ちょっと間が空いてしまいましたが、フェース向きのコントロールの練習の難しいバージョンを紹介します。

まず一つ目はアウトに引いてしまったり、フォローがアウトに出て行ってしまう方向けの練習です。トウ側の余裕を1cmくらいにして練習してみてください。

二つ目は逆でインに引きすぎたり、フォローで引っ張ってしまう方向けの練習です。こちらはヒール側の余裕を1cmくらいにして練習してください。

そして究極の練習はこの両側バージョンです。これ実は Take 5 くらいでやっとできました(笑)。なかなか難易度高いです。

おわかりの通り、箱がスクエアに置けないと練習になりません。何か目印を作ってしっかりスクエアにおいて練習してください。

  • コメント: 0

関連記事

  1. 万人向けの練習グッズはありませんが…

    2018.07.13

    万人向けの練習グッズはありませんが…

    世の中にはたくさんの練習グッズがあり、それぞれ開発者の意図する使い方があります。ですがそれをきちんと…

    万人向けの練習グッズはありませんが…
  2. HILLCREST TRUECoGシリーズのこだわり1「ネーミング」

    2018.06.11

    HILLCREST TRUECoGシリーズのこだわり1「ネーミング」

    これから何回かにわたって自分がデザインしたエースパターの HILLCREST TRUECoG につい…

    HILLCREST TRUECoGシリーズのこだわり1「ネーミング」
  3. グリップエンドの動きに注目

    2018.08.22

    グリップエンドの動きに注目

    パッティングのストローク中のグリップエンドに注目してみてください。上の動画のようにシ…

    グリップエンドの動きに注目
  4. フェースローテーションはするものではありません 2/2

    2018.07.18

    フェースローテーションはするものではありません 2/2

    先日はフェースバランスだからローテーションが少なくなって、L字タイプだからローテーションが多くなるの…

    フェースローテーションはするものではありません 2/2
  5. SUS303 Rocker Sole Remake を作る 2 「長さとシャフト」

    2018.09.7

    SUS303 Rocker Sole Remake を作る 2 「長さ…

    少し前までは自分のパターの長さは33インチと決めていたのですが、最近のパターは33.75インチにして…

    SUS303 Rocker Sole Remake を作る 2 「長さとシャフト」
  6. パッティングでのグリップの持ち方を考える

    2018.08.14

    パッティングでのグリップの持ち方を考える

    パッティングでのグリップの持ち方は人それぞれで正解はありません。ですが、自分のやろうとしていることや…

    パッティングでのグリップの持ち方を考える
  7. 太いグリップが合う人

    2018.08.30

    太いグリップが合う人

    パター用のグリップは本当にたくさんの種類があります。色々な素材、色々な色、そして色々な形状.…

    太いグリップが合う人
  8. 自分に合っているパターとは?

    2018.06.1

    自分に合っているパターとは?

    この質問はパッティングストロークの分析をしていてよく聞かれる質問です。一般的にはフェースロー…

    自分に合っているパターとは?
  9. SUS303 Rocker Sole Remake を作る 3 「ロフト角/ライ角」

    2018.09.10

    SUS303 Rocker Sole Remake を作る 3 「ロフ…

    今回はロフト角とライ角の決定です。ここは転がりに影響する一番重要なところです。このスペックの…

    SUS303 Rocker Sole Remake を作る 3 「ロフト角/ライ角」

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP