以前お話ししましたが、市販パターは同じモデルでも構えやすいもの、構えにくいものがあります。その構えにくさの原因としては、ロフト角、ライ角、長さ、グリップの入り方などの違和感が考えられます。

ロフト角があっていないと、自分が置きたい手の位置でパターが座ってくれないことになります。この違和感を何とかしてくださいと言っていらっしゃる方が3割くらい。一番多いのがライ角が合わなくてトウが浮きすぎてしまったり、ヒールが浮いてしまい、これを改善したいと言う人は4割くらいです。

ですが気付かないうちにパターに手の位置を決められてしまっている方も少なくありません。そう言う方はそのアドレスの手の位置が自分にあっていないと言うことに気付いていません。

まずはパターのスペックを計測して、長さがあっているかを確認し、グリップが真っ直ぐに入っているかをチェックしてお使いになることをお勧めします。

パッティングストローク分析を受けていただくと、パターのスペックを計測いたします。必要であればロフト/ライの調整も可能ですので是非やってみてください。パッティングストローク分析に関する詳しい情報は…
https://www.puttinglabo.com/?product=stroke-analysis

スペックの計測、ロフト/ライの調整のみでも可能ですので、お問い合わせください。

  • コメント: 5

関連記事

  1. 下半身を動かさない

    2019.08.23

    下半身を動かさない

    ストローク軌道を再現性高くする際に意識したいのが下半身を動かさない意識です。簡単そうに思い…

    下半身を動かさない
  2. パターの芯で打つことのメリット

    2019.10.21

    パターの芯で打つことのメリット

    パターの芯(重心位置)で打つとたくさんの良いことがあります。1.転がりが良い 2.左右にぶ…

    パターの芯で打つことのメリット
  3. ミドルパットで考えること

    2019.01.16

    ミドルパットで考えること

    前回はロングパットの話でした。今回はミドルパットの話です。ミドルパットというとあわよくば入れ…

    ミドルパットで考えること
  4. ボールが左目の下にあることが絶対か?

    2018.07.11

    ボールが左目の下にあることが絶対か?

    よく左目の下にボールを置くと良いと言われていますが、これに関しては特に根拠はありません。真っ…

    ボールが左目の下にあることが絶対か?
  5. 利き手の手の平なのか?反対の手の甲なのか?

    2018.09.3

    利き手の手の平なのか?反対の手の甲なのか?

    フェースを真っ直ぐに向けるイメージは人によって作り方が異なります。自分の場合は間違いなく利き…

    利き手の手の平なのか?反対の手の甲なのか?
  6. フォワードプレスの勧め

    2018.08.21

    フォワードプレスの勧め

    フォワードプレスという言葉を聞いた事がある方は結構いると思います。自分も微妙にですがこれをしてい…

    フォワードプレスの勧め
  7. パターのライ角調整で激変

    2019.04.9

    パターのライ角調整で激変

    先日来てくださった方があまりに思い通りの結果になったのでちょっと報告です。その方はパッティ…

    パターのライ角調整で激変
  8. フェース素材とロフトの関係

    2019.07.5

    フェース素材とロフトの関係

    フェースの素材は打感に大きく影響を与えます。打感が柔らかい物は硬く感じるものに比べてボールがフェー…

    フェース素材とロフトの関係
  9. 下半身を動かさない意識

    2019.04.19

    下半身を動かさない意識

    パッティングストローク分析をしていると、下半身(特に後ろ足の膝)が動く人がかなりいます。膝…

    下半身を動かさない意識

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP