先日のラウンドではこれまでよりも入念にラインを読むことを心掛けました。

ラインを読むことも他の人が打ったボールの転がりをしっかり見て情報を得ることも普段より注意深くやってみました。

ただこれには結構時間が必要です。進行に影響が無いように自分の順番になったらすぐに打てるような体制になるようにやりました。

グリーンに上がっていく方向からグリーン全体の傾斜を見ます。これはフェアウェイから上がっていくこともありますし、カートに乗ってグリーン横から上がることもあります。まずはその方向から全体の景色を見ます。自分のボールがどれかわかっていれば、近辺に他の人のボールがないかを見ます。

もしその人が自分より先に打ってくれるならそれは大きな参考になります。ですがその場所ボールが無ければピンを挟んで逆にないかも確認します。

もしそれがあったらその人のラインからの景色を見てどんなラインかをイメージします。その人が先に打ったならそれが自分の予想とどう違うかを確認します。

まだ時間に余裕があれば両側の横からも見てみたいですね。横から見ると傾斜が良く見えたりします。これを実践して、この日のラウンドはパット数が16パット、12パットの28パットで回ることができました。

なかなかグリーン上で余裕をもって動くことができる時間は作れない場合が多いですが、とれる時間を最大限に利用して情報を集めれられれば集められるほど入る確率は増えます。あとはストロークを安定させるだけになります。

  • コメント: 5

関連記事

  1. 長尺パター復活2 完成

    2020.07.10

    長尺パター復活2 完成

    今日で長尺シリーズは終わりになります。今日は色入れをしました。色々な悩んだ挙句色はグレーの…

    長尺パター復活2 完成
  2. できていても入ることは約束されない

    2020.09.17

    できていても入ることは約束されない

    よくパッティングにおいてやると良いと言われることがあります。「左目の下にボール」「フェース…

    できていても入ることは約束されない
  3. またもや小さいテークバックの人が

    2020.02.10

    またもや小さいテークバックの人が

    先日ストローク分析をしにいらした方のテークバックがまたもや小さかったです。小さいので距離…

    またもや小さいテークバックの人が
  4. ショットの傾向がパッティングに…

    2019.12.5

    ショットの傾向がパッティングに…

    ショットで出ているミスと同じ作用機序でパッティングが出ているというのはよくある話です。パッ…

    ショットの傾向がパッティングに…
  5. 細いグリップが合う人

    2018.08.31

    細いグリップが合う人

    先日は太いパターグリップが合う人について話しました。今回は逆に細いグリップが合う人の話です。…

    細いグリップが合う人
  6. どうやって打つか考えない?

    2019.12.19

    どうやって打つか考えない?

    ストローク分析で最初に打ちながらお話しをしているときに、どんなことを意識しながら打っているかを必ず…

    どうやって打つか考えない?
  7. CAPTO でデータチェック

    2020.04.20

    CAPTO でデータチェック

    自粛で時間がある間に CAPTO で色々な打ち方のデータを取ってみる予定です。今考えている…

    CAPTO でデータチェック
  8. 下半身を動かさない

    2019.08.23

    下半身を動かさない

    ストローク軌道を再現性高くする際に意識したいのが下半身を動かさない意識です。簡単そうに思い…

    下半身を動かさない
  9. 狙う方向で変わる軌道

    2020.12.28

    狙う方向で変わる軌道

    パッティングで重要なのはいつも同じ打ち方をする事です。いつも同じ打ち方をしていれば、打ちた…

    狙う方向で変わる軌道

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP