パターのバランスをどうしたらいいか?という質問をよく聞きます。

パターに数値的なバランスの概念はありませんと答えています。なので、数値的なバランスはあまり計測しません。

なぜバランスの数値をそう考えているかというと、他のクラブよりも長さが人によって変わることと、グリップの形状で感じ方が大きく変わるからです。

Super Stroke のように太いのにグリップ重量が軽いと、バランスは出ているのにヘッドがきいている感じがしなくなったりします。

逆にグリップ重量も軽い細いグリップはかなりバランスが出ているように感じることが多いです。

また最近の ODYSSEY のパターの純正グリップや Super Stroke にはカウンターウェイトが装着できる構造になっているものもあり、手元を重くすることでストロークを安定させる効果を狙った物もあります。

これだけ色々なバリエーションがあると、どんな状態になっているかでかなりバランスは多様な感じになります。

ということで、そのパターをどうやって動かしたいかによってそれがやりやすいバランスが、その人にとってのベストバランスです。

ですので、ただヘッド重量を重くしたり、グリップを交換しただけではなかなかそのベストバランスには出会えないかもしれません。

そうすると、やりたいストロークのためにどうするのが良いかを推測して、やってみて徐々に理想に近づけるのが良いと思います。

  • コメント: 0

関連記事

  1. コースで打つ方が打感が良い

    2019.06.25

    コースで打つ方が打感が良い

    自宅のパッティングマットで打っている時と、グリーン上で打っている時の感覚が違うということが結構あり…

    コースで打つ方が打感が良い
  2. プロのように打つことが良いわけではない

    2020.02.14

    プロのように打つことが良いわけではない

    プロのような打ち方を目指して一生懸命練習する人がいますが、なかなかうまくいかないことが多いです。…

    プロのように打つことが良いわけではない
  3. フェースの下に当てるだけではない

    2019.02.22

    フェースの下に当てるだけではない

    転がりの良いパッティングをするためには、いろいろな条件があります。フェースの下で当てることはある…

    フェースの下に当てるだけではない
  4. パッティングで変えられないこと

    2019.10.30

    パッティングで変えられないこと

    パッティングで人それぞれ変えられないところが存在すると思っています。その変えられないところ…

    パッティングで変えられないこと
  5. 練習を重ねるということ

    2019.12.6

    練習を重ねるということ

    練習をあまりしない方が良いという言い方をしたくはないのですが、明らかに練習をし過ぎで悪い方向に行っ…

    練習を重ねるということ
  6. どっちに曲がるかわからない

    2018.11.15

    どっちに曲がるかわからない

    パッティングのラインを読むときに見る方向でラインが変わることって結構ありますよね。私の場合グ…

    どっちに曲がるかわからない
  7. フォローを必要以上に出さないために その2

    2020.01.23

    フォローを必要以上に出さないために その2

    今回も昨日に続いてフォローを必要以上に出さないための方法を...。今日のやり方の方が効き目がある…

    フォローを必要以上に出さないために その2
  8. パッティングの時のこんな手首の形には注意が必要

    2018.07.25

    パッティングの時のこんな手首の形には注意が必要

    色々な人のパッティングストロークを見ていて「これはダメだな...」と思うことが一つだけあります。多少…

    パッティングの時のこんな手首の形には注意が必要
  9. パッティングストローク分析で

    2018.11.6

    パッティングストローク分析で

    最近パッティングストロークの分析をしていて、似たようなパターンの方が何人かいらっしゃったので、その時…

    パッティングストローク分析で

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP