少し前にボールの横に電池を置いて、フェースの下の方で打つ感覚を養う練習について話しました。

その練習をする際に大事な意識を話し忘れましたので、今日はその話です。以前紹介した練習方法はこれです。

打点だけを確認するのであればこの練習は比較的簡単です。ですが、軌道も合わせて考えると途端に難易度が上がります。

下で当たった感覚を覚えるだけでしたら当たらないようにだけを意識すれば良いので、ヘッドを浮かした状態からスタートしても、ダウンブローに当たっても結果は同じです(フェースの上に当たらないという部分では)。

ですが、本当はこの打点でアッパーブローに当てたいんです。

よくこのやり方を体感していただきたくて、やってみてもらうのですが結構の確率で、ヘッドを浮かしてすたとさせようとする方がいらっしゃいます。

これではアッパー軌道にならなくても、もっと言えばダウンブローに当たってもそこで打つという目的は達成できます。

ですのでこの練習をするときはしっかりソールしてその状態からダウンブローにならないように意識しながらやるように心がけてください。

  • コメント: 6

関連記事

  1. ショートパットのミスの規則性

    2019.11.20

    ショートパットのミスの規則性

    ショートパットのミスには必ず規則性があると考えています。私も以前は右に外すことがほとんどで…

    ショートパットのミスの規則性
  2. ボールにラインを十字に入れる

    2018.11.16

    ボールにラインを十字に入れる

    以前も話題にしたことがあるかもしれませんが、ボールにラインを入れる話です。今回は真っ直ぐのラ…

    ボールにラインを十字に入れる
  3. パターを吊ってアドレスする人は

    2019.11.15

    パターを吊ってアドレスする人は

    先日パターをつって構える人の話になった時の話です。なんでつるのか?まず一つは前傾が浅くなる…

    パターを吊ってアドレスする人は
  4. Too much(やりすぎ) はダメ

    2018.10.4

    Too much(やりすぎ) はダメ

    Too much(やりすぎ) はゴルフには禁物です。ゴルフでのやりすぎにはいろいろなものがあ…

    Too much(やりすぎ) はダメ
  5. たまに性質の違うパターを使ってみる

    2020.05.27

    たまに性質の違うパターを使ってみる

    ここのところ ANSER型 ばかり使っていますが、たまにマレット型を使ってみたりするとボコボコ入っ…

    たまに性質の違うパターを使ってみる
  6. 左足(前足)の開き具合をどうするか?

    2018.08.16

    左足(前足)の開き具合をどうするか?

    これまでたくさんの人のアドレスを見てきました。今回のお話の足の置き方は人それぞれかなり違います。これ…

    左足(前足)の開き具合をどうするか?
  7. 遠過ぎるボールとの距離

    2019.03.13

    遠過ぎるボールとの距離

    先日近すぎるボールとの距離についてお話ししましたが、今日はその逆の遠すぎるボール位置についてです。…

    遠過ぎるボールとの距離
  8. 知らないだけっていう人が多い

    2020.09.14

    知らないだけっていう人が多い

    パッティングの理想の動きはショルダーストロークだと考えています。脇から先はストローク中動か…

    知らないだけっていう人が多い
  9. パターヘッドの目印色々

    2020.08.5

    パターヘッドの目印色々

    パターヘッドには色々な目印があります。私のように目印はあまり入れたくないタイプの人もいれば…

    パターヘッドの目印色々

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP