結構このインパクト後の余計な動きをされる方が多いです。

この余計な動きが自分が行きたくない方向に行かせないための動き方になっている方が多く、それを見ると、「引っかけたくないんですね」とか、「押し出したくないんですね」というのが伝わってきます。

ただ打った後にやっていることなので、打球の方向や回転に影響は与えません。かといってそれをやめてしまうとすごくストロークを完結した感覚がなくなってしまう方が多いです。

ですがテークバックの幅よりもフォロースルーの幅が2倍以上(ある人は4倍くらい)もしていると、それはテークバックの距離が明らかに小さすぎてフォローを出していかないと飛ばせていないということが考えられます。

十分なテークバックの距離があれば、フォロースルーの幅は等幅でも問題ありませんし、行っても1.5倍程度で十分だと思います。

私の場合は2mの距離の時にスタンスをとった右足の前にフェース面がくるところまでがテークバック、左足の前にくるのがフォロースルーだと思っています。

このくらいの振り幅でどのくらい転がせるのかチェックしてみて、自分の距離感のスタンダードにするのが良いと思います。

ボールを打った後の余計な動きはあまりかっこよくないですしね(笑)。心当たりがある方は少し小さくやってみるようにしてみてください。

  • コメント: 0

関連記事

  1. ラウンド前のパター練習

    2018.11.14

    ラウンド前のパター練習

    みなさんラウンド前にショットの練習はしなくてもパットの練習はしている方が多いと思います。今日は私がど…

    ラウンド前のパター練習
  2. インパクトで大事なこと

    2018.11.13

    インパクトで大事なこと

    インパクトで思った方向に打ち出すために必要な条件は、フェース向きとクラブ軌道の条件があった時です。…

    インパクトで大事なこと
  3. duckbill golf Putters

    2018.05.3

    duckbill golf Putters

    ここでは duckbill golf のオリジナルパターの作品集を紹介します。duckbill go…

    duckbill golf Putters
  4. 自分がどう動かそうとしているかの確認

    2018.10.24

    自分がどう動かそうとしているかの確認

    パッティングストロークの分析を受けに来ていただいた方には、必ず最初に打っていただきながらどんなイメー…

    自分がどう動かそうとしているかの確認
  5. セットアップ時のライ角

    2019.03.6

    セットアップ時のライ角

    何度か話題にしたことがありますが、アドレス時にライ角が適正かどうかは、フェースの向きを合わせる動き…

    セットアップ時のライ角
  6. パターのライ角を合わせることの重要性

    2018.06.26

    パターのライ角を合わせることの重要性

    パッティングストロークの分析をしていてライ角が合っていない人の数は全体の2/5くらいいるような気がし…

    パターのライ角を合わせることの重要性
  7. 肘は伸ばすのか曲げるのか?

    2018.12.18

    肘は伸ばすのか曲げるのか?

    パッティングのアドレスで肘を伸ばした方がいいのか、曲げた方がいいのかをよく聞かれます。私の答…

    肘は伸ばすのか曲げるのか?
  8. ボールにラインを十字に入れる

    2018.11.16

    ボールにラインを十字に入れる

    以前も話題にしたことがあるかもしれませんが、ボールにラインを入れる話です。今回は真っ直ぐのラ…

    ボールにラインを十字に入れる
  9. 理想のストロークのイメージが強すぎてもいけない

    2018.12.13

    理想のストロークのイメージが強すぎてもいけない

    ストローク分析を受ける方のほとんどは、自分がどうしたいと思っているかが結構明確です。ですがま…

    理想のストロークのイメージが強すぎてもいけない

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP