パッティングのラインを読むときに見る方向でラインが変わることって結構ありますよね。

私の場合グリーン上で時間的に余裕があるときは、まうはグリーンに上がった方向から見て、上から、下から、そしてそれらの方向と違う方向から見るようにしています。

ですが困ったことに下から見てフックライン、反対側の上から見てもフックに見えることがあったりします。こんな時どうしているかというと…

下から見てフックに見える、そこから反対側に移動するときに右回りに動いたとすると、フックラインに見えたということは歩いている方側は高くなっているはず…それを確認しながら反対側に移動。

反対側に移動してフックに見える…ということは最初と反対側のサイドを通って高くなっているはず。これを確認して元の位置に戻ります。

きっとどこかで目の錯覚が発覚して曲がるラインがどちらか決められる場合がほとんどです。あとは、周りの高いところや、低いところが見えないようにして読むこともあります。

色々試してみて自分に合う方法を見つけるとラインを決めるスピードも上がってきます。

  • コメント: 1

関連記事

  1. PING Loft/Lie Checker for Putter

    2020.06.10

    PING Loft/Lie Checker for Putter

    かなり古いものですが、ずいぶん昔にオークションで落札した PING のパターのロフト/ライチェッカ…

    PING Loft/Lie Checker for Putter
  2. ミドルパットで考えること

    2019.01.16

    ミドルパットで考えること

    前回はロングパットの話でした。今回はミドルパットの話です。ミドルパットというとあわよくば入れ…

    ミドルパットで考えること
  3. ショートパットのミスを知る実験 実験方法編

    2018.07.2

    ショートパットのミスを知る実験 実験方法編

    今日は今回の実験の方法を説明します。狙う距離は1.5mで、狙う方向は1カップ左と右。1カップ…

    ショートパットのミスを知る実験 実験方法編
  4. パターを吊ってアドレスする人は

    2019.11.15

    パターを吊ってアドレスする人は

    先日パターをつって構える人の話になった時の話です。なんでつるのか?まず一つは前傾が浅くなる…

    パターを吊ってアドレスする人は
  5. 本当にパッティングが悪かったのか?

    2020.01.17

    本当にパッティングが悪かったのか?

    パッティングの結果は結構ラウンドでひきずることがあります。でもそれってもしかしたらパッテ…

    本当にパッティングが悪かったのか?
  6. パターマットを広げて

    2020.05.22

    パターマットを広げて

    久しぶりに部屋で練習しました。家で練習するなら常にパターマットは出てないとダメですね。なか…

    パターマットを広げて
  7. 自宅での効果的な練習 その1

    2019.01.17

    自宅での効果的な練習 その1

    自宅でパッティングも練習を効果的にする方法の一つ目です。自宅にパターマットがあるという方は結…

    自宅での効果的な練習 その1
  8. フェース素材とロフトの関係

    2019.07.5

    フェース素材とロフトの関係

    フェースの素材は打感に大きく影響を与えます。打感が柔らかい物は硬く感じるものに比べてボールがフェー…

    フェース素材とロフトの関係
  9. パターのスペックに合わせたアドレスはダメ

    2019.01.28

    パターのスペックに合わせたアドレスはダメ

    ここ何回かのストローク分析で、表題の通りパターがすわる位置に合わせて手首の角度や手首の形を決めてしま…

    パターのスペックに合わせたアドレスはダメ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP