みなさんラウンド前にショットの練習はしなくてもパットの練習はしている方が多いと思います。今日は私がどんな練習をしているかをちょっと紹介します。

基本ラウンド当日は1時間半近く前に到着(早すぎですね…)。着替えてストレッチしてすぐに練習グリーンに行って軽く転がします。

その後ショットの練習をして戻ってきてまたパットの練習。通常はここからな感じですね。

まずはいつも打ち慣れた3mを(歩測して)いつもの距離間で打ってみます。その時にいつもの感覚よりも速いのか遅いのかをチェック。ですのでこれはなるべく平らで曲がらないラインでチェックします。

ホールを狙わなくても自分のティを刺してやったりすることもあります。3mで距離感をつかんだ後は少し長めの距離を打ってみます。

上りと下りの長めの距離(7~8m)をやった後は曲がるラインを練習します。距離は2mくらい。自分の見えて判断した曲がり幅とどのくらい違うかをチェックします。

そして最後の仕上げはショートパット。1m前後の真っ直ぐから始めて、スライスライン、フックラインを練習して終了となります。混んでいなければカップをぐるっと一周することもあります。

スピードと曲がる感覚を記憶できるとその日のパッティングが結構うまくいきます。

  • コメント: 5

関連記事

  1. ショートパットのミスを知る実験 打ち出し方向編

    2018.07.3

    ショートパットのミスを知る実験 打ち出し方向編

    まずは簡単に違いがわかるところから見ていきましょう。1カップ左、および右の角度は先日のタンジ…

    ショートパットのミスを知る実験 打ち出し方向編
  2. 超難しい練習グッズ

    2018.12.4

    超難しい練習グッズ

    先日やってみた練習グッズがどうにも難しくて練習になっているのかどうかわからないほどだったので紹介しま…

    超難しい練習グッズ
  3. STABILITY Shaft 実験1

    2019.06.13

    STABILITY Shaft 実験1

    先日 ANSERFREAK で紹介したパター用のシャフト「STABILITY Shaft」の色々な…

    STABILITY Shaft 実験1
  4. SUS303ヘッドにSTABILITYシャフトはベストマッチ

    2019.08.2

    SUS303ヘッドにSTABILITYシャフトはベストマッチ

    先日より TRUECoG SUS303 に STABILITY シャフトを入れて使っています。…

    SUS303ヘッドにSTABILITYシャフトはベストマッチ
  5. スタート前のパッティング練習

    2019.03.26

    スタート前のパッティング練習

    練習グリーンでの朝の練習はそのコースのグリーンのスピードの感覚を得るための大事な時間です。…

    スタート前のパッティング練習
  6. 短いパットで片足だけ出すとしたらどっち?

    2018.08.13

    短いパットで片足だけ出すとしたらどっち?

    自分の軸が右なのか左なのか知っている人はあまりいないかと思います。4スタンス理論の考え方にな…

    短いパットで片足だけ出すとしたらどっち?
  7. The Putting Laboratory は今日から営業開始します!

    2020.06.1

    The Putting Laboratory は今日から営業開始します…

    自粛期間中何件かのお問い合わせをいただいておりましたが、対応できず申し訳ありませんでした。…

    The Putting Laboratory は今日から営業開始します!
  8. シャットにテークバックする意識

    2019.09.13

    シャットにテークバックする意識

    ストローク分析にこられた方にはよく言うのが、「シャットにあげる意識」です。シャットにあげよ…

    シャットにテークバックする意識
  9. 右サイドを動かさない意識

    2018.08.23

    右サイドを動かさない意識

    パッティングに限らず右サイドを動かさない意識を常に持っています。特にパッティングでは右サイド…

    右サイドを動かさない意識

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP