私自身も含めてパッティングの結果を期待し過ぎている方が多いと思います。

期待が大きければ大きいほど期待通りにならなかった時のダメージが大きくなります。ダメージが大きいと次のパッティングに影響が及ぶのはもちろん、次のティショットにも影響を与えます。

1mのパットを外したらこれはちょっと引きずってしまいそうですが、2mや3mのパットはそう入るものではありません。整備されているグリーンとはいえ厳密には平らではありませんし、芝が部分的に伸びているところもあったりします。

そう思えば長いパットが入るのは偶然、ラッキーだと思えるわけです。もちろん入れようと思っているので、入ったらうまく打てたことになりますが、入らないときは運が悪かったと思えば軽く流すことができます。

プロがパターが入るのは綺麗に整備されたグリーンでやるからだという話を聞いたことがあります。アマチュアがやっているグリーンの方がよっぽど難しいとか…。

もちろん遅いグリーンでもプロは上手いわけですけど、良い転がりのグリーンでパッティングをするとうまくなったような気がすることが結構あります。

ですので、結果を期待し過ぎないようにやってみてください。

  • コメント: 6

関連記事

  1. 自分に合っているパターとは?

    2018.06.1

    自分に合っているパターとは?

    この質問はパッティングストロークの分析をしていてよく聞かれる質問です。一般的にはフェースロー…

    自分に合っているパターとは?
  2. 腹圧を上げてパッティングする

    2018.06.27

    腹圧を上げてパッティングする

    「腹圧を上げる」って言われてもパッティングに関係があるのか?と思う方が多いかもしれません。し…

    腹圧を上げてパッティングする
  3. 安定している動きを優先する

    2019.03.5

    安定している動きを優先する

    パッティングストロークの分析では、色々なパラーメーターにおける再現性を点数にして表示されます。…

    安定している動きを優先する
  4. 転がりを良くするための条件

    2020.02.19

    転がりを良くするための条件

    転がりが良い球というのは最後までトロトロ転がってなかなか止まらずに転がりますよね。こうい…

    転がりを良くするための条件
  5. 左目の下にボール

    2018.12.21

    左目の下にボール

    パッティングストロークの分析にいらしてくださった方からどんなことを気をつけてストロークしていますか?…

    左目の下にボール
  6. デシャンボーのストロークを見て

    2020.06.22

    デシャンボーのストロークを見て

    デシャンボーが変身していてびっくりしましたね。肉体改造して人ってあんなにも変われるんだと思いました…

    デシャンボーのストロークを見て
  7. 速いグリーンでのラインの読み

    2019.11.25

    速いグリーンでのラインの読み

    最近そこそこ速いグリーンでやっていてグリーンの読み方がちょっと変わった感じがします。転がり…

    速いグリーンでのラインの読み
  8. Marius Filmalter 氏の貴重な情報

    2020.04.17

    Marius Filmalter 氏の貴重な情報

    先日発売になった Choice の記事を読んでいて面白いデータが出ていたので紹介しておきます。…

    Marius Filmalter 氏の貴重な情報
  9. 外れてガッカリしないために

    2020.01.20

    外れてガッカリしないために

    先日の話の続きみたいになってしまいますが、今日はカップインしなくてもがっかりしないための方法を書…

    外れてガッカリしないために

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP