インパクトで思った方向に打ち出すために必要な条件は、フェース向きとクラブ軌道の条件があった時です。

「フェースが右向きならアウトサイドイン」、「フェースが左向きならインサイドアウト」に打たなければ真っ直ぐに転がりません。

フェースの向きの再現性が高いのか?軌道の角度のばらつきが少ないのか?によって、どちらを矯正するのかが決まります。

真っ直ぐに動かすというのが一番難しいですので、どちらかに決めると結構易しくなります。

ストローク分析では7球のデータを見ますが、この中での再現性の高さで判断すると自分がどちらをとった方が良いかがわかります。

今やっているストロークが意識して意識した通りにできているか?意識しているのにその逆になってしまっているのか?それを知るだけでも大きな意味があります。

前回お話ししたアドレスでのフェースの向きと関係がある人もいますので、その辺りを考えながらやりやすい方法で修正するとすぐに効果が表れると思います。

ストローク分析をして自分がまっすぐに飛ばしているやり方を見て愕然とする方が結構いらっしゃいます(笑)。

パッティングストローク分析のご予約は ACTEK GOLF にお問い合わせください。
お問い合わせ先は… メール:info@actekgolf.com、電話:03-5829-9083 です。

  • コメント: 5

関連記事

  1. アッパー軌道で打つには

    2019.10.3

    アッパー軌道で打つには

    アッパー軌道、ハンドファースト、フェースの下目で打つ。これがボールの転がりを良くする条件で…

    アッパー軌道で打つには
  2. スタンスを決めるときに意識すること

    2018.10.19

    スタンスを決めるときに意識すること

    何気なくとっているスタンスですが、ショットの時同様体重のかかり方が結構重要です。パッティング…

    スタンスを決めるときに意識すること
  3. 足裏全体でスタンスする

    2019.05.7

    足裏全体でスタンスする

    パッティングをする際の足裏にかかる体重が結構偏っている方がいらっしゃいます。前かがみになり…

    足裏全体でスタンスする
  4. 太いグリップが合う人

    2018.08.30

    太いグリップが合う人

    パター用のグリップは本当にたくさんの種類があります。色々な素材、色々な色、そして色々な形状.…

    太いグリップが合う人
  5. 自信を持って打つということ

    2020.05.21

    自信を持って打つということ

    パターは自信を持って打たなければならないっていう話はよく聞くと思います。この自信を持ってというのは…

    自信を持って打つということ
  6. 手首を使わないために

    2018.12.19

    手首を使わないために

    ストローク中に手首を使わないためにどうしたらいいか?そんなことを結構聞かれることがあります。…

    手首を使わないために
  7. サイトライン無しのパターは貴重

    2019.09.5

    サイトライン無しのパターは貴重

    最近はピン型のヘッドでサイトラインが無いモデルを作っているメーカーが少なくなりました。世の…

    サイトライン無しのパターは貴重
  8. たまに性質の違うパターを使ってみる

    2020.05.27

    たまに性質の違うパターを使ってみる

    ここのところ ANSER型 ばかり使っていますが、たまにマレット型を使ってみたりするとボコボコ入っ…

    たまに性質の違うパターを使ってみる
  9. 前足の開きをコントロール

    2019.08.26

    前足の開きをコントロール

    先日ストローク分析にいらした方が結構な確率で引っ掛けが出ていました。7回ストロークしたうち…

    前足の開きをコントロール

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP