パッティングストローク分析をしていただくと、一番最初に出てくるのがアドレス時のフェースの向きです。

初心者でない限りフェースの向きは一定方向を向いている人が多いです。ですがまっすぐ向いていれば良いと思ってる方が多いので、それについて話します。

アドレス時のフェースの向きがどっちに向いていようと、当たる時の状況がどうなっているかが重要です。

どこを向いていても良いと言うわけではありませんが、一定方向にばらつきが少なく構えられていれば、問題はないと考えています。一生懸命まっすぐに構える練習をして違和感が消えないままやっている方が良くないです。

ただ、例えばフェースを開いて構えていて、当たる時も開いたままで右に外すのであればこれはアドレスを修正することが必要です。

ですは開いて構えていても当たる時には真っ直ぐになったり、ストローク軌道で真っ直ぐに飛ばしているのであれば、それはあまり問題はないと思っています。

一応理想のストロークを目指してやってみていただくのですが、違和感が強すぎたり、やろうと思ってもできなかったり、他の部分に影響が出てしまったりするのであれば、そうすることで、どんなミスが出やすくなるかを知っていてそうならない努力をした方が良いと考えます。

パターはカップに入れると言う明確な目的があるクラブです。他のクラブのようにアバウトな目的ではありません。ですので入ればどんなやり方でもいいわけです。その少し基本から逸脱したやり方でも再現性高くできていればOKです!

良いストロークや、良いフォームが良い結果につながるわけではありません。

  • コメント: 8

関連記事

  1. テークバックが小さいのはダメです

    2019.11.21

    テークバックが小さいのはダメです

    最近立て続けにテークバックを小さくしているという方がいらっしゃいました。以前も言いましたが…

    テークバックが小さいのはダメです
  2. フォローを真っ直ぐに出す?

    2019.03.14

    フォローを真っ直ぐに出す?

    フォローを出していくイメージをヘッドを真っ直ぐに出すイメージという方が結構いらっしゃいます。…

    フォローを真っ直ぐに出す?
  3. 左肘の動きは本当に大事

    2021.01.19

    左肘の動きは本当に大事

    先日いらしていただいた方々に左肘のポジションを意識することを伝えました。この左肘がストロー…

    左肘の動きは本当に大事
  4. 旗竿を抜かずにプレーする

    2019.02.26

    旗竿を抜かずにプレーする

    旗をさしたままプレーするときにこんな風にしたら良さそうだという話しをちょっとします。まず、旗竿に当…

    旗竿を抜かずにプレーする
  5. 軽シャフト/重グリップ/重ヘッド 実験結果1

    2019.05.15

    軽シャフト/重グリップ/重ヘッド 実験結果1

    ずいぶん間が空いてしまいましたが、先日作ってみた ODYSSEY Stroke Lab 風のパター…

    軽シャフト/重グリップ/重ヘッド 実験結果1
  6. 「無意識のパッティング」 その4

    2020.04.16

    「無意識のパッティング」 その4

    今日で最後の「無意識のパッティング」の話です。今日は自分自身も少し考え方に影響を受けた重要な話で…

    「無意識のパッティング」 その4
  7. パター練習グッズ「PUTTMON」で練習

    2019.12.3

    パター練習グッズ「PUTTMON」で練習

    レポートする場所があちこちになってしまいましたが、先日 ANSERFREAK の方でレポートした「…

    パター練習グッズ「PUTTMON」で練習
  8. 安定している動きを優先する

    2019.03.5

    安定している動きを優先する

    パッティングストロークの分析では、色々なパラーメーターにおける再現性を点数にして表示されます。…

    安定している動きを優先する
  9. ショートパットを確実に入れるために その2

    2019.11.6

    ショートパットを確実に入れるために その2

    昨日はショートパットを打つ時に起こるミスの中でテークバックで起こりやすいことに関してお話ししました…

    ショートパットを確実に入れるために その2

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP