自分の軸が右なのか左なのか知っている人はあまりいないかと思います。

4スタンス理論の考え方になりますが、右軸の人と左軸の人がいます。右軸左軸というとわかりにくいので表現を変えると、運動方向に対しての前足なのか、後ろ足なのかという話になります。

例えば右利きの方の場合ボールを飛ばすという運動方向に対しての後ろ足は右足、前足は左足ということになります。自分の場合軸足は後ろ足なので、お先パットをするときに片足だけ出すとすると、この後ろ足(右足)を出してするのが安定して打つことができます。

これを左足を出してと言われるとうまく体を安定させることができません。

これは人それぞれ違っていますので、どちらが軸足になっているかをチェックしてみてください。そうすると自分の軸足を意識してストロークをすると体の動きが安定することが体感できると思います。

意識するといってもその足に体重をかけて打つということではなく、50%-50%よりもほんの少し軸足側に意識を持つくらいで十分です。だめなのは自分の軸足ではない側に体重が多く乗ってしまっていることです。

少し意識してやってみてください。意外と自分の体重の配分の癖がわかるかもしれません。

  • コメント: 6

関連記事

  1. ショートパットのミスを知る実験 打ち出し方向編

    2018.07.3

    ショートパットのミスを知る実験 打ち出し方向編

    まずは簡単に違いがわかるところから見ていきましょう。1カップ左、および右の角度は先日のタンジ…

    ショートパットのミスを知る実験 打ち出し方向編
  2. パターのすわりを考える

    2019.03.4

    パターのすわりを考える

    パターにはすわりというものがあります。このすわりによってアドレスに結構影響が出ます。すわりが良い状…

    パターのすわりを考える
  3. パターのライ角を合わせることの重要性

    2018.06.26

    パターのライ角を合わせることの重要性

    パッティングストロークの分析をしていてライ角が合っていない人の数は全体の2/5くらいいるような気がし…

    パターのライ角を合わせることの重要性
  4. グリップが真っ直ぐに入っているか?

    2018.10.22

    グリップが真っ直ぐに入っているか?

    ストローク分析にいらした方のグリップを見てみると結構色々です。アドレスでどうしてもまっすぐに…

    グリップが真っ直ぐに入っているか?
  5. パッティングで大事なこと

    2018.09.21

    パッティングで大事なこと

    パッティングだけに限らないのですが、ゴルフで大事だと思っていることがあります。これは持論でも…

    パッティングで大事なこと
  6. グリップを変えるときの注意

    2018.10.30

    グリップを変えるときの注意

    パターのグリップは本当に慎重に変えた方が良いパーツです。重さ、太さ、素材、形状など色々な要素…

    グリップを変えるときの注意
  7. 下半身を動かさない意識

    2018.10.17

    下半身を動かさない意識

    パッティングストロークをするときに、下半身を絶対に動かさない意識で打とうと思うと、自然にショルダース…

    下半身を動かさない意識
  8. ストローク軌道を修正する意外に簡単な方法

    2018.10.16

    ストローク軌道を修正する意外に簡単な方法

    私の場合ストローク軌道が悪い状態になるとインに引きすぎてしまいます。インに引いて主に起こるのはプッシ…

    ストローク軌道を修正する意外に簡単な方法
  9. ボールの赤道より上を打つ?

    2018.11.29

    ボールの赤道より上を打つ?

    最近ボールの転がりをよくするとかで、「赤道より上をフェースの下(リーディングエッジ)で打つ」なんて言…

    ボールの赤道より上を打つ?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP