いつからこんなに増えてきたのでしょうか?来る人来る人グリッププレッシャーが弱いです。

それでもうまく打てていれば問題はないのですが、インパクト時のフェースの向きが不安定だったり、ストロークの軌道も安定しません。 

ショットでも同じようなことが起こっている人が多く、やはりいろいろな部分が不安定になります。

 手の平が白くなるほど強く握る必要はありませんが、ヘッドの動きを制御できる強さで握ることは必要です。 

手首がゆるゆるになるとヘッドの動きに対するレスポンスが遅くなり振り遅れになったり、必要以上にインパクトロフトが出てしまったりします。 

ですので、自分がしっかり支えられないほどの重いヘッド重量のパターもあまりお勧めはしていません。 ただストロークを安定させるためにはある程度の重さやバランスが必要になります。

ただそれはその人にとっての良い重量やバランスがあるので、それは色々試しながら絞り込むことが必要です。 

ですので先日も言いましたが、他のクラブと同じD2とかD0にパターも合わせればいいという考え方はダメです。

  • コメント: 0

関連記事

  1. 軟鉄素材とステンレス素材の違い

    2018.12.11

    軟鉄素材とステンレス素材の違い

    先日久しぶりに軟鉄ヘッドに銅メッキを施した duckbill golf Rocker Sole Re…

    軟鉄素材とステンレス素材の違い
  2. 同伴プレーヤーの曲がり幅は参考になりますが…

    2019.08.21

    同伴プレーヤーの曲がり幅は参考になりますが…

    グリーン上での同伴プレーヤーのパットは同じラインや、反対側のラインで自分がそのあとに打つ場合、貴重…

    同伴プレーヤーの曲がり幅は参考になりますが…
  3. 重いヘッドがもてはやされていますが…

    2019.08.30

    重いヘッドがもてはやされていますが…

    最近はヘッド重量が重いパターが多いですよね。中には PING のように重いヘッドにもしても…

    重いヘッドがもてはやされていますが…
  4. 入らないことはミスではないことも

    2020.03.4

    入らないことはミスではないことも

    パッティングは他のショットと違うところがあります。それは穴に入れるという明確な目的があることです…

    入らないことはミスではないことも
  5. 障害物を置いて練習

    2019.01.25

    障害物を置いて練習

    自分がどんな軌道でストロークをしているのか?パッティングストローク分析をするとそれが手に取る…

    障害物を置いて練習
  6. ライ角/ロフト角調整時の注意 その3

    2020.03.11

    ライ角/ロフト角調整時の注意 その3

    今日は3回目、最後の話になります。今回の話はパターの種類や形状、シャフトの種類によってラ…

    ライ角/ロフト角調整時の注意 その3
  7. 下半身を動かさない意識

    2019.04.19

    下半身を動かさない意識

    パッティングストローク分析をしていると、下半身(特に後ろ足の膝)が動く人がかなりいます。膝…

    下半身を動かさない意識
  8. 自分に合った長さを見つけるには? 1/2

    2018.06.7

    自分に合った長さを見つけるには? 1/2

    市販されているパターの長さは女性用は32インチ。男性用は33インチ、34インチに加えて35インチもラ…

    自分に合った長さを見つけるには? 1/2
  9. 久しぶりの手詰りな状況

    2020.02.25

    久しぶりの手詰りな状況

    先日のラウンドでは予期せぬことがたくさん起こりました。3パットをすることはあまりないので…

    久しぶりの手詰りな状況

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP