結構「パンチが入っちゃうんだよね」という人がいらっしゃいます。

パンチが入ってダメなのは、ある状況になると思いがけず自分の意に反してボールを強く当ててしまうのが悪いパンチです。

小さいテークバックからインパクトを強く当てるのが毎回であればそれは悪いパンチではありません。それがその人のストロークの特徴だからです。

突然なってしまって打ちすぎてしまうパンチでない限り、それほどパンチを悪いものとらえなくても良いと思います。特にその打ち方がいつも再現性高くできている人も結構いますので、それを直そうとするのは逆にリスクがあります。

ですのでパンチ(フォローが短い)打ち方をされていても、そんなに気にしなくてもいい方がほとんどです。

実際は打った後にどんな動きを入れてももう遅いわけですので…。

  • コメント: 0

関連記事

  1. ストローク軌道を修正する意外に簡単な方法

    2018.10.16

    ストローク軌道を修正する意外に簡単な方法

    私の場合ストローク軌道が悪い状態になるとインに引きすぎてしまいます。インに引いて主に起こるのはプッシ…

    ストローク軌道を修正する意外に簡単な方法
  2. アドレスの手の位置とパターのすわり

    2018.10.9

    アドレスの手の位置とパターのすわり

    パッティングにおけるヘッドを置く位置と、手の位置の関係は本当に人それぞれになります。例えばハ…

    アドレスの手の位置とパターのすわり
  3. グリップを変えるときの注意

    2018.10.30

    グリップを変えるときの注意

    パターのグリップは本当に慎重に変えた方が良いパーツです。重さ、太さ、素材、形状など色々な要素…

    グリップを変えるときの注意
  4. 多方面からラインを見る

    2018.11.26

    多方面からラインを見る

    先日のラウンドではこれまでよりも入念にラインを読むことを心掛けました。ラインを読むことも他の…

    多方面からラインを見る
  5. ボールが左目の下にあることが絶対か?

    2018.07.11

    ボールが左目の下にあることが絶対か?

    よく左目の下にボールを置くと良いと言われていますが、これに関しては特に根拠はありません。真っ…

    ボールが左目の下にあることが絶対か?
  6. ボールにラインを十字に入れる

    2018.11.16

    ボールにラインを十字に入れる

    以前も話題にしたことがあるかもしれませんが、ボールにラインを入れる話です。今回は真っ直ぐのラ…

    ボールにラインを十字に入れる
  7. 自宅での効果的な練習 その1

    2019.01.17

    自宅での効果的な練習 その1

    自宅でパッティングも練習を効果的にする方法の一つ目です。自宅にパターマットがあるという方は結…

    自宅での効果的な練習 その1
  8. ショートパットのミスを知る実験 フェースの向き編

    2018.07.4

    ショートパットのミスを知る実験 フェースの向き編

    今日はフェースの向きに注目してみました。フェースの向きにはアドレス時の向きとインパクト時の向きがあり…

    ショートパットのミスを知る実験 フェースの向き編
  9. HILLCREST TRUECoGシリーズのこだわり1「ネーミング」

    2018.06.11

    HILLCREST TRUECoGシリーズのこだわり1「ネーミング」

    これから何回かにわたって自分がデザインしたエースパターの HILLCREST TRUECoG につい…

    HILLCREST TRUECoGシリーズのこだわり1「ネーミング」

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP