先日のラウンドではこれまでよりも入念にラインを読むことを心掛けました。

ラインを読むことも他の人が打ったボールの転がりをしっかり見て情報を得ることも普段より注意深くやってみました。

ただこれには結構時間が必要です。進行に影響が無いように自分の順番になったらすぐに打てるような体制になるようにやりました。

グリーンに上がっていく方向からグリーン全体の傾斜を見ます。これはフェアウェイから上がっていくこともありますし、カートに乗ってグリーン横から上がることもあります。まずはその方向から全体の景色を見ます。自分のボールがどれかわかっていれば、近辺に他の人のボールがないかを見ます。

もしその人が自分より先に打ってくれるならそれは大きな参考になります。ですがその場所ボールが無ければピンを挟んで逆にないかも確認します。

もしそれがあったらその人のラインからの景色を見てどんなラインかをイメージします。その人が先に打ったならそれが自分の予想とどう違うかを確認します。

まだ時間に余裕があれば両側の横からも見てみたいですね。横から見ると傾斜が良く見えたりします。これを実践して、この日のラウンドはパット数が16パット、12パットの28パットで回ることができました。

なかなかグリーン上で余裕をもって動くことができる時間は作れない場合が多いですが、とれる時間を最大限に利用して情報を集めれられれば集められるほど入る確率は増えます。あとはストロークを安定させるだけになります。

  • コメント: 0

関連記事

  1. 太いグリップが合う人

    2018.08.30

    太いグリップが合う人

    パター用のグリップは本当にたくさんの種類があります。色々な素材、色々な色、そして色々な形状.…

    太いグリップが合う人
  2. フェースの下目で打つイメージを作る練習

    2018.06.25

    フェースの下目で打つイメージを作る練習

    パッティングストローク分析をしていると、ヘッドの縦方向の動きがわかります。ダウンブローに当たっている…

    フェースの下目で打つイメージを作る練習
  3. ラウンド前のパター練習

    2018.11.14

    ラウンド前のパター練習

    みなさんラウンド前にショットの練習はしなくてもパットの練習はしている方が多いと思います。今日は私がど…

    ラウンド前のパター練習
  4. パターヘッドの重量・バランスを考える 1/2

    2018.06.12

    パターヘッドの重量・バランスを考える 1/2

    パターヘッドの重量は色々なものがあります。通常の34インチ前後の長さのパターにおいて軽い物は320g…

    パターヘッドの重量・バランスを考える 1/2
  5. 軟鉄素材とステンレス素材の違い

    2018.12.11

    軟鉄素材とステンレス素材の違い

    先日久しぶりに軟鉄ヘッドに銅メッキを施した duckbill golf Rocker Sole Re…

    軟鉄素材とステンレス素材の違い
  6. 打点の意識と縦の軌道

    2018.11.19

    打点の意識と縦の軌道

    少し前にボールの横に電池を置いて、フェースの下の方で打つ感覚を養う練習について話しました。そ…

    打点の意識と縦の軌道
  7. 短いパットで片足だけ出すとしたらどっち?

    2018.08.13

    短いパットで片足だけ出すとしたらどっち?

    自分の軸が右なのか左なのか知っている人はあまりいないかと思います。4スタンス理論の考え方にな…

    短いパットで片足だけ出すとしたらどっち?
  8. パターのライ角を合わせることの重要性

    2018.06.26

    パターのライ角を合わせることの重要性

    パッティングストロークの分析をしていてライ角が合っていない人の数は全体の2/5くらいいるような気がし…

    パターのライ角を合わせることの重要性
  9. パット数を数えていますか?

    2018.12.7

    パット数を数えていますか?

    パット数といってもいろいろな数え方があります。グリーン上で打ったパット数だけを数える方法と、…

    パット数を数えていますか?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP