アドレスの時にボールの距離があっていない人が結構いらっしゃいます。今回はこのボールとの距離についてお話したいと思います。

自分が思う良い距離感は、脇から肘の内側がどうなっているかを基準に考えています。

上の画像のように、肘から脇がずっと体についてしまっていれば近すぎ

上の画像のように肘から脇が全部くっついていないのは遠すぎると判断しています。

近すぎればテークバックがアウトに上がりやすくなるとともに、大きなテークバックがしづらくなります。また、手首を使ったストロークにもなりやすくなります。

逆に遠ければ基本的にはインに上がりやすくなりますし、手がフリーになるのであらゆる方向に動いてしまう条件がそろってしまいます。

ですので脇から肘までの間くらいまでが体につくくらいの距離感が良いと思っています。

その構え(距離)で気持ちの良い前傾角度を作ります。そこで適正な長さを決められればあとはライ角の調整でマッチするパターを作ることができます。

  • コメント: 9

関連記事

  1. パターの長さと身長

    2019.04.11

    パターの長さと身長

    パターの長さを身長で決めている方が多いです。身長が180cmだから35インチとか、身長が1…

    パターの長さと身長
  2. ソールに鉛は注意が必要

    2019.02.1

    ソールに鉛は注意が必要

    ヘッド重量をアップするのに手っ取り早いのはソール面に鉛を張ることです。ですがそれが原因です…

    ソールに鉛は注意が必要
  3. フェース向きのコントロールの練習 2

    2018.08.7

    フェース向きのコントロールの練習 2

    今日はスクエアインパクトを練習する簡単な方法を紹介します。使うのはこれです。名刺が入…

    フェース向きのコントロールの練習 2
  4. 下半身を動かさない意識

    2018.10.17

    下半身を動かさない意識

    パッティングストロークをするときに、下半身を絶対に動かさない意識で打とうと思うと、自然にショルダース…

    下半身を動かさない意識
  5. グリーン上のマナー 1 ピッチマークの補修

    2018.08.3

    グリーン上のマナー 1 ピッチマークの補修

    グリーン上で気をつけていることは結構あります。ちょっと挙げてみると...ピッチマークの補修…

    グリーン上のマナー 1 ピッチマークの補修
  6. 軽シャフト/重グリップ/重ヘッド 実験結果1

    2019.05.15

    軽シャフト/重グリップ/重ヘッド 実験結果1

    ずいぶん間が空いてしまいましたが、先日作ってみた ODYSSEY Stroke Lab 風のパター…

    軽シャフト/重グリップ/重ヘッド 実験結果1
  7. ボールを置く位置が左過ぎないか?

    2018.10.12

    ボールを置く位置が左過ぎないか?

    みなさんボールを置く位置はある程度一定になっている方が多いです。ですが、そこに置いているからいつも同…

    ボールを置く位置が左過ぎないか?
  8. スタート前のパッティング練習

    2019.03.26

    スタート前のパッティング練習

    練習グリーンでの朝の練習はそのコースのグリーンのスピードの感覚を得るための大事な時間です。…

    スタート前のパッティング練習
  9. ほとんどの人が動いている右膝

    2018.11.28

    ほとんどの人が動いている右膝

    パッティングストロークの分析をしていると、ほとんどの方が下半身(膝)が動いてしまっています。…

    ほとんどの人が動いている右膝

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP