パッティングストロークの分析にいらっしゃる方で結構多い話が、PING型はカッコイイんだけど…っていう話です。

だけど…のあとでどんな話が来るかは色々あります。「難しいから使えないんだよね」とか、「入んないんだよね」とか、「芯にあたらないと転がらないんだよね」とかいろいろ聞きます。

でもその裏側には「かっこいいから使えるなら使いたいんだよね」という言葉が聞こえてきます。そんな方には是非使ってくださいと言っています。でも「自分が使えるか自信がない」という答えが返ってきます。

どんなストロークをしようとしているか?その結果どんなストロークをしているかで、その動きに合ったパターがあるかもしれません。

ですが、私が提唱しているショルダーストロークができれば、基本的にはどのパターでも動きは IN to IN です。ヘッドの重心角の違いでインの軌道が多めになったり少な目になったりすることはありますが、度合いが多少変わるだけです。

もちろん芯の広さやボールを前に転がす力はマレット型の方が優れているかもしれませんが、大幅に違うわけではありません。ですので、是非 PING型 を使いたいと思っている方、トライしてみてください。

マレット型のように易しく打てるPING型の HILLCREST TRUECoG はそんな方にも違和感を感じずに打っていただけるパターです。

HILLCREST TRUECoG に関する詳しい情報は…
https://www.puttinglabo.com/?product=hillcrest-truecog-cuprum

  • コメント: 0

関連記事

  1. パッティングでグリップを握る強さは?

    2018.06.15

    パッティングでグリップを握る強さは?

    よくグリップを握る強さについて聞かれることがあります。この質問に対しては即答で「しっかり握ってくださ…

    パッティングでグリップを握る強さは?
  2. フェースローテーションはするものではありません 1/2

    2018.07.17

    フェースローテーションはするものではありません 1/2

    パッティングストロークの分析をしに来ていたいた時に皆さんに聞くことがあります。最初にフリーで…

    フェースローテーションはするものではありません 1/2
  3. パターヘッドの重量・バランスを考える 1/2

    2018.06.12

    パターヘッドの重量・バランスを考える 1/2

    パターヘッドの重量は色々なものがあります。通常の34インチ前後の長さのパターにおいて軽い物は320g…

    パターヘッドの重量・バランスを考える 1/2
  4. パッティングストローク分析で

    2018.11.6

    パッティングストローク分析で

    最近パッティングストロークの分析をしていて、似たようなパターンの方が何人かいらっしゃったので、その時…

    パッティングストローク分析で
  5. Scotty Cameron 氏に聞いたサイトラインの話

    2018.06.6

    Scotty Cameron 氏に聞いたサイトラインの話

    以前 Scotty Cameron 氏にインタビューした時、NEWPORT のサイトラインの話を聞い…

    Scotty Cameron 氏に聞いたサイトラインの話
  6. 狙う方向のイメージを変えるだけでも

    2018.11.30

    狙う方向のイメージを変えるだけでも

    パッティングストロークの分析をしていて出てくるデータに打ち出し方向(角度)があります。以前も…

    狙う方向のイメージを変えるだけでも
  7. BORON BLACK に BLACK の色入れ

    2018.08.28

    BORON BLACK に BLACK の色入れ

    先日パターヘッドのカスタムの依頼を受けました。パターは2本。どちらもツヤ無しのボロンブラック…

    BORON BLACK に BLACK の色入れ
  8. グリップの向きがおかしいと

    2019.01.30

    グリップの向きがおかしいと

    グリップ交換を自分でされる方がたまにいらっしゃいます。そう言う方は普通のクラブであればバックライン…

    グリップの向きがおかしいと
  9. 打点の意識と縦の軌道

    2018.11.19

    打点の意識と縦の軌道

    少し前にボールの横に電池を置いて、フェースの下の方で打つ感覚を養う練習について話しました。そ…

    打点の意識と縦の軌道

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP