私は距離感をつかむためにカップを見ながら素振りをします。

このやり方をしている人は結構いるのではないでしょうか?ですが、実際にはカップから目を離して打つのでしっかりその素振りの時にふり幅を記憶しなければなりません。

せっかく素振りが良い感じだったのに、実際に打ったら全然違う打ち方…なんていうのは残念過ぎます。

で私が一時やっていた方法を紹介します。それは素振りはボールから離れてするのではなく、しっかり打つ位置で構えてからボールの真上の空中でカップを見ながら素振りをします。

これだと素振りの感覚がスタンスをしたり目線の動きで感覚が薄れるのを軽減できます。

ボールの真上でカップを見ながら距離感をつかんですぐにストローク。結構良い結果になるかもしれませんのでやってみてください。

  • コメント: 3

関連記事

  1. 高麗グリーンで気をつけること

    2018.12.10

    高麗グリーンで気をつけること

    先日久しぶりに高麗グリーンでプレーしてきました。高麗グリーンはベントグリーンと違いパッティン…

    高麗グリーンで気をつけること
  2. パターグリップをどう選ぶか?

    2018.06.22

    パターグリップをどう選ぶか?

    みなさんどうやってグリップを選んでいますか?今回はグリップを選ぶ際の注意点についてお話ししたいと思い…

    パターグリップをどう選ぶか?
  3. ミドルパットで考えること

    2019.01.16

    ミドルパットで考えること

    前回はロングパットの話でした。今回はミドルパットの話です。ミドルパットというとあわよくば入れ…

    ミドルパットで考えること
  4. VAULT2.0 DALE ANSER の打感

    2020.06.25

    VAULT2.0 DALE ANSER の打感

    先日購入した PING VAULT 2.0 をしばらく転がしてみました。オフセンターヒット…

    VAULT2.0 DALE ANSER の打感
  5. 打つ時にあれこれ考えてると…

    2019.08.19

    打つ時にあれこれ考えてると…

    良いストロークをしようと強く思っている人ほど、ぎこちないストロークになってしまうことがあります。…

    打つ時にあれこれ考えてると…
  6. ボールのラインを合わせることのメリット

    2018.08.24

    ボールのラインを合わせることのメリット

    ボールのプリントに直線部分があったりすると、そこをターゲットに向けてボールを置いたり、自分で太いライ…

    ボールのラインを合わせることのメリット
  7. 練習で気をつけること

    2020.01.31

    練習で気をつけること

    一生懸命練習するのはすごく良いのですが、一生懸命練習する人ほど気をつけなければならないことがあり…

    練習で気をつけること
  8. 身体で動かなければ肘が動く

    2020.11.6

    身体で動かなければ肘が動く

    ショルダーストロークがうまくできないと動く場所があります。それは肘...。肘の位置…

    身体で動かなければ肘が動く
  9. パターのライ角について

    2019.10.7

    パターのライ角について

    これまで色々なパターのライ角を計測してきたのですが、カタログ値と違うことがあります。これは…

    パターのライ角について

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP