インパクトで思った方向に打ち出すために必要な条件は、フェース向きとクラブ軌道の条件があった時です。

「フェースが右向きならアウトサイドイン」、「フェースが左向きならインサイドアウト」に打たなければ真っ直ぐに転がりません。

フェースの向きの再現性が高いのか?軌道の角度のばらつきが少ないのか?によって、どちらを矯正するのかが決まります。

真っ直ぐに動かすというのが一番難しいですので、どちらかに決めると結構易しくなります。

ストローク分析では7球のデータを見ますが、この中での再現性の高さで判断すると自分がどちらをとった方が良いかがわかります。

今やっているストロークが意識して意識した通りにできているか?意識しているのにその逆になってしまっているのか?それを知るだけでも大きな意味があります。

前回お話ししたアドレスでのフェースの向きと関係がある人もいますので、その辺りを考えながらやりやすい方法で修正するとすぐに効果が表れると思います。

ストローク分析をして自分がまっすぐに飛ばしているやり方を見て愕然とする方が結構いらっしゃいます(笑)。

パッティングストローク分析のご予約は ACTEK GOLF にお問い合わせください。
お問い合わせ先は… メール:info@actekgolf.com、電話:03-5829-9083 です。

  • コメント: 5

関連記事

  1. 同伴プレーヤーの曲がり幅は参考になりますが…

    2019.08.21

    同伴プレーヤーの曲がり幅は参考になりますが…

    グリーン上での同伴プレーヤーのパットは同じラインや、反対側のラインで自分がそのあとに打つ場合、貴重…

    同伴プレーヤーの曲がり幅は参考になりますが…
  2. ショルダーストロークの確認方法

    2019.06.12

    ショルダーストロークの確認方法

    ショルダーストロークができているかどうかの確認は色々なやり方がありますが、今回は比較的簡単にできる…

    ショルダーストロークの確認方法
  3. ショートパットを確実に入れるために その1

    2019.11.5

    ショートパットを確実に入れるために その1

    ショートパットに悩んでいる方が結構いらっしゃいます。パッティングストローク分析ではショート…

    ショートパットを確実に入れるために その1
  4. 下半身を動かさない

    2019.08.23

    下半身を動かさない

    ストローク軌道を再現性高くする際に意識したいのが下半身を動かさない意識です。簡単そうに思い…

    下半身を動かさない
  5. フェース向きのコントロールの練習 3

    2018.08.10

    フェース向きのコントロールの練習 3

    ちょっと間が空いてしまいましたが、フェース向きのコントロールの練習の難しいバージョンを紹介します。…

    フェース向きのコントロールの練習 3
  6. ルーティーンのどこで距離感を作るか?

    2020.02.20

    ルーティーンのどこで距離感を作るか?

    距離感を作るには目標地点(カップ)まで届かせるイメージを持ちながら素振りなどをする場合が多いです…

    ルーティーンのどこで距離感を作るか?
  7. インパクトはアドレスの再現

    2018.12.17

    インパクトはアドレスの再現

    ショットではアドレスの位置に戻ってくるよりは若干ハンドファースト気味になるので、厳密にはインパクトが…

    インパクトはアドレスの再現
  8. ショートパットで考えること

    2019.01.22

    ショートパットで考えること

    ショートパットはこれまでのロングパット、ミドルパットと違って入れたいという意識が強くなりますし、考え…

    ショートパットで考えること
  9. ショートパットのミスを知る実験 打ち出し方向編

    2018.07.3

    ショートパットのミスを知る実験 打ち出し方向編

    まずは簡単に違いがわかるところから見ていきましょう。1カップ左、および右の角度は先日のタンジ…

    ショートパットのミスを知る実験 打ち出し方向編

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP