結構このインパクト後の余計な動きをされる方が多いです。

この余計な動きが自分が行きたくない方向に行かせないための動き方になっている方が多く、それを見ると、「引っかけたくないんですね」とか、「押し出したくないんですね」というのが伝わってきます。

ただ打った後にやっていることなので、打球の方向や回転に影響は与えません。かといってそれをやめてしまうとすごくストロークを完結した感覚がなくなってしまう方が多いです。

ですがテークバックの幅よりもフォロースルーの幅が2倍以上(ある人は4倍くらい)もしていると、それはテークバックの距離が明らかに小さすぎてフォローを出していかないと飛ばせていないということが考えられます。

十分なテークバックの距離があれば、フォロースルーの幅は等幅でも問題ありませんし、行っても1.5倍程度で十分だと思います。

私の場合は2mの距離の時にスタンスをとった右足の前にフェース面がくるところまでがテークバック、左足の前にくるのがフォロースルーだと思っています。

このくらいの振り幅でどのくらい転がせるのかチェックしてみて、自分の距離感のスタンダードにするのが良いと思います。

ボールを打った後の余計な動きはあまりかっこよくないですしね(笑)。心当たりがある方は少し小さくやってみるようにしてみてください。

  • コメント: 4

関連記事

  1. パターヘッドの重量・バランスを考える 1/2

    2018.06.12

    パターヘッドの重量・バランスを考える 1/2

    パターヘッドの重量は色々なものがあります。通常の34インチ前後の長さのパターにおいて軽い物は320g…

    パターヘッドの重量・バランスを考える 1/2
  2. スタンスを決めるときに意識すること

    2018.10.19

    スタンスを決めるときに意識すること

    何気なくとっているスタンスですが、ショットの時同様体重のかかり方が結構重要です。パッティング…

    スタンスを決めるときに意識すること
  3. パターのライ角を合わせることの重要性

    2018.06.26

    パターのライ角を合わせることの重要性

    パッティングストロークの分析をしていてライ角が合っていない人の数は全体の2/5くらいいるような気がし…

    パターのライ角を合わせることの重要性
  4. 重いヘッドがもてはやされていますが…

    2019.08.30

    重いヘッドがもてはやされていますが…

    最近はヘッド重量が重いパターが多いですよね。中には PING のように重いヘッドにもしても…

    重いヘッドがもてはやされていますが…
  5. ストロークを安定させるには

    2019.03.29

    ストロークを安定させるには

    パッティングストロークの分析をしていると、ストロークの安定感に問題がある人が結構います。安…

    ストロークを安定させるには
  6. フェースの下目で打つイメージを作る練習

    2018.06.25

    フェースの下目で打つイメージを作る練習

    パッティングストローク分析をしていると、ヘッドの縦方向の動きがわかります。ダウンブローに当たっている…

    フェースの下目で打つイメージを作る練習
  7. 前足の開きをコントロール

    2019.08.26

    前足の開きをコントロール

    先日ストローク分析にいらした方が結構な確率で引っ掛けが出ていました。7回ストロークしたうち…

    前足の開きをコントロール
  8. 高麗グリーンで気をつけること

    2018.12.10

    高麗グリーンで気をつけること

    先日久しぶりに高麗グリーンでプレーしてきました。高麗グリーンはベントグリーンと違いパッティン…

    高麗グリーンで気をつけること
  9. 下半身を動かさない意識

    2019.04.19

    下半身を動かさない意識

    パッティングストローク分析をしていると、下半身(特に後ろ足の膝)が動く人がかなりいます。膝…

    下半身を動かさない意識

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP