パッティングストロークには大きく分けて2種類のタイプがあると思っています。

一つはストローク中にインパクトの瞬間を意識しているストローク。もう一つはストローク中にヘッドが加速することはなくヘッドが動いている途中にインパクトがあるタイプです。

どちらが良いということはなく、やり易くて一番は距離感が出しやすいやり方を選ぶことが重要です。

そのタイプの違いは距離感をインパクトの強さで変える人、振り幅で変える人という言い方もできると思います。ですのでまずは自分のイメージがどちらなのか考えてみてください。

距離が合わない人の多くはインパクトの強さで距離感を変えているのに、ロングパットでは大きく引きすぎてインパクトで緩んでしまったり、その逆でストロークの幅で調整している人が、インパクトを作ってしまうと距離感が大幅に変わってしまいます。

自分のストロークがどっちのタイプなのかを見極めて、そのタイプの打ち方で距離を打ち分けてみて下さい。そうすると意外と距離があってくる場合が多いです。

  • コメント: 5

関連記事

  1. パターグリップをどう選ぶか?

    2018.06.22

    パターグリップをどう選ぶか?

    みなさんどうやってグリップを選んでいますか?今回はグリップを選ぶ際の注意点についてお話ししたいと思い…

    パターグリップをどう選ぶか?
  2. SAM PuttLab vs M-Tracer 「打点編」

    2018.12.26

    SAM PuttLab vs M-Tracer 「打点編」

    今回は一番簡単な打点についてチェックしてみました。SAM PuttLab(SPL) …

    SAM PuttLab vs M-Tracer 「打点編」
  3. 近くのスパットか?打っていく方向か?

    2018.08.29

    近くのスパットか?打っていく方向か?

    人によってターゲット方向のイメージの仕方は異なります。表題のように近くのスパットに対してフェ…

    近くのスパットか?打っていく方向か?
  4. パターヘッドの重量・バランスを考える 2/2

    2018.06.13

    パターヘッドの重量・バランスを考える 2/2

    昨日予告した実験をしました。下の表が結果の生データです。表の中の10の位が1はBバラ…

    パターヘッドの重量・バランスを考える 2/2
  5. インサイドに引きすぎると…

    2019.02.4

    インサイドに引きすぎると…

    パターヘッドの軌道はインサイドインが良いという話を聞いたりして、わざわざその動きを自分でしようとし…

    インサイドに引きすぎると…
  6. 今年も一年ありがとうございました

    2018.12.28

    今年も一年ありがとうございました

    2018年の更新は今日で最後となります。今日はご挨拶のみとなります。パターやパッティングに関…

    今年も一年ありがとうございました
  7. 細いグリップが合う人

    2018.08.31

    細いグリップが合う人

    先日は太いパターグリップが合う人について話しました。今回は逆に細いグリップが合う人の話です。…

    細いグリップが合う人
  8. 手首を使わないために

    2018.12.19

    手首を使わないために

    ストローク中に手首を使わないためにどうしたらいいか?そんなことを結構聞かれることがあります。…

    手首を使わないために
  9. アッパー軌道の間違った認識

    2019.04.15

    アッパー軌道の間違った認識

    パッティングストローク分析に来ていただいた方に質問することがあります。それは自分が考える理…

    アッパー軌道の間違った認識

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP