アドレスの時にボールの距離があっていない人が結構いらっしゃいます。今回はこのボールとの距離についてお話したいと思います。

自分が思う良い距離感は、脇から肘の内側がどうなっているかを基準に考えています。

上の画像のように、肘から脇がずっと体についてしまっていれば近すぎ

上の画像のように肘から脇が全部くっついていないのは遠すぎると判断しています。

近すぎればテークバックがアウトに上がりやすくなるとともに、大きなテークバックがしづらくなります。また、手首を使ったストロークにもなりやすくなります。

逆に遠ければ基本的にはインに上がりやすくなりますし、手がフリーになるのであらゆる方向に動いてしまう条件がそろってしまいます。

ですので脇から肘までの間くらいまでが体につくくらいの距離感が良いと思っています。

その構え(距離)で気持ちの良い前傾角度を作ります。そこで適正な長さを決められればあとはライ角の調整でマッチするパターを作ることができます。

  • コメント: 0

関連記事

  1. SUS303 Rocker Sole Remake を作る 1 「ヘッド選択」

    2018.09.6

    SUS303 Rocker Sole Remake を作る 1 「ヘッ…

    自分用に SUS303 素材の Rocker Sole Remake を作ってみようと思います。これ…

    SUS303 Rocker Sole Remake を作る 1 「ヘッド選択」
  2. 自分がやろうとしていることとやっていること

    2018.08.9

    自分がやろうとしていることとやっていること

    私のフィッティングやストローク分析ではよく言っているのですが、データを見てもらうことの意味は「自分が…

    自分がやろうとしていることとやっていること
  3. パターの打感は調整だけでも変わる

    2018.11.27

    パターの打感は調整だけでも変わる

    パター選びの基準で打感にこだわる人が結構いらっしゃいます。一般的にはヘッドの素材だったり、フ…

    パターの打感は調整だけでも変わる
  4. シャフトを重くすると… その1

    2018.10.31

    シャフトを重くすると… その1

    パターのシャフトを重くしてみたいと思っている人は多いかと思います。みなさんが期待しているのは…

    シャフトを重くすると… その1
  5. 狙う方向のイメージを変えるだけでも

    2018.11.30

    狙う方向のイメージを変えるだけでも

    パッティングストロークの分析をしていて出てくるデータに打ち出し方向(角度)があります。以前も…

    狙う方向のイメージを変えるだけでも
  6. Other Brand Putters

    2018.05.3

    Other Brand Putters

    ここではその他のブランドのカスタマイズしたパターの作品集を紹介します。カスタマイズオーダー時の参考に…

    Other Brand Putters
  7. パッティングの時のこんな手首の形には注意が必要

    2018.07.25

    パッティングの時のこんな手首の形には注意が必要

    色々な人のパッティングストロークを見ていて「これはダメだな...」と思うことが一つだけあります。多少…

    パッティングの時のこんな手首の形には注意が必要
  8. 太いグリップが合う人

    2018.08.30

    太いグリップが合う人

    パター用のグリップは本当にたくさんの種類があります。色々な素材、色々な色、そして色々な形状.…

    太いグリップが合う人
  9. パッティングストローク分析で

    2018.11.6

    パッティングストローク分析で

    最近パッティングストロークの分析をしていて、似たようなパターンの方が何人かいらっしゃったので、その時…

    パッティングストローク分析で

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP