アドレスしている時の重心がどこにあるか意識したことはありますか?これはつま先よりになり過ぎてもだめですし、踵寄りになり過ぎてもだめです。

なんだか当たり前な感じですが、これは意外と重要です。

ではどこに重心があるイメージなのかですが、足裏全体(土踏まず)に乗っているイメージです。重心が良い場所にないとストロークの軌道にも影響します。もちろん体が本来いたい重心の位置に動こうとしてしまいます。

上の画像はつま先よりに重心がかかり過ぎです。前かがみの人に多い現象になります。

上の画像はかかと寄りに重心が行き過ぎています。もっと起き上がって構える(前傾が少ない)人に多く見受けられます。

例えば、本当は少しかかと寄りに重心がある人がつま先に重心がかかってしまうと自分が安定するかかと側にストローク中に動こうとしてしまいます。これがショットで言えば起き上がりにつながります。パターですのでボールに届かなくなるということはありませんが、起き上がりを補うために手の動きが入ってきてしまい打点のずれが出てきます。

打点が不安定になったり軌道がばらばらになったりしてしまいますので安定したストロークをするためには自分が安定した形になることが重要になってきます。

この形ができたところで初めて良いストロークの準備ができたことになります。上の画像は安定した形に見えると思います。

鏡などがあれば自分でも重心がどこにかかって良そうかチェックができます。それでどの感じがどこに重心が来ている感じなのかつかめれば、次第にその癖もついています。

  • コメント: 4

関連記事

  1. マレット型が合うタイプ

    2018.12.27

    マレット型が合うタイプ

    今回はちょっと違うアプローチでマレット型が合う人はどんな人なのか考えてみました。マレット型と…

    マレット型が合うタイプ
  2. STABILITY Shaft 実験1

    2019.06.13

    STABILITY Shaft 実験1

    先日 ANSERFREAK で紹介したパター用のシャフト「STABILITY Shaft」の色々な…

    STABILITY Shaft 実験1
  3. フェース素材の違いによるロフト調整

    2018.09.25

    フェース素材の違いによるロフト調整

    パターのロフト調整をする際に考慮していることがあります。ロフトはボールをつかまえるために必要です。ボ…

    フェース素材の違いによるロフト調整
  4. パター用シャフト色々

    2018.07.19

    パター用シャフト色々

    今把握している比較的簡単に手に入るパター用のシャフトを特長を交えて紹介します。●島田…

    パター用シャフト色々
  5. カップまでの距離とカップインするための打ち出し方向の関係 1/2

    2018.06.19

    カップまでの距離とカップインするための打ち出し方向の関係 1/2

    3m先のカップに入れるためには打ち出し方向が1度以内の誤差にならなければならないという話を聞いたこと…

    カップまでの距離とカップインするための打ち出し方向の関係 1/2
  6. 届かないは入らないをどうするか?

    2019.04.12

    届かないは入らないをどうするか?

    私も経験がありますが、自分では一生懸命届かせようと思って打っているのに、カップまで届かずアマサイド…

    届かないは入らないをどうするか?
  7. 太いグリップが合う人

    2018.08.30

    太いグリップが合う人

    パター用のグリップは本当にたくさんの種類があります。色々な素材、色々な色、そして色々な形状.…

    太いグリップが合う人
  8. パッティングに関する色々な分布 1 Consistency

    2018.09.14

    パッティングに関する色々な分布 1 Consistency

    今日は パッティングストローク分析を受けてくれた方のデータを紹介します(数年前のデータですが...)…

    パッティングに関する色々な分布 1 Consistency
  9. グリップエンドの動きに注目

    2018.08.22

    グリップエンドの動きに注目

    パッティングのストローク中のグリップエンドに注目してみてください。上の動画のようにシ…

    グリップエンドの動きに注目

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP