パッティングストローク分析をしていただくと、一番最初に出てくるのがアドレス時のフェースの向きです。

初心者でない限りフェースの向きは一定方向を向いている人が多いです。ですがまっすぐ向いていれば良いと思ってる方が多いので、それについて話します。

アドレス時のフェースの向きがどっちに向いていようと、当たる時の状況がどうなっているかが重要です。

どこを向いていても良いと言うわけではありませんが、一定方向にばらつきが少なく構えられていれば、問題はないと考えています。一生懸命まっすぐに構える練習をして違和感が消えないままやっている方が良くないです。

ただ、例えばフェースを開いて構えていて、当たる時も開いたままで右に外すのであればこれはアドレスを修正することが必要です。

ですは開いて構えていても当たる時には真っ直ぐになったり、ストローク軌道で真っ直ぐに飛ばしているのであれば、それはあまり問題はないと思っています。

一応理想のストロークを目指してやってみていただくのですが、違和感が強すぎたり、やろうと思ってもできなかったり、他の部分に影響が出てしまったりするのであれば、そうすることで、どんなミスが出やすくなるかを知っていてそうならない努力をした方が良いと考えます。

パターはカップに入れると言う明確な目的があるクラブです。他のクラブのようにアバウトな目的ではありません。ですので入ればどんなやり方でもいいわけです。その少し基本から逸脱したやり方でも再現性高くできていればOKです!

良いストロークや、良いフォームが良い結果につながるわけではありません。

  • コメント: 8

関連記事

  1. パッティングでのグリップの持ち方を考える

    2018.08.14

    パッティングでのグリップの持ち方を考える

    パッティングでのグリップの持ち方は人それぞれで正解はありません。ですが、自分のやろうとしていることや…

    パッティングでのグリップの持ち方を考える
  2. どうも構えづらいという人が多いです

    2019.07.8

    どうも構えづらいという人が多いです

    ここのところ数名の方が連続で買ったままの状態のパターが構えづらいという相談でいらっしゃいました。…

    どうも構えづらいという人が多いです
  3. 本当にパッティングが悪かったのか?

    2020.01.17

    本当にパッティングが悪かったのか?

    パッティングの結果は結構ラウンドでひきずることがあります。でもそれってもしかしたらパッテ…

    本当にパッティングが悪かったのか?
  4. 重いヘッドが本当にいいのか?

    2019.07.4

    重いヘッドが本当にいいのか?

    最近はヘッド重量が360gオーバーというパターが増えてきました。最初はマレットタイプだけだ…

    重いヘッドが本当にいいのか?
  5. 風が強い日のパッティング

    2019.03.25

    風が強い日のパッティング

    先日のラウンドはかなり強い風が吹いていました。ショットで言うとアゲインストの時は2番手でも…

    風が強い日のパッティング
  6. Scotty Cameron LOFT & LIE Fixture

    2019.09.10

    Scotty Cameron LOFT & LIE Fixt…

    Putting Labo. で使用しているパター専用ロフト・ライマシーンは Scotty Came…

    Scotty Cameron LOFT & LIE Fixture
  7. パッティングで変えられないこと

    2019.10.30

    パッティングで変えられないこと

    パッティングで人それぞれ変えられないところが存在すると思っています。その変えられないところ…

    パッティングで変えられないこと
  8. STABILITY Shaft 実験3

    2019.06.20

    STABILITY Shaft 実験3

    先日作った TRUECoG CUPRUM が少しヘッドがききすぎてしまった印象があったので、ヘッド…

    STABILITY Shaft 実験3
  9. シャットにテークバックする意識

    2019.09.13

    シャットにテークバックする意識

    ストローク分析にこられた方にはよく言うのが、「シャットにあげる意識」です。シャットにあげよ…

    シャットにテークバックする意識

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP