以前も話題にしたことがあるかもしれませんが、ボールにラインを入れる話です。

今回は真っ直ぐのラインだけではなく、十字に入れるやり方が結構良いんです。

通常サイトラインが入っているパターが多いので、サイトラインとボールのラインが一直線になるように使うのが普通なのですが、これだとなかなか方向が合わない人が多いんです。

ですが上の画像のように十字にラインを引くと、トップブレードのラインを平行に合わせることも真っ直ぐにフェースを向けることになるわけです。

こんな感じでラインを引くツールには直行するラインも引けるようになっているものが多いです。

結構アドレスですがのフェースの向きに自信が持てるようになりますので、やってみてください。

  • コメント: 7

関連記事

  1. 軽量シャフトの実験(予告)

    2019.03.27

    軽量シャフトの実験(予告)

    前から興味があった ODYSSEY の STROKE LAB のようなパター。シャフトを軽…

    軽量シャフトの実験(予告)
  2. アドレスでのハンドファーストの度合い

    2019.03.1

    アドレスでのハンドファーストの度合い

    パッティングストロークの分析をしていて、表題のハンドファーストの度合いを聞かれることがよくあります…

    アドレスでのハンドファーストの度合い
  3. フェースの下目で打つイメージを作る練習

    2018.06.25

    フェースの下目で打つイメージを作る練習

    パッティングストローク分析をしていると、ヘッドの縦方向の動きがわかります。ダウンブローに当たっている…

    フェースの下目で打つイメージを作る練習
  4. 外れても引きずらないために

    2020.12.22

    外れても引きずらないために

    せっかく近くに寄せたアプローチやバンカーショット。1m前後のパットが入らなくてがっかりして…

    外れても引きずらないために
  5. スタンスの幅が極端だと…

    2020.03.12

    スタンスの幅が極端だと…

    ストローク分析の時にチェックする項目としてスタンスがあります。それは向きだったり、体重のかかり方…

    スタンスの幅が極端だと…
  6. 遠過ぎるボールとの距離

    2019.03.13

    遠過ぎるボールとの距離

    先日近すぎるボールとの距離についてお話ししましたが、今日はその逆の遠すぎるボール位置についてです。…

    遠過ぎるボールとの距離
  7. アドレス時のライ角の見え方

    2020.07.1

    アドレス時のライ角の見え方

    パターをアドレスした時に見えている景色の感じ方は人によって異なります。トウが浮かないように…

    アドレス時のライ角の見え方
  8. パッティングストロークを考えすぎると…

    2021.01.15

    パッティングストロークを考えすぎると…

    パッティングもショットも同じなのですが、始動するときに色々考えているとスムーズに動けません。…

    パッティングストロークを考えすぎると…
  9. フェース向きのコントロールの練習 1

    2018.08.6

    フェース向きのコントロールの練習 1

    ストロークの軌道は良いのにフェースがスクエアに戻ってこなくてまっすぐにボールが打ち出せない人がたまに…

    フェース向きのコントロールの練習 1

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP