私自身も含めてパッティングの結果を期待し過ぎている方が多いと思います。

期待が大きければ大きいほど期待通りにならなかった時のダメージが大きくなります。ダメージが大きいと次のパッティングに影響が及ぶのはもちろん、次のティショットにも影響を与えます。

1mのパットを外したらこれはちょっと引きずってしまいそうですが、2mや3mのパットはそう入るものではありません。整備されているグリーンとはいえ厳密には平らではありませんし、芝が部分的に伸びているところもあったりします。

そう思えば長いパットが入るのは偶然、ラッキーだと思えるわけです。もちろん入れようと思っているので、入ったらうまく打てたことになりますが、入らないときは運が悪かったと思えば軽く流すことができます。

プロがパターが入るのは綺麗に整備されたグリーンでやるからだという話を聞いたことがあります。アマチュアがやっているグリーンの方がよっぽど難しいとか…。

もちろん遅いグリーンでもプロは上手いわけですけど、良い転がりのグリーンでパッティングをするとうまくなったような気がすることが結構あります。

ですので、結果を期待し過ぎないようにやってみてください。

  • コメント: 6

関連記事

  1. グリップが真っ直ぐに入っているか?

    2018.10.22

    グリップが真っ直ぐに入っているか?

    ストローク分析にいらした方のグリップを見てみると結構色々です。アドレスでどうしてもまっすぐに…

    グリップが真っ直ぐに入っているか?
  2. 下半身を動かさない意識

    2018.10.17

    下半身を動かさない意識

    パッティングストロークをするときに、下半身を絶対に動かさない意識で打とうと思うと、自然にショルダース…

    下半身を動かさない意識
  3. ヘッド形状が変わっても変わらないストローク

    2019.11.14

    ヘッド形状が変わっても変わらないストローク

    パターのヘッド形状は色々ありますが、その違いを表すスペックは重心角です。一般的に重心角が大…

    ヘッド形状が変わっても変わらないストローク
  4. いつも通り打つ

    2019.10.1

    いつも通り打つ

    この「いつも通り」というのがゴルフでは結構難しいことです。いつも通りできないと言うことは、…

    いつも通り打つ
  5. 距離感を狂わす要因

    2019.05.29

    距離感を狂わす要因

    パッティングで距離感が合わなくなる要因はかなりたくさんあります。一番多いのは前に打った人が…

    距離感を狂わす要因
  6. インパクトでパンチが入る人、緩む人

    2018.08.27

    インパクトでパンチが入る人、緩む人

    パッティングストロークをシンプルに考えるには、インパクトで急激な加速や減速はしたくありません。…

    インパクトでパンチが入る人、緩む人
  7. 手首を使わないために

    2018.12.19

    手首を使わないために

    ストローク中に手首を使わないためにどうしたらいいか?そんなことを結構聞かれることがあります。…

    手首を使わないために
  8. 打ち方と打点で転がる距離が変わる

    2019.08.9

    打ち方と打点で転がる距離が変わる

    先日のラウンドの時にすごく打っている感じなのになかなかカップに届かない人がいました。使って…

    打ち方と打点で転がる距離が変わる
  9. Other Brand Putters

    2018.05.3

    Other Brand Putters

    ここではその他のブランドのカスタマイズしたパターの作品集を紹介します。カスタマイズオーダー時の参考に…

    Other Brand Putters

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP