私のフィッティングやストローク分析ではよく言っているのですが、データを見てもらうことの意味は「自分がやろうと思っていること」 と 「自分がやっていること」 とギャップを知ることです。

正しい動きが頭でわかっていて、それをやろうとしていて、それができていると思っているのに実際にそれが結果につながらない…。ということはよくあることです。

それを数値で見たりビジュアルで表現したものを見ると、自分がやろうと思っていることとのギャップを理解することができます。というよりは納得せざるを得ません。

理解できると自分の意識が足りなかった部分を認識できてそこを集中的に意識することができます。さらにその意識をどこまでやったときに自分の理想に近づけられるかの度合いが理解できればその後の練習の指標にすることができます。

こうやって練習していくことで効率が上がるということにつながります。

パッティングストロークの分析でも自分が思っていたストロークとかなり違っていたという方がかなり多いです。

それを知っていただきその場でどのくらいの意識で改善できるか理解できるのがパッティングストローク分析です。是非自分のストロークを分析してみてください!

ご予約は info@puttinglabo.com もしくは03-5829-9083 までお問い合わせください!
今月はたっぷり自分のパッティングに向き合っていただくために長い時間のコースを猛暑割でお安くさせていただきます。詳しくはこちら…
http://www.actekgolf.com/campaign/index.html

パッティングストローク分析に関する詳しい情報は…
https://www.puttinglabo.com/?product=stroke-analysis
https://www.puttinglabo.com/?page_id=15

  • コメント: 0

関連記事

  1. 初めまして、パッティングラボの遠藤です

    2018.05.22

    初めまして、パッティングラボの遠藤です

    2018年5月22日、新しいサイト「The Putting Laboratory(パッティングラボ)…

    初めまして、パッティングラボの遠藤です
  2. 理想のストロークのイメージが強すぎてもいけない

    2018.12.13

    理想のストロークのイメージが強すぎてもいけない

    ストローク分析を受ける方のほとんどは、自分がどうしたいと思っているかが結構明確です。ですがま…

    理想のストロークのイメージが強すぎてもいけない
  3. パッティングで大事なこと

    2018.09.21

    パッティングで大事なこと

    パッティングだけに限らないのですが、ゴルフで大事だと思っていることがあります。これは持論でも…

    パッティングで大事なこと
  4. 障害物を置いて練習

    2019.01.25

    障害物を置いて練習

    自分がどんな軌道でストロークをしているのか?パッティングストローク分析をするとそれが手に取る…

    障害物を置いて練習
  5. フェースローテーションでパターを選ぶ?

    2018.09.27

    フェースローテーションでパターを選ぶ?

    色々なメーカーでパターの種類を選ぶためにフェースローテーションの度合いや、ストローク軌道で選ぶという…

    フェースローテーションでパターを選ぶ?
  6. 意識しすぎてやりすぎは注意

    2019.02.15

    意識しすぎてやりすぎは注意

    以前も書いたことがあるかもしれませんが、何度も注意したい内容なのでまたと思うかもしれませんが書いて…

    意識しすぎてやりすぎは注意
  7. Anserタイプの重心位置

    2018.10.18

    Anserタイプの重心位置

    Anserタイプのパターの重心位置をご存知でしょうか?私も Anserタイプのパターを使って…

    Anserタイプの重心位置
  8. 期待しすぎないパッティング

    2018.11.20

    期待しすぎないパッティング

    私自身も含めてパッティングの結果を期待し過ぎている方が多いと思います。期待が大きければ大きい…

    期待しすぎないパッティング
  9. ほんの少しのオープン/クローズで

    2018.09.26

    ほんの少しのオープン/クローズで

    パッティングストローク分析をしていてアウトサイドインになっている人は結構いらっしゃいます。それとは逆…

    ほんの少しのオープン/クローズで

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP