パッティングでのグリップの持ち方は人それぞれで正解はありません。ですが、自分のやろうとしていることや、やってしまう悪い動きを抑制するためにグリップの仕方を考えるのは良い事だと思います。

自分のパターのグリップは逆オーバーラッピンググリップです。通常のグリップは右手の小指と薬指の間に左手の人差し指を乗せています。

なにか目的があってこのグリップにしたのではなくて、いつの日からか気がついたらなっていました。

でも今考えると自分は右手の感覚が強くて右手全体できっちり握っている感覚が欲しかったのだと思います。それを考えるとこのグリップの仕方はかなり自分にとっては良いグリップの握り方になります。

自分のストロークを知って、その悪いところを矯正できる可能性があるグリップの握り方色々ありますので、順次その利点と効果について紹介していきます。

  • コメント: 4

関連記事

  1. ライ角調整をしていると…

    2019.07.31

    ライ角調整をしていると…

    パッティングストロークの分析をして、最適なライ角がみつかりその場で調整ということは結構あります。…

    ライ角調整をしていると…
  2. パッティングに関する色々な分布 1 Consistency

    2018.09.14

    パッティングに関する色々な分布 1 Consistency

    今日は パッティングストローク分析を受けてくれた方のデータを紹介します(数年前のデータですが...)…

    パッティングに関する色々な分布 1 Consistency
  3. 手首を使わないために

    2018.12.19

    手首を使わないために

    ストローク中に手首を使わないためにどうしたらいいか?そんなことを結構聞かれることがあります。…

    手首を使わないために
  4. インパクト後の余計な動き

    2018.11.8

    インパクト後の余計な動き

    結構このインパクト後の余計な動きをされる方が多いです。この余計な動きが自分が行きたくない方向…

    インパクト後の余計な動き
  5. フェースを真っ直ぐ出そうと思うと

    2019.02.13

    フェースを真っ直ぐ出そうと思うと

    パッティングストローク分析をしていてよく聞くストロークのイメージが打った後のフェースの向きのイメー…

    フェースを真っ直ぐ出そうと思うと
  6. 軽量シャフトの実験(予告)

    2019.03.27

    軽量シャフトの実験(予告)

    前から興味があった ODYSSEY の STROKE LAB のようなパター。シャフトを軽…

    軽量シャフトの実験(予告)
  7. SUS303 Rocker Sole Remake を作る 2 「長さとシャフト」

    2018.09.7

    SUS303 Rocker Sole Remake を作る 2 「長さ…

    少し前までは自分のパターの長さは33インチと決めていたのですが、最近のパターは33.75インチにして…

    SUS303 Rocker Sole Remake を作る 2 「長さとシャフト」
  8. 修正が難しいパターンに遭遇

    2019.09.4

    修正が難しいパターンに遭遇

    先日ストローク分析に来ていただいた方で、その方がしたいと思うストロークにするためのイメージづくりが…

    修正が難しいパターンに遭遇
  9. 軽シャフト/重グリップ/重ヘッド 実験結果2

    2019.05.16

    軽シャフト/重グリップ/重ヘッド 実験結果2

    今日は細かいデータではなく、結果どっち打ち出せたかのデータを見てみました。このデータが一番…

    軽シャフト/重グリップ/重ヘッド 実験結果2

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP