みなさんラウンド前にショットの練習はしなくてもパットの練習はしている方が多いと思います。今日は私がどんな練習をしているかをちょっと紹介します。

基本ラウンド当日は1時間半近く前に到着(早すぎですね…)。着替えてストレッチしてすぐに練習グリーンに行って軽く転がします。

その後ショットの練習をして戻ってきてまたパットの練習。通常はここからな感じですね。

まずはいつも打ち慣れた3mを(歩測して)いつもの距離間で打ってみます。その時にいつもの感覚よりも速いのか遅いのかをチェック。ですのでこれはなるべく平らで曲がらないラインでチェックします。

ホールを狙わなくても自分のティを刺してやったりすることもあります。3mで距離感をつかんだ後は少し長めの距離を打ってみます。

上りと下りの長めの距離(7~8m)をやった後は曲がるラインを練習します。距離は2mくらい。自分の見えて判断した曲がり幅とどのくらい違うかをチェックします。

そして最後の仕上げはショートパット。1m前後の真っ直ぐから始めて、スライスライン、フックラインを練習して終了となります。混んでいなければカップをぐるっと一周することもあります。

スピードと曲がる感覚を記憶できるとその日のパッティングが結構うまくいきます。

  • コメント: 5

関連記事

  1. 自宅での効果的な練習 その2

    2019.01.18

    自宅での効果的な練習 その2

    自宅でできる効果的なパッティング練習の2回目です。今回は打ち出し方向を合わせる練習です。これ…

    自宅での効果的な練習 その2
  2. ボールを置く位置が左過ぎないか?

    2018.10.12

    ボールを置く位置が左過ぎないか?

    みなさんボールを置く位置はある程度一定になっている方が多いです。ですが、そこに置いているからいつも同…

    ボールを置く位置が左過ぎないか?
  3. パッティング練習グッズ 「Pro Putt」

    2018.10.15

    パッティング練習グッズ 「Pro Putt」

    「Pro Putt」 という練習グッズをご存知でしょうか?これ簡単な練習グッズですが、かなり効果がす…

    パッティング練習グッズ 「Pro Putt」
  4. ロフト調整で変わる打音

    2019.05.30

    ロフト調整で変わる打音

    インパクト時のハンドファーストもしくはハンドレイトの度合いによってインパクトロフトが変わります。…

    ロフト調整で変わる打音
  5. 曲がるラインを入れるルートは強さで変わる

    2018.07.23

    曲がるラインを入れるルートは強さで変わる

    このブログを見てらっしゃる方はほとんどの方がわかっていることだとは思いますが、念のため書いておきます…

    曲がるラインを入れるルートは強さで変わる
  6. フェース向きのコントロールの練習 1

    2018.08.6

    フェース向きのコントロールの練習 1

    ストロークの軌道は良いのにフェースがスクエアに戻ってこなくてまっすぐにボールが打ち出せない人がたまに…

    フェース向きのコントロールの練習 1
  7. グリーンエッジからのパッティング

    2019.05.10

    グリーンエッジからのパッティング

    転がせる状況にあるときは結構グリーンの外からでもパターを使います。アプローチのミスよりも明…

    グリーンエッジからのパッティング
  8. 重いヘッドがもてはやされていますが…

    2019.08.30

    重いヘッドがもてはやされていますが…

    最近はヘッド重量が重いパターが多いですよね。中には PING のように重いヘッドにもしても…

    重いヘッドがもてはやされていますが…
  9. アッパー軌道の間違った認識

    2019.04.15

    アッパー軌道の間違った認識

    パッティングストローク分析に来ていただいた方に質問することがあります。それは自分が考える理…

    アッパー軌道の間違った認識

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP