結構このインパクト後の余計な動きをされる方が多いです。

この余計な動きが自分が行きたくない方向に行かせないための動き方になっている方が多く、それを見ると、「引っかけたくないんですね」とか、「押し出したくないんですね」というのが伝わってきます。

ただ打った後にやっていることなので、打球の方向や回転に影響は与えません。かといってそれをやめてしまうとすごくストロークを完結した感覚がなくなってしまう方が多いです。

ですがテークバックの幅よりもフォロースルーの幅が2倍以上(ある人は4倍くらい)もしていると、それはテークバックの距離が明らかに小さすぎてフォローを出していかないと飛ばせていないということが考えられます。

十分なテークバックの距離があれば、フォロースルーの幅は等幅でも問題ありませんし、行っても1.5倍程度で十分だと思います。

私の場合は2mの距離の時にスタンスをとった右足の前にフェース面がくるところまでがテークバック、左足の前にくるのがフォロースルーだと思っています。

このくらいの振り幅でどのくらい転がせるのかチェックしてみて、自分の距離感のスタンダードにするのが良いと思います。

ボールを打った後の余計な動きはあまりかっこよくないですしね(笑)。心当たりがある方は少し小さくやってみるようにしてみてください。

  • コメント: 0

関連記事

  1. 2本の TRUECoG パター(CUPRUM/SUS303)の使い分け

    2018.07.5

    2本の TRUECoG パター(CUPRUM/SUS303)の使い分け…

    TRUECoG シリーズには3種類のヘッド素材があってそのそれぞれが全て同じ設計になっています。ヘッ…

    2本の TRUECoG パター(CUPRUM/SUS303)の使い分け
  2. パッティングに関する色々な分布 1 Consistency

    2018.09.14

    パッティングに関する色々な分布 1 Consistency

    今日は パッティングストローク分析を受けてくれた方のデータを紹介します(数年前のデータですが...)…

    パッティングに関する色々な分布 1 Consistency
  3. 市販パターを使う上での知っておくべきこと

    2018.06.18

    市販パターを使う上での知っておくべきこと

    なんだかパターが構えにくいと言っていらっしゃる方が結構います。その違和感はこんな感じです。1…

    市販パターを使う上での知っておくべきこと
  4. 細いグリップが合う人

    2018.08.31

    細いグリップが合う人

    先日は太いパターグリップが合う人について話しました。今回は逆に細いグリップが合う人の話です。…

    細いグリップが合う人
  5. どうやって実験するか考え中…

    2018.12.25

    どうやって実験するか考え中…

    先日 ANSERFREAK の方でアナウンスした実験について考えています。EPSON M-T…

    どうやって実験するか考え中…
  6. 左目の下にボール

    2018.12.21

    左目の下にボール

    パッティングストロークの分析にいらしてくださった方からどんなことを気をつけてストロークしていますか?…

    左目の下にボール
  7. 真っ直ぐ引いて真っ直ぐ出す?

    2018.08.1

    真っ直ぐ引いて真っ直ぐ出す?

    よくそんな事を言う人がいますが、この表現は危険です。正しくストロークすると真っ直ぐには引けま…

    真っ直ぐ引いて真っ直ぐ出す?
  8. パターの打感は調整だけでも変わる

    2018.11.27

    パターの打感は調整だけでも変わる

    パター選びの基準で打感にこだわる人が結構いらっしゃいます。一般的にはヘッドの素材だったり、フ…

    パターの打感は調整だけでも変わる
  9. なぜショルダーストロークか?

    2018.12.14

    なぜショルダーストロークか?

    ショルダーストロークがパッティングストロークでは大事な動きであることはずっと言ってきました。それはど…

    なぜショルダーストロークか?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP