます。イメージとしてはフェースの向きが変…

    真っ直ぐ引いて真っ直ぐ出す?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP