パターのグリップを変えるときにグリップ重量に関して気をつけている方は結構多いと思います。

数年前までは太いグリップを入れることはバランスが出なくなるのが当然でした。ですが、Super Stroke(スーパーストローク)の登場によって、この概念が変わりました。

太いのに重量が軽いのが特徴で、バランスに与える影響を考える必要がありません。影響を考えるどころか元々のグリップの重量より軽くなってバランスが出てしまうというようなことも起こりえます。

最近ではこの Super Stroke を純正グリップとして採用するメーカーも多くなっています。

私のように昔からのグリップの感触でないとそのパターの評価ができない人も結構いますので、すぐに交換してしまいますが、それだけ使われていることにはもちろん理由があります。

ヘッド重量が同じで太いグリップがついたパターでストロークしてみるとバランスは出ているのに軽く感じることがあります。

これに違和感を感じる人は軽い太いグリップはやめた方が良い人です。

ヘッドの重さはある程度ストロークの安定につながりますので、その重さを感じない太いグリップの感覚が合う人はこのグリップを使える人です。

ですので、そのグリップにしてヘッドをどう感じるようになるかでグリップの合う合わないを判断することも大事です。

  • コメント: 0

関連記事

  1. 調整を断られたパターの持込がたくさん

    2020.03.2

    調整を断られたパターの持込がたくさん

    最近パターの調整だけにいらっしゃる方も増えてきました。以前は高額のパターや、大型マレット…

    調整を断られたパターの持込がたくさん
  2. 腹圧を上げるのを忘れてた…

    2020.03.13

    腹圧を上げるのを忘れてた…

    先日ラウンドをしていて気が付いたことがあります。そのラウンドではパッティングの調子が悪く…

    腹圧を上げるのを忘れてた…
  3. 納得できるミスにするために

    2020.02.7

    納得できるミスにするために

    ミスを納得するって変な話ですが、「今のはこういう事が起きてミスが出たんだ」と納得して次のパットに…

    納得できるミスにするために
  4. ストローク中に止める場所

    2019.12.11

    ストローク中に止める場所

    最近体がぶれないためにどこを動かさない意識でやるのが良いか色々考えています。ただ止めてしま…

    ストローク中に止める場所
  5. パターのすわりを考える

    2019.03.4

    パターのすわりを考える

    パターにはすわりというものがあります。このすわりによってアドレスに結構影響が出ます。すわりが良い状…

    パターのすわりを考える
  6. ボールがつかまりすぎる原因

    2020.01.14

    ボールがつかまりすぎる原因

    どうしても思ったより左に行ってしまうというときに考えるべきことがあります。一つはフェース…

    ボールがつかまりすぎる原因
  7. 下半身を動かさない意識

    2019.04.19

    下半身を動かさない意識

    パッティングストローク分析をしていると、下半身(特に後ろ足の膝)が動く人がかなりいます。膝…

    下半身を動かさない意識
  8. 調子のいい時の状態を知っておく

    2019.04.16

    調子のいい時の状態を知っておく

    パッティングが調子が悪いというときにストローク分析に来られる方が多いのですが、調子の良い時のデータ…

    調子のいい時の状態を知っておく
  9. グリーン上のマナー 2 旗竿の置き方、置き場所

    2018.08.8

    グリーン上のマナー 2 旗竿の置き方、置き場所

    旗竿をどこに置くか?結構考えることがあります。キャディさんがいれば持ってくれるので考える必要はありま…

    グリーン上のマナー 2 旗竿の置き方、置き場所

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP