これまでたくさんの人のアドレスを見てきました。今回のお話の足の置き方は人それぞれかなり違います。これには正解はなくて、やりやすいように構えるのが良いと思っています。

ただ極端になっている人は、その形によって悪い動きになっている可能性もあるので、そのチェックは必要です。

今回は前足(右利きの方は左足、左利きの方は右足)の開き具合についてお話しします。

体をオープンに構える方の多くは前足を開いている方が多く見受けられます。クローズに構える方は真っ直ぐ位になっていることが多いです。

まず開きが大きい場合膝の向きも変わってきますので、膝の正面が斜め前方に向くことになります。これはどんなことにつながるかというと、体は突っ込みやすくなることは覚えておいたほうが良いです。ボールがひっかかるとか、つかまりが悪いなどの状況がある場合、その膝の向きがその動きにさせてしまっていることを疑ってください。

自分も前足は結構開いているのですが、調子が悪いときや左に行かせたくないときはここの形を意識して変えています。

ボールが引っかかる日は足の開きを弱めにしてボールをいつもよりほんの少し右に置くなどの調整をしています。逆にプッシュが出るときはテークバックの軌道を疑ったりしています。

前足を置く位置や開き具合は日によって変わることが結構ある部分です。またちょっとした調整にも使える部分なので、少しそこに注目してみてはいかがでしょうか?

  • コメント: 1

関連記事

  1. 旗竿を抜かずにプレーする

    2019.02.26

    旗竿を抜かずにプレーする

    旗をさしたままプレーするときにこんな風にしたら良さそうだという話しをちょっとします。まず、旗竿に当…

    旗竿を抜かずにプレーする
  2. 近過ぎるボールとの距離

    2019.03.11

    近過ぎるボールとの距離

    ストローク分析をする際に最初にフリーで打っていただいて色々観察させていただくのですが、ボールとの距…

    近過ぎるボールとの距離
  3. 手首を使わないために

    2018.12.19

    手首を使わないために

    ストローク中に手首を使わないためにどうしたらいいか?そんなことを結構聞かれることがあります。…

    手首を使わないために
  4. パターのスペックに合わせたアドレスはダメ

    2019.01.28

    パターのスペックに合わせたアドレスはダメ

    ここ何回かのストローク分析で、表題の通りパターがすわる位置に合わせて手首の角度や手首の形を決めてしま…

    パターのスペックに合わせたアドレスはダメ
  5. パッティングで大事なこと

    2018.09.21

    パッティングで大事なこと

    パッティングだけに限らないのですが、ゴルフで大事だと思っていることがあります。これは持論でも…

    パッティングで大事なこと
  6. パッティングでのグリップの持ち方を考える

    2018.08.14

    パッティングでのグリップの持ち方を考える

    パッティングでのグリップの持ち方は人それぞれで正解はありません。ですが、自分のやろうとしていることや…

    パッティングでのグリップの持ち方を考える
  7. クローグリップは球が転がる

    2019.07.1

    クローグリップは球が転がる

    自分だけなのかもしれませんが、どうしても打てなくなってショートしがちになった時はクローグリップに切…

    クローグリップは球が転がる
  8. SUS303ヘッドにSTABILITYシャフトはベストマッチ

    2019.08.2

    SUS303ヘッドにSTABILITYシャフトはベストマッチ

    先日より TRUECoG SUS303 に STABILITY シャフトを入れて使っています。…

    SUS303ヘッドにSTABILITYシャフトはベストマッチ
  9. 一般的なピン型の重心位置

    2019.10.23

    一般的なピン型の重心位置

    PING の Anser の形状のパターを使っている人に知っておいてもらいたいことがあります。…

    一般的なピン型の重心位置

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP