これまでたくさんの人のアドレスを見てきました。今回のお話の足の置き方は人それぞれかなり違います。これには正解はなくて、やりやすいように構えるのが良いと思っています。

ただ極端になっている人は、その形によって悪い動きになっている可能性もあるので、そのチェックは必要です。

今回は前足(右利きの方は左足、左利きの方は右足)の開き具合についてお話しします。

体をオープンに構える方の多くは前足を開いている方が多く見受けられます。クローズに構える方は真っ直ぐ位になっていることが多いです。

まず開きが大きい場合膝の向きも変わってきますので、膝の正面が斜め前方に向くことになります。これはどんなことにつながるかというと、体は突っ込みやすくなることは覚えておいたほうが良いです。ボールがひっかかるとか、つかまりが悪いなどの状況がある場合、その膝の向きがその動きにさせてしまっていることを疑ってください。

自分も前足は結構開いているのですが、調子が悪いときや左に行かせたくないときはここの形を意識して変えています。

ボールが引っかかる日は足の開きを弱めにしてボールをいつもよりほんの少し右に置くなどの調整をしています。逆にプッシュが出るときはテークバックの軌道を疑ったりしています。

前足を置く位置や開き具合は日によって変わることが結構ある部分です。またちょっとした調整にも使える部分なので、少しそこに注目してみてはいかがでしょうか?

  • コメント: 1

関連記事

  1. ボールをフェースに乗せて運ぶ その2

    2019.01.8

    ボールをフェースに乗せて運ぶ その2

    理想は少しハンドファーストでアッパー軌道で当たるのが動き的には良い動きになります。そして左右…

    ボールをフェースに乗せて運ぶ その2
  2. ボール位置を確認する上での注意点

    2018.10.11

    ボール位置を確認する上での注意点

    自分がボールをどこに置いているかチェックするときに大事なことをお話します。ショットでのボール…

    ボール位置を確認する上での注意点
  3. パターのバランスは参考値

    2020.01.6

    パターのバランスは参考値

    パターもクラブなのでもちろんスイングバランスというものがあります。ただバランスがいくつだ…

    パターのバランスは参考値
  4. 「打つ」のではなく「運ぶ」意識

    2020.05.13

    「打つ」のではなく「運ぶ」意識

    少し前にも書いたかもしれませんが、改めてこの言葉がわかりやすかったので書いておきます。パッ…

    「打つ」のではなく「運ぶ」意識
  5. パターの重心で打つこと

    2019.06.5

    パターの重心で打つこと

    パターの重心がどこにあるか意識したことがありますか?パターにはサイトラインやサイトドットが…

    パターの重心で打つこと
  6. クロウグリップのメリットは?

    2018.07.26

    クロウグリップのメリットは?

    先日の全英オープンは久しぶりに面白かったですね。タイガー・ウッズが上位にいたので、いつもなら途中で寝…

    クロウグリップのメリットは?
  7. 多方面からラインを見る

    2018.11.26

    多方面からラインを見る

    先日のラウンドではこれまでよりも入念にラインを読むことを心掛けました。ラインを読むことも他の…

    多方面からラインを見る
  8. 軽シャフト/重グリップ/重ヘッド 実験結果2

    2019.05.16

    軽シャフト/重グリップ/重ヘッド 実験結果2

    今日は細かいデータではなく、結果どっち打ち出せたかのデータを見てみました。このデータが一番…

    軽シャフト/重グリップ/重ヘッド 実験結果2
  9. テークバックが小さいのはダメです

    2019.11.21

    テークバックが小さいのはダメです

    最近立て続けにテークバックを小さくしているという方がいらっしゃいました。以前も言いましたが…

    テークバックが小さいのはダメです

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP