少し前にボールの横に電池を置いて、フェースの下の方で打つ感覚を養う練習について話しました。

その練習をする際に大事な意識を話し忘れましたので、今日はその話です。以前紹介した練習方法はこれです。

打点だけを確認するのであればこの練習は比較的簡単です。ですが、軌道も合わせて考えると途端に難易度が上がります。

下で当たった感覚を覚えるだけでしたら当たらないようにだけを意識すれば良いので、ヘッドを浮かした状態からスタートしても、ダウンブローに当たっても結果は同じです(フェースの上に当たらないという部分では)。

ですが、本当はこの打点でアッパーブローに当てたいんです。

よくこのやり方を体感していただきたくて、やってみてもらうのですが結構の確率で、ヘッドを浮かしてすたとさせようとする方がいらっしゃいます。

これではアッパー軌道にならなくても、もっと言えばダウンブローに当たってもそこで打つという目的は達成できます。

ですのでこの練習をするときはしっかりソールしてその状態からダウンブローにならないように意識しながらやるように心がけてください。

  • コメント: 0

関連記事

  1. 調整してもまた調整…

    2018.10.1

    調整してもまた調整…

    今日の話は結構ある話です。身に覚えのある方もいると思います。こうなってしまう状況の調整はほぼライ角の…

    調整してもまた調整…
  2. ショートパットのミスを知る実験 実験方法編

    2018.07.2

    ショートパットのミスを知る実験 実験方法編

    今日は今回の実験の方法を説明します。狙う距離は1.5mで、狙う方向は1カップ左と右。1カップ…

    ショートパットのミスを知る実験 実験方法編
  3. グリップエンドの動きに注目

    2018.08.22

    グリップエンドの動きに注目

    パッティングのストローク中のグリップエンドに注目してみてください。上の動画のようにシ…

    グリップエンドの動きに注目
  4. SAM PuttLab vs M-Tracer 「打点編」

    2018.12.26

    SAM PuttLab vs M-Tracer 「打点編」

    今回は一番簡単な打点についてチェックしてみました。SAM PuttLab(SPL) …

    SAM PuttLab vs M-Tracer 「打点編」
  5. インパクトで大事なこと

    2018.11.13

    インパクトで大事なこと

    インパクトで思った方向に打ち出すために必要な条件は、フェース向きとクラブ軌道の条件があった時です。…

    インパクトで大事なこと
  6. Tiger Woods のパターがサイトドットの理由

    2018.06.14

    Tiger Woods のパターがサイトドットの理由

    この話も直接 Scotty Cameron 氏からお聞きした話です。Tiger Woods …

    Tiger Woods のパターがサイトドットの理由
  7. Customized Scotty Cameron Putters

    2018.05.3

    Customized Scotty Cameron Putters

    ここではパッティングラボでカスタマイズした Scotty Cameron のパターを紹介します。…

    Customized Scotty Cameron Putters
  8. 何故突然パンチが入るのか?

    2018.10.10

    何故突然パンチが入るのか?

    ショートパットでソフトに打てないという方が結構いらっしゃいます。ショートパットですのでテーク…

    何故突然パンチが入るのか?
  9. パッティングでのふところ

    2018.08.17

    パッティングでのふところ

    アドレスの時にボールの距離があっていない人が結構いらっしゃいます。今回はこのボールとの距離についてお…

    パッティングでのふところ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP